人気ブログランキング |


ついに旅立ちました(^^)v


by kimcafe

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

☆☆第1の旅(準備・整理)
バンコク・カオサン
コルカタ
ベナレス
クシナガル
ルンビニ・タンセン
ポカラ
ムクティナート
カトマンズ
デヴガート・ジャナクプル
パトナ
ブッダガヤ・ラージギル
ジャールカンド州
スルタンガンジ・カハルガオン
☆☆第1の旅 その他
☆☆第2の旅(準備・整理)
パタヤ&東海岸
シアヌークビル
トンレサップ湖一周&ラタナキリ
プノンペン
メコンデルタ
ホーチミン
ベトナム中部
ラオス:シーパンドン・パクセ
ラオス:サワナケート・パクサン
タイ・イサーン
☆☆第3の旅(準備・整理)
タイ・中部南部
マレーシア
シンガポール
インドネシア・ジャワ
東ティモール
インドネシア・東ヌサテンガラ
インドネシア・西ヌサテンガラ
☆☆西アフリカの旅 準備と整理
ベナン BENIN
トーゴ TOGO
ガーナ GHANA
コートジボワール Cote d’Ivoi
エチオピア ETHIOPIA

タグ

(89)
(86)
(57)
(42)
(33)
(24)
(8)
(8)
(6)
(5)
(5)
(3)

旅行計画

旅先でkimcafeに会ってみたい方がいたら気軽に声をかけてくださいね(^^ゞ
★メールはこちらへ(@を小文字に直してね)⇒kimcafe@wonder.ocn.ne.jp

1.【無事終了しました(^^)v】第1の旅(2017.8.18-11.15)
【インド・ネパール】
バンコク⇒コルカタ⇒ベナレス⇒クシナガル⇒ルンビニ⇒タンセン⇒ポカラ⇒タトパニ⇒ムクティナート⇒ポカラ⇒カトマンドゥ⇒デヴガート⇒ジャナクプル⇒パトナ⇒ブッダガヤ⇒ラージギル⇒シカージ⇒スルタンガンジ⇒コルカタ⇒カンチャナブリ⇒バンコク

2.【無事終了しました(^^)v】第2の旅(2017.12.2-2018.3.1)
【インドシナ1周小回り】
バンコク⇒パタヤ⇒シアヌークビル⇒シェムリアップ⇒ラタナキリ⇒プノンペン⇒チャウドック⇒カントー⇒サイゴン⇒フエ⇒ホイアン⇒ドンデット⇒サワンナケート⇒ノンカイ⇒ロイエット⇒ムクダハン⇒ウボン⇒バンコク

3.【無事終了しました(^^)v】第3の旅(2018.5-8)
【海洋アジアその①】
南タイ⇒ペナン⇒マラッカ⇒シンガポール⇒バタム島⇒ジャカルタ・ジャワ島⇒バリ島⇒東チモール⇒フローレス島・ランバタ島⇒ロンボク島⇒バリ島

4.【無事終了しました(^^)v】特別版①(2018.9-10)
【西アフリカ&エチオピア】
ベナン⇒トーゴ⇒ガーナ⇒コートジボワール⇒エチオピア

5.【無事終了しました(^^)v】第4の旅(2018.12-2019.2)
【南インド・スリランカ】
ムルガン神の聖地巡り、スリランカ仏跡巡り(記事はkimcafeトラベリング2に移動しました)

------以下の旅はkimcafeトラベリング2です------

6.特別版②(2019.9-11)
【アマゾン河下り】
エクアドル⇒ペルー⇒ボリビア⇒ペルーのあと、ペルーのアマゾン、ユリマグアスからイキトス、ブラジルまでハンモックの船で:暇でしょうね(^^ゞ

7.特別版③(2019.12-20.2)
【バンコクステイ】
あこがれのバンコクアパート暮らしです(^^ゞ
ビザの更新に2回は出国必要です、1回はクアラルンプールのタイプーサムだな

8.第5の旅(時期未定)
【海洋アジア②】
フィリピン⇒東マレーシア⇒ボルネオ島⇒ブルネイ⇒KL⇒スマトラ島

9.第6の旅(時期未定)
【西インド・パキスタン】

10.第7の旅(時期未定)
【インドシナ1周大回り】
香港⇒広西⇒ベトナム⇒雲南⇒ラオス⇒北タイ⇒バンコク

11.特別版④(時期未定)
【エジプト周遊】
エジプト・イスラエル・ヨルダン

12.第8の旅(時期未定)
【東インド・バングラデシュ】
ブータンに安く行ければ行きたい(^^)v

13.特別版④(時期未定)
【マダガスカル周遊】
マダガスカル&ケニア・タンザニアORエチオピア南部:朗報です、エチオピア航空が飛ぶ(^^)v

14.第9の旅(時期未定)
【北インド・中部インド】
ウッタラカンド、ヴィシュノデビなど北部のヒンドゥ聖地、オームカレシュワルなど中部のヒンドゥ聖地巡り

15.第10の旅(時期未定)
【マレー半島・ミャンマー・北タイ】

16.特別版⑥(時期未定)
【陸路で中央アジアまで】
船で上海⇒鉄道でウイグル⇒中央アジア周遊

最新の記事

エチオピア旅行、移動とホテル..
at 2019-08-16 11:02
ゴンダールの見どころはこちら..
at 2019-08-14 20:21
ファジル・ゲビ、ゴンダール城..
at 2019-08-12 16:18
ジョージタウンの華人会館、華人廟
at 2019-08-09 15:38
フローレス島観光 その2 温..
at 2019-08-08 23:38
フローレス島観光 その1 ク..
at 2019-08-07 11:39
驚きました、バンドンのフード..
at 2019-08-05 23:50
マラッカの3つのモスク
at 2019-08-03 00:14
充実のパッタニー華人街、徳教..
at 2019-08-01 00:12
バンドン、ジョグジャカルタ、..
at 2019-07-30 11:55

最新のコメント

ヒョウちゃん 私の部屋..
by kimcafetr at 11:08
今の時期、部屋はちょっぴ..
by ヒョウちゃん at 01:25
とんびさん ブログの予..
by kimcafetr at 23:40
え、え、えっ、、今年年末..
by とんび at 21:05
とんびさん いけね、変..
by kimcafetr at 09:40
予定変更ですね。左側の欄..
by とんび at 00:48
とんびさん まだですよ..
by kimcafe at 17:31
新しいブログを開設し、以..
by とんび at 21:52
yossyさん タンマ..
by kimcafetr2 at 19:15
本院に行かれるなら、可愛..
by yossy at 16:42

最新のトラックバック

マラッカのシーク寺院でラ..
from kimcafeのB級グルメ旅
カピタン・クリン・モスク..
from kimcafeのB級グルメ旅
ERIKOカラオケでパタ..
from kimcafeのB級グルメ旅
スーパーのカツ丼を食べて..
from kimcafeのB級グルメ旅
念願!代田の宮川でうな重
from kimcafeのB級グルメ旅
歌舞伎&回転寿司でJAP..
from kimcafeのB級グルメ旅

検索

以前の記事

2020年 06月
2019年 08月
2019年 07月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
旅行家・冒険家

タグ:予算と持ち物 ( 57 ) タグの人気記事

西アフリカの旅のコースとハイライト

「特別版 西アフリカとエチオピアの旅」と称して、2018年9月14日から約1か月の旅にでかけます
西アフリカは未知の土地なので、おっかなびっくりだったんですが、いろいろ調べていくうちにどこに行きたいのかはっきりとし、また、不安も薄れてきました(^^ゞ

この記事では、西アフリカ4か国でのハイライトをご紹介します

1.旅程
d0360509_15070563.jpg
d0360509_15071064.jpg
まずは、予定コースです
9月14日に成田発のエチオピア航空で立ち、アディスアベバで乗り換えて、ベナンのコトヌー着が15日です
上記地図のコースとはやや異なりますが、コトヌー⇒アボメイ⇒ガンヴィエ⇒コトヌー⇒ウイダーと周り、9月21日陸路でトーゴのロメに入ります
トーゴ内の移動はロメ⇒カラ⇒クタマク⇒カラ⇒ロメ
9月27日、ロメから陸路でガーナのアクラへ
ガーナ内の移動はアクラ⇒クマシ⇒ケープコースト
10月2日、ケープコーストから陸路でコートジボワールのグランバッサムに入り、10月5日にアビジャンからエチオピア航空でアディスアベバに移動します

d0360509_15071469.jpg

2.ハイライト①水上都市ガンヴィエ(Ganvie)
コトヌー近郊の水上都市ガンヴィエがベナン観光のハイライトです(^^ゞ
人口4.5万人というこの大きな水上都市のなりたちはWIKIによれば、「ガンビエは16世紀から17世紀にかけて、トフィヌ人によって建設された。 水上に都市を建設した理由は、当時は奴隷貿易の時代であり、この地方も内陸部にあるダホメ王国のフォン人の戦士によって常に奴隷狩りの危険に脅かされていたため、安全なラグーンの中に移住したため・・・」です
ここには最低1泊して、水上の生活をじっくり覗きたいです(^^ゞ

d0360509_15383743.jpg
3.ハイライト②旧ダオメ王国の首都、アボメイ(Abomey)
奴隷貿易に加担して大きな利益を得ていたというダオメ王国の首都です
アボメイの王宮群がUNESCOの世界遺産に登録されています
ただし、この画像が王宮というのでどんなもんなんでしょうか?(^^ゞ

d0360509_15071755.jpg
4.ハイライト③ブードゥー教の中心地ウイダー(Ouidah)
ブードゥー教の発祥地はベナンのウイダーで、毎年1月にブードゥーフェスティバルが行われるそうです
時期違いなんでどこまで見られるか分かりませんが、少しでもブードゥー教の文化に触れてみたいです(^^ゞ

d0360509_15072195.jpg

5.ハイライト④ロメの呪術マーケット(Fetish Market)
世界最大のブードゥー教の呪術マーケットだそうです
ご覧のように呪術に使う動物の頭(?)等をいろいろ売っています(^^ゞ

d0360509_15072504.jpg

6.ハイライト⑤トーゴ北部クタマクにあるバタマリバ人の住居タキエンタ
これも世界遺産で、UNESCOのサイトによれば、「少数民族のバタマリバ人の暮らす場所でもあり、彼らの泥で造った珍しい塔状の住居は、トーゴの象徴として知られている。・・・建築物の多くは2階建てで、穀物庫を持つ住居は、円筒形の壁の上がほぼ球状になっている。建物は村単位に密集しており、儀式を行う場や泉、岩や成年式を執り行う一帯などが含まれている。」
ロメからバスで7時間のカラという町まで行けば、クマタク地方までタクシーかバイクで行けると思われます
できればこの住居に1泊したいが、状況次第か?(^^ゞ

d0360509_15072866.jpg


7.ハイライト⑥ガーナの食文化体験
ガーナには、キャッサバやプランテンから餅のように臼で搗いて作るフフ(画像)をはじめ、キャッサバとトウモロコシの粉を練って作るバンクー、同じくキャッサバとトウモロコシが原料だが醗酵して匂いが強いケンケなど、練り物系の主食だけで多くの種類があります
どこまで食べられるのか、挑戦ですね(^^ゞ


d0360509_16423155.jpg
8.ハイライト⑦ガーナの棺桶文化
生前の職業などに合わせて棺桶を作るという素晴らしい文化です
前から見てみたかったところです(^^ゞ
ガーナの文化といっても一部の部族のもののようです

d0360509_15073200.jpg
9.ハイライト⑧ケープコースト城(Cape Coast Castle)
ドア・オブ・ノー・リターンをはじめアフリカの奴隷貿易を象徴するような要塞です

d0360509_15073613.jpg
10.ハイライト⑨グランバッサムの休日
コートジボワールのアビジャンに近い海岸リゾートで、高級リゾートホテルに泊まります(^^ゞ
ま、たまにはいいんじゃないの・・・
しかし、2016年にアルカイダ系のテロリストによってここが襲われ観光客16人が殺されたという、おっかないニュースもありました・・・

11.その他
旅程にはありますが、ガーナのクマシはトーゴ北部のクタマクで日数がかかった場合には行かないかもしれません
ここはやはり奴隷貿易にかかわったアンシャンテ王国の首都だったところです

by kimcafetr | 2018-10-20 16:38 | ☆☆西アフリカの旅 準備と整理 | Trackback | Comments(6)

アフリカの旅 エチオピアのハイライト

「特別版 西アフリカとエチオピアの旅」と称した、2018年9月14日から約1か月の旅の後半、エチオピアのハイライトです

1.旅程
d0360509_1937296.jpg
エチオピア国内では11泊します
10月5日、コートジボワールのアビジャンからエチオピア航空でアディスアベバ入りします
10月7日、エチオピア航空国内線でバハルダールに移動します
10月9日、バスでゴンダールに移動します
10月12日、バスでアクスムに移動します
10月15日、エチオピア航空国内線でアディスアベバに移動します
10月16日、深夜にエチオピア航空で出発、17日の夜に成田着です


2.ハイライト【普通の観光地】
d0360509_194421100.jpg
d0360509_1945979.jpg
d0360509_19452011.jpg
バハルダール
青ナイル川の源流であるタナ湖という湖に多くの修道院があるとか・・・
ただし、船を雇って(?)いくのでお金がかかりそう(^^ゞ

d0360509_19521877.jpg
d0360509_19583271.jpg
d0360509_19522857.jpg
ゴンダール
お城や天上に天使の絵がある教会など見どころが多い場所みたいです(^^ゞ

d0360509_2015225.jpg
d0360509_202297.jpg
d0360509_202144.jpg
アクスム
オベリスク、モーゼの十戒を収めたアーク「契約の箱」があるというシオンの聖マリア教会などここも見どころバッチリです

d0360509_2024224.jpg
d0360509_20241310.jpg
d0360509_20242310.jpg
アディスアベバ国立博物館
318万年前の化石人骨ルーシーがある
前回のエチオピア訪問の際は近くまで行ったのに見なかったという・・・(^^ゞ

以上が今回のハイライト観光地です
まだ、勉強不足なのでどこをどのように見たらいいのかわかっていません
日程的には、バハルダール2泊、ゴンダール3泊、アクスム3泊と余裕があるので、観光は1日だけにして、それ以外の街のよさを発見したいなと思っています

3.ハイライト【食べ物・飲み物】
d0360509_203172.jpg
これはバイアイネットです
エチオピアの国民食インジェラに野菜のおかずをのせたものです
この美しいインジェラをもう一度、たっぷり味わいたいです(^^ゞ

d0360509_20333244.jpg
d0360509_20334642.jpg
d0360509_20340100.jpg
うげげ、どうしよう・・・(^_^;)
という感じなのが生肉料理のテレスガです
ブツ切りの肉を自分で切って、香辛料を付けてインジェラと一緒に食べるとか・・・
街角の肉屋で肉を切ってもらって食べるのが一般的みたいなんですが、お腹を壊したり、寄生虫を抱えたりするリスクがあります
元々、生肉は苦手なので、前回の訪問ではチャレンジさえせずに終わりましたが、今回はなんとかしないといかんね(^^ゞ

①高級なレストランで注文し、少しだけ食べて、あとは焼きなおしてもらう
②エチオピア人と一緒に行って、あるいはレストランでテレスガを食べている人を探し、少しだけわけてもらう
・・・ですかね~、最低3口は食べないと帰れません(^^ゞ

d0360509_2042188.jpg


これはクットフォというやはり生肉系挽肉の料理です
これも前回は、根性なく、よく焼きにしちゃいました(^^ゞ
詰めが甘いと泣きをみるよ:クットフォのゲバヤロが食べたくてピアッサを探す
今度は生か、レアで食べないとね
あと、このクットフォに付きものなのがコチョという無醗酵パンのようなものなんですがこれが変わっています
クラゲ族の食べもので、エンセーテ(ニセバナナ)というバナナに似た植物の葉柄基部及び根茎に蓄えられたデンプンから作るんです
これは前回探したんですが食べられずに終わってしまいました

d0360509_20501916.jpg
上の画像はGoogleMapにあったアディスアベバにあるクラゲ族料理の店 Yohannes Kitfoのクットフォなんですが、丸めてあるのがインジェラ、焼いてある四角いのがコチョですね
従ってこの店に行けば食べられることが判明しました(^^)v
キットフォは純生でなくてもレアにしてもらい、コチョと一緒に楽しむ予定です

d0360509_2054414.jpg
d0360509_20545179.jpg
d0360509_2055327.jpg
上から、エンセーテ(ニセバナナ)の木、食用にならない果実、コチョです
エンセーテWIKI

d0360509_20572770.jpg
蜂蜜の酒、タッジです
前回、ラリベラで飲みましたがアルコールの少ないやつだったので、ゴンダールやアクスムで再挑戦します(^^ゞ
ラリベラ名物の蜂蜜酒タッジ(Tej)に挑戦しよう

d0360509_2104823.jpg
d0360509_211023.jpg
一応、地ビールとか呼ばれていますが、似ても似つかないタッラという飲み物
これも再挑戦したい(^^ゞ
エチオピアの地ビールというか泥水?タッラに挑戦してみよう

d0360509_213491.jpg
d0360509_2131741.jpg
エチオピア発祥のコーヒーは伝統的なコーヒーセレモニーで飲むのと、街の喫茶店で飲むマキアートがあります
どちらも旨いんだよね~(^^ゞ

d0360509_2144355.jpg
d0360509_2161535.jpg
そして超絶旨いのがこのチマキというジュースです
アボカド、パパイヤ、マンゴーなどをシェーク状にして、比重の重いものからグラスに入れて段々にしたもの
これを日本で売れば大ヒット間違いないのにな~(^^ゞ
早く飲みたい

4.不安点
d0360509_2192016.jpg
d0360509_2193234.jpg
今回、初めてバハルダール⇒ゴンダール⇒アクスムをバスかバンで移動します
早朝に出発する、外人だとボラれるとか・・・(^_^;)
また、エチオピア人は車に弱く、あちこちでゲーゲーやっているので窓を開けようとすると、開けるな(悪魔が入るから?)と言われて辛かったとかも読んだことあります
それが最大の不安かな・・・(^^ゞ
by kimcafetr | 2018-10-19 21:15 | ☆☆西アフリカの旅 準備と整理 | Trackback | Comments(2)

「特別版 西アフリカとエチオピアの旅」予算と準備

「特別版 西アフリカとエチオピアの旅」と称した、2018年9月14日から約1か月(現地31泊、機内2泊)の旅の予算と準備状況です(^^ゞ

1.予算
d0360509_1153128.jpg
①航空券代
全路線エチオピア航空で飛びます
成田⇒コトヌー(ベナン)、アビジャン(コートジボワール)⇒アディスアベバ(エチオピア)、アディスアベバ⇒成田の国際線全行程はANAのマイレージです
なんとエチオピア航空はスターアライアンスメンバーで成田にも直行便を飛ばしているんですよ
以前、アディスアベバをやはりANAのマイルで往復したんですが、7万マイル+諸経費でした
ところが、それに西アフリカなどをプラスしても同じマイルだったんですね(^^)v
ということで、航空券代は以下の通りです

7万マイル(ANAマイレージ)(^^ゞ
諸経費 33,850円(空港税、サーチャージなど)
国内交通費 2,500円(成田往復)

エチオピア国内線
アディスアベバ⇒バハルダール、アクスム⇒アディスアベバの2路線で14,177円です
エチオピア航空の国内線はけっこう高いんですが、エチオピア航空の国際線で入国すると割引になります
LCCじゃないので荷物の重さを心配しないでいいので楽でございます(^^ゞ

★航空券合計 50,527円
・・・私の計算ではANAの1マイル2.5円に該当しますので、それを入れるとすると225,527円と跳ね上がります(^^ゞ

②VISA代
ベナン:7,620円(60ユーロ)
トーゴ:2,000円(10,000CFA)
ガーナ:9,880円(振込料含む)
コートジボアール:7,467円(58ユーロ)
エチオピア:5,720(US$52)

★VISA代合計 32,687円⇐高っけ~!!(^_^;)

d0360509_1219379.jpg
③滞在費(一般的な旅行費、宿泊、移動、通信費、飲食費、入場料など)

★189,000円
内訳は6,000円/1日×31.5日、東南アジアやインドの倍をみています
目安は宿泊、飲食費、移動・観光・その他で2,000円づつですね
アディスアベバの最終日が深夜発なので31.5日で計算しています

宿泊
全31泊のうち12泊はブッキングドットコムで予約しました
上のプールのある画像は、コートジボワールのグランバッサムで3泊する La Nouvelle Pailloteというリゾートホテルで、ここは別格に高く1泊約7,000円です
よーく考えると普通の海外旅行なら1泊7,000円なんてどうってことない金額ですが、上記の予算では挽回不可能な出費になってしまうので、はみ出す分は特別予算で賄います(^^ゞ
あとの予約済9泊は、合計で16,916円、つまり1泊当り1,880円と予算内で収まっています
あとは予約なしでいきますが、2,000円の予算なら大丈夫でしょう

d0360509_12321264.jpg
飲食
画像のようなローカル食(バンクー、フフ、ワチェなどなど)を食べていれば100円~200円らしいので全く問題ないでしょう
たまに高級レストランで食べたとしても、2,000円/日ならいけると思います

d0360509_12392135.jpg
移動・観光・その他
これで怖いのは遺跡等の入場料やトーゴ北部のクタマクという地域を訪問する時の車チャーター代ですね(^^ゞ

④予備費

★40,000円
いざという時はこの予備費をぎりぎりまで使う覚悟でございます(^^ゞ

【予算総計】
★312,214円
東南アジア、インド方面なら3か月の費用に近いですが、仕方ないですね

2.準備
d0360509_12453557.jpg
d0360509_12454530.jpg
①危険情報
外務省の海外安全情報はチェックしておきましょうね
6か月くらい前とほぼ変わっていないようです
西アフリカ4か国ではコートジボワールの西部国境付近を除いてレベル1「十分注意してください」です(バンコク、カンボジア・ラオス・インドネシアのほぼ全域がレベル1です)

エチオピアもレベル1が多いですが、バス移動予定のバハルダール、ゴンダール辺りがレベル2「不要不急の渡航は止めてください」となっているのが気になりますね(^_^;)

d0360509_12521920.jpg
②感染情報
外務省の海外安全情報を見ると訪問する5か国には、「現在,感染症危険情報は出ておりません。」となっています
西アフリカ各国はVISAを取る時に黄熱病の予防接種が義務付けられています

しかし、一般的な危険としてマラリアがありますね
予防薬もありますが高価で副作用もあるあるようなので、蚊に刺されない対策でいきましょう(^^ゞ
上の画像の右が、ULTRATHONという虫よけ薬、DAATという成分が34.34%含まれているという強力なやつです
左はベープのスプレーで使いやすいんですが、DAATの含有量は10%とやや不安です
両方もってけ~!(^^)v
あと、蚊のいなくなるスプレー200日分も持っていきます

d0360509_1259288.jpg
この図は髄膜炎ベルトといって髄膜炎Meningiteの流行地域だそうです
死亡率10%弱とけっこう怖い病気です
これの予防接種もあるんですが、日本だと4万円、バンコクの赤十字病院でもけっこう高いんでうちませんでした(^^ゞ
コートジボワール入国の際に髄膜炎の予防注射をしていないと国境で打たれるとか、でも500円なんでお得ですね⇒2週間西アフリカ旅行*コートジボワール

あと、恐怖なのが外に洗濯物を干しておくとそこにハエが卵を産み、孵ったウジが皮膚に入って起こるというハエウジ症!!(^_^;)
対策は外に洗濯物を干さないとのこと、洗濯ロープを持って行って室内干しに徹します

d0360509_13171131.jpg
お金
以前、エチオピアに行ったときATMが故障してたり、VISAカードが拒否られたりしてお金が引き出せなかった苦い経験があるので、カードは5枚(JCB Cirrus付き、VISA2枚、Master、新生銀行CashカードPLUS付き)持っていきます(^^ゞ
それでも心配なので、US$も現金で$400ほど持っていきます
ちなみに新生のキャッシュカードは12月で海外引出を止めるそうです

よっしゃ、これで行けるぞ!(^o^)丿
by kimcafetr | 2018-10-18 13:33 | ☆☆西アフリカの旅 準備と整理 | Trackback | Comments(4)

特別版①西アフリカ・エチオピアの旅 予算状況その1

早くも1カ国目のベナンが終了して、予算チェックの時間がやってまいりました
思えば、非常に濃くて楽しい6泊でしたね~(^^ゞ
今回の旅の予算はすべて1日6,000円(宿泊・食費・移動・観光など全て、ただし航空券・VISA代などは別予算)となっております
ベナンはトーゴ、コートジボアールと共通のセーファーフラン(CFと略す)を使っています
レートは100CF=20円、1日6,000円=3万CFでいきましょう(^o^)丿

d0360509_0115971.jpg
9月15日
成田からアジスアベバ乗継でベナンのコトヌーに到着し、ラ・ゲストハウス・エトワールに2泊しました
画像は街中で出会った看板、これを撮るのに200CF=40円払いました、だれか意味を教えて(^^ゞ

朝食 機内
昼食 機内
タクシー 2,000CF 空港からゲストハウスまで
水とヨーグルトドリンク 1,000CF ←高いな(^_^;)
ゲストハウス 8,500CF
バイクタクシー 200CF SIMを買いに通信会社まで
写真撮り代 200CF←上の画像
バイクタクシー 200CF レストランまで
夕食 8,700CF ⇒ベナンの第1食はシェ・ママン・ベニンでアチェケやらカタツムリやら
オレンジ2個 100CF

合計 23,900CF

d0360509_0125140.jpg
9月16日
コトヌー滞在、午前、たけしの日本語学校訪問、午後、ダントッパの呪物マーケット見学
画像は、ヤムイモの餅:アグゥを搗いているところ

朝食 150CF パット:メースの練り物ほか
バイタク 300CF たけしの日本語学校
日本語ガイド 7,500CF
昼食 日本語学校にIさんにおごってもらちゃいました、ありがとうございますm(__)m
バイタク 250CF ダントッパ市場まで
写真代 700CF 呪物市場で写真撮り代
人形 1,000CF 呪物市場で
バイタク 300CF 帰り
夕食 200CF 赤飯アタスィ⇒街角でベナン式赤飯アタスィの夕食
ドリンク 300CF
ゲストハウス 8,500CF

合計 19,400CF

d0360509_0132321.jpg
9月17日
シェアタクシーでアボメイに移動し、シェ・モニークに1泊しました
画像は、アボメイで撮った国王の紋章(12人の王様がそれぞれ違うデザインを持つ)

バイタク 400CF 通信会社往復
SIMのチャージ 2,500CF
朝食 100CF ココ(ブイー)⇒シェアタクシー満席待ちにブイーで朝食を決めてみた
シェアタクシー 3,000CF アボメイの手前まで
バイタク 600CF ホテルまで
ゲストハウス 8,000CF
昼食 50CF 揚げドーナツみたいの
バイタク 200CF 王宮まで
王宮入場料 2,500CF
バイタク 500CF 呪物市場まで、300の約束だったが市場のおばさんに200取られた(^_^;)
ドリンク 300CF
写真代 500CF 呪物市場で
パンツ 700CF 洗濯する時間がないので(^^ゞ
バイタク 200CF 帰り
写真代 町で写真撮ってたら金よこせと・・・(^^ゞ
夕食 1,350CF ⇒アボメイのChez DelphanoでGariの夕食

d0360509_0135951.jpg
9月18日
シェアタクシーでアボメイ・カラビに移動、ホテルのボートで水上都市ガンヴィエのホテルジャーマンに行き1泊しました
画像は、お菓子を買ったおばさんのボート

バイタク 500CF シェアタク乗り場まで
朝食 なし シェアタクがすぐに見つかったので
シェアタク 3,500CF ←なんで行きより高いの? 距離も短いのに(^_^;)
菓子 100CF 車の中で購入
昼食 200CF ⇒アボメイ・カラビの市場でウォーを食べてみた
ドリンク 300CF カフェで
パイナップルと菓子 250CF 船で
夕食 ホテルで
ホテル・ジャーマン合計 45,350 送迎・船で観光2回・夕食・朝食・ドリンクを含む

合計 50,200CF

d0360509_0143246.jpg
9月19日
コトヌーにシェアタクシーで移動、ラ・ゲストハウスの別のゲストハウスに1泊しました
画像は、ガンヴィエの朝の市場

食品 500CF 水上マーケットで
朝食 ホテルで、水上マーケットで買ってきたものと共に
チップ 2,000CF ホテルのスタッフに
シェアタク 500CF コトヌーまで
ゲストハウス 10,000CF
昼食 1,000CF 黒いウォーと山羊肉のシチュー←高いと思ったが適正価格だった(^^ゞ
フルーツパーラー 3,000CF ←映えのために張り込んだ(^^ゞ
パパイヤ 200CF
ドリンク 400CF
ビスケット 150CF

合計 17,750CF

d0360509_015113.jpg
9月20日
ウィダーにシェアタクで移動し、ル・ジャルダン・セクレットに1泊しました
画像はウィダーの町で見たギフトショップ(?)の看板です

バイタク 200CF
バイタク 400CF シェアタク乗り場まで
朝食 200CF
シェアタク 1,500CF ウィダーまで
バイタク 400CF ゲストハウスまで
聖なる森 3,000CF
博物館 1,000CF
蛇寺 3,000CF
昼食 400CF ⇒ウィダーの蛇寺前でアチェケとシトロンジュス
ジュース 200CF
ドリンク 100CF
バイタク 700CF 帰らずの門からゲストハウスまで
夕食 500CF バゲットサンドとフルーツ2種
ゲストハウス 14,500CF ビールと水含む
・・・・・以後21日分・・・・・
シェアタク 2,000CF 国境まで
朝食 550CF 車内で購入
使途不明 2,700CF ←ボーっとしてること多かったので(^^ゞ

合計 31,850CF

--------------------------

ベナン6日間合計

予算180,000CF=36,000円
実績163,800CF=32,760円
差引+16,200CF=+3,240円

やりましたプラスです(^^)v

入場料とか水上都市とか観光らしいことやるとやっぱお金掛かりますね
食費はローカルフードなら超安でいけるぞ!(^^ゞ
by kimcafetr | 2018-10-12 03:20 | ベナン BENIN | Trackback | Comments(3)

特別版①西アフリカ・エチオピアの旅 予算状況その2 トーゴ

2カ国目のトーゴです
今回の旅の予算はすべて1日6,000円(宿泊・食費・移動・観光など全て、ただし航空券・VISA代などは別予算)となっております
トーゴも西アフリカ共通のセーファーフラン(CFと略す)を使っています
レートは100CF=20円、予算1日6,000円=3万CFです
d0360509_0294651.jpg
9月21日
ベナンのウィダーからシェアタクシーを乗り継いでトーゴのロメに到着し、ホテル・ガリオンに3泊しました
画像はグランマルシェにあるカテドラルです

VISA代 10,000フラン 別予算、トーゴは国境でビザが簡単に取れ、しかも安いです(^^)v
シェアタクシー 2,500フラン 本来は2,000だがホテルまで送ったのでプラス500
ゲストハウス 8,000フラン
昼食 ご飯+パスタ 300フラン 水1袋込み⇒Le Galion の近くでパスタ&ライスのランチ
バイタク 300フラン 通信会社TOGOセルまで
SIMカードと1GBチャージ 5,500フラン
ドリンク 400フラン
ドリンク 200フラン
夕食とビール 2,300フラン

合計 19,550 VISA代除く

d0360509_0382534.jpg
9月22日
ロメ滞在、ブードゥー教の呪物マーケットを訪問しました
画像は呪物マーケットの猿ほか

朝食 400フラン⇒海岸通でビーフシチューの朝食+カフェオレ
カフェオレ 200フラン
バイタク 700フラン 呪物マーケットまで
呪物マーケット入場料 5,000フラン
ファンタ 300フラン
バイタク 800フラン バス会社まで
バスチケットと保険料 6,100フラン
バイタク 700フラン 戻り
昼食 400フラン アカザ
ファンタ 225フラン
水 300フラン
ゲストハウス 8000フラン
夕食 4,500フラン ガリオンのレストランで
ドリンク 200フラン

合計 27,825フラン

d0360509_0475714.jpg
7月23日
ロメ滞在、国立博物館訪問
画像はホテル近くの壁画というか落書き(^^ゞ

朝食 300フラン サンドイッチ
カフェオレ 200フラン
おみやげ 1,150フラン 教会でキリスト教グッズ
メロン 200フラン
バイタク 300フラン 博物館まで
博物館入場料 1,500フラン
昼食 500フラン ⇒グランマルシェでパット&モツ&ネバネバ
ジュース 100フラン
ゲストハウス 8,000フラン
葉っぱのご飯 50フラン
カンパ他 325フラン
夕食 2,000フラン 海の家で
ビール 500フラン
踊り投げ銭 200フラン
ジュース 200フラン

合計 15,525フラン

d0360509_0554428.jpg
9月24日
北部の町カラに移動し、HOTEL LA DOUCEURに2泊しました
画像はバスの休憩で串焼きを売る人

バイタク 800フラン バス会社まで
朝食 300フラン スポンジみたいな菓子
ドリンク 250フラン
昼食 串焼き 200フラン
木の実 100フラン
ホテル 10,000フラン
ドブロク 100フラン
カッファ 50フラン 白いプリン状の食べ物
ニンジン 200フラン
ドーナツなど 200フラン
夕食 チキン 2,500フラン ⇒トーゴ北部のカラの町でローカルな持ち帰り夕食
レモン 300フラン
ドリンクと水 550フラン
バス代 6,000フラン 帰り予約

合計 21,550フラン

d0360509_123033.jpg
9月25日
カラから車でクタマクなどを見学しました
画像は土器を作るおばさま

ホテル 10,000フラン
朝食 50フラン ブイーというお粥に見えるが違うもの(^^ゞ
土器作り見学 2,000フラン
家見学料 2,000フラン ←1,000フランでよかったが札がなかった(^^ゞ
昼食 600フラン アクメ
クタマク入場料 1,500フラン
バオバブハウス見学 3,000フラン
ドリンク 2,550フラン 4人分
王様撮影料 1,000フラン
おみやげ 1,000フラン
チーズ 700フラン
車+ガイド代 50,500フラン この旅というか、第1回の旅から最高額の出費ではないか!?(^^ゞ
夕食 3,000フラン カラのレストランで⇒
ドリンク 400フラン

合計 78,400フラン ←当然これも最高額!(^^ゞ

d0360509_115199.jpg
9月26日
ロメに移動、ホテル・ガリオンに1泊しました
画像は帰りのバスでアイスの売り子

尖がり菓子 200フラン
朝食 ブイー 100フラン
昼食 50フラン
アイスキャンデー 100フラン
串焼き 100フラン
バイタク 1,000フラン ホテルまで
ホテル代 9,000フラン
夕食 4,000フラン ⇒トーゴ最後の夜は新中国城で焼きそば
ドリンク 350フラン
ーーーー以下翌日分ーーーー
パンとカフェオレ 400フラン
不足 200フラン

合計 15,500フラン

--------------------------

トーゴ6日間合計

予算180,000CF=36,000円
実績178,250CF=35,650円
差引+16,200CF=+350円

カラでの車チャーター・ガイド料が大きかったですが、他は予算化からずぎりぎりプラスでした(^^ゞ
by kimcafetr | 2018-10-06 01:28 | トーゴ TOGO | Trackback | Comments(0)

特別版①西アフリカ・エチオピアの旅 予算状況その3 ガーナ

西アフリカ3国目のガーナです
ここだけ元英領で英語圏、通貨もセイファーフランでなくセディです
予算は6,000円/日、240セディ/日、1セディ=25円で計算します

d0360509_1702155.jpg
9月27日
トーゴのロメから乗り合いバンでガーナの首都アクラに移動し、YASホテルに2泊しました
画像はアクラの市場近くの繁華街

バン 28セディ
昼食 3セディ 豆ランチ⇒アクラの街を散歩して豆シチューのランチも食べてみた
ホテル 70セディ
MTN SIMカード 5セディ
ドリンク 2.5セディ
コンセント 10セディ
ヴォーダフォンSIM 5セディ MTNが開通しないので
ヴォーダフォンチャージ 12セディ
夕食 6セディ
ドリンク 2.5セディ

合計 146セディ

d0360509_1721758.jpg
9月28日
アクラ滞在、棺桶工房見学
画像はジェームズフォートの近くのライオン像と少年

朝食 5セディ
コーヒー 2.5セディ
パイン 1セディ
乗り合いバン 2.4セディ
棺桶工房見学謝礼 10セディ
棺桶工房その2 10セディ
乗り合いバン 4.5セディ 間違えて2回乗ったので(^^ゞ
水 0.2セディ
ゲーム 0.5セディ せがまれて(^^ゞ
昼食 4セディ ガリ ⇒MAA OYOOのガリとオクラスープ
ホテル 70セディ
ブラジルハウス見学 10セディ
夕食 4セディ
ビールと水 5セディ

合計 130.1セディ

d0360509_1731533.jpg
9月29日
ケープコーストに乗り合いバンで移動し、バオバブハウスに3泊しました
画像は妙に近代的だが店が入っていないケープコーストの市場

朝食 5セディ コンコンテ
ジュース 2セディ
チップ 2セディ
タクシー 15セディ バン乗り場まで
乗り合いバン 24セディ
チョコレート 2セディ
ゲストハウス 65セディ
昼食 3セディ ケンケ⇒ケープコーストの漁師町通りで初めてのケンケ
水 0.2セディ
食べる石 アイロ 6セディ
ドリンク 2セディ
アイス 2.5セディ
ビール 5セディ
夕食 ソーセージと肉 4セディ
揚げバナナ 1セディ
ドリンク 1.5セディ
パン 1セディ

合計 141.2セディ

d0360509_1765259.jpg
9月30日
ケープコースト滞在、ケープコースト城訪問
画像はケープコースト城横の漁船

ゲストハウス2日分 130セディ
チャージMTN 10セディ なぜかヴォーダフォンがつながらないので
朝食 1セディ ポリッジ
昼食 5セディ フフと魚スープ
ケープコースト城 40セディ
ジェームス砦 5セディ
紫のドリンク 0.5セディ
ジュース他 2.5セディ
夕食 白ケンケ 1セディ⇒白ケンケほかを部屋食してみた
フライドヤム+チキン 7セディ
ジュース水 3セディ
パイナップル 2セディ
ケーキ 1セディ
アロハ 30セディ
ビール 7セディ

合計 245セディ

d0360509_1773691.jpg
9月31日
ケープコースト滞在、エルミナ訪問
画像はエルミナ城の懲罰房

朝食 3セディ⇒朝は定番のガーナ赤飯ワチェでいってみた
シェアタクシー 3.5セディ エルミナまで
エルミナ城 40セディ
水 2セディ
トマト 2セディ
トイレ 0.2セディ
シェアタクシー 3.5セディ 帰り
昼食 惣菜パン2個 2セディ
フルーツ盛り合わせ 5セディ
夕食 大雨のため残り物で
---翌日分---
タクシー 10セディ バン乗り場まで
乗り合いバン 12セディ タコラディまで
トイレ 1セディ
案内&荷物運び 1.8セディ
水 0.2セディ
ドーナツ 1セディ

合計 98.2セディ

-------------------

予算合計 1,200セディ=30,000円(5日分)
実績合計 759.5セディ=18,988円
差引 プラス440.5セディ=11,012円

なんと大幅なプラスになりました
ケープコースト城などの観光地もあまり高くなかったのと食費が全部ローカル食だったためでしょうね(^^ゞ
これで次のコートジボワールの高級リゾートの費用がでそう
by kimcafetr | 2018-10-01 21:08 | ガーナ GHANA | Trackback | Comments(6)

特別版①西アフリカ・エチオピアの旅 予算状況その4 コートジボワール

西アフリカ4カ国目です
予算は1日6,000円=30,000セーファーフラン(CFと略す)、100CF=20円の計算です
グランバッサムのホテルが1泊35,000CFと最初から予算オーバーしちゃってますが・・(^^ゞ

d0360509_6104561.jpg
10月2日
ケープコーストからコートジボワールのグランバッサムに移動し、ホテル・ヌーブル・パイロートに3泊しました
画像は焼き魚

昼食 抜き
ウォロウォロ(乗り合いバン) 12,000CF ←ガーナのタコラディから乗ったバン、乗り合いかと思ったらチャーターになってしまった
チップ 100CF 案内のお兄さんに
シェアタクシー 500CF ホテルまで
ドリンク 600CF ←超ボリ屋台
パン 200CF
夕食 サバ風魚 400CF ⇒グランバッサムのリゾートホテルでアチェケほかの豪華な夕食
野菜 100CF
デゲ 100CF
アチェケ 100CF
串焼き2本 200CF
オレンジ 50CF
ドリンク他 250CF
ホテル 35,000CF ←くぅ!効くね~(>_<)

合計 49,600CF

d0360509_6114397.jpg
10月3日
グランバッサム滞在
画像はホテルの近くで会った髪飾りがステキな女の子

朝食 込み ホテルで
昼食 サンドイッチ 400CF
みかん 100CF
ファンタ 600CF
夕食 3,000CF レストランで
ドリンク 200CF
ホテル 35,000CF

合計 39,300CF

d0360509_6122637.jpg
10月4日
グランバッサム滞在、トラッシュビルとプラトーを散歩
画像はココアの実

朝食 込み ホテルで
シェアタクシー 200CF ウォロウォロ乗り場まで
ウォロウォロ 500CF トラッシュビルまで
プラカリとリー 200CF
昼食 フトゥバナン+魚スープ 500CF ⇒トレッシュビルとプラトーを散歩して、ランチはフトゥバナンとプラカリ
カフェ 500CF
フェリー 150CF
コーヒードリンク 250CF
フェリー 150CF
焼タロ・焼ヤム・焼バナン 500CF
水 50CF
ウォリウォロ 500CF 帰り
コーラ他 650CF
パイン 200CF
シェアタクシー 200CF
ホテル 35,000CF
-----翌日分-----
タクシー 10,000CF ホテルで頼んだが高い
チップ 2,000CF

合計 51,450CF

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

予算合計 90,000CF=18,000円
実績合計 140,350CF=28,070円
差し引き 50,350CF=10,070円のオーバーとなりました

ホテル分を考えればいいところではないでしょうか
しかし、ホテルのプールが工事中で使えなかったのが痛かった(^_^;)
せっかく持ってきた水着の使い道がない・・・トホホ(>_<)
by kimcafetr | 2018-09-27 12:14 | コートジボワール Cote d’Ivoi | Trackback | Comments(0)

アジスアベバのLRTでスマホをすられた~!・・・顛末記

2018年10月15日
d0360509_14501422.jpg
d0360509_14502459.jpg
明日の夜には日本行の飛行機に乗るという日のことでございます
午前中にアクスムから飛行機でアジスアベバのゲストハウスに戻り、昼食を食べてちょっくら出かけようかという感じです
泊まっていたゲルジというところからミニバスに乗って、LRTのMegenagna駅までやってきました
LRTは前回のエチオピア訪問の時には工事中だったんですが、開通して便利になったようです(^^ゞ
*中国が建設しました

d0360509_14553890.jpg
d0360509_14554934.jpg
行き先は以前泊ったピアッサという旧繁華街です
LRTだとStadium駅でブルーラインに乗り換えてMenelik Ⅱ Square駅で降りればすぐですね
キップは2枚ですが、料金は合わせて6ブル=25円と激安です(^^ゞ

d0360509_1512433.jpg
画像はイメージですが、このLRTがけっこう混むんです
ま、ミニバスも混みますからアジスアベバの交通機関は混むのがデフォルトみたいなところがあるんでしょう

さて、3時頃でしょうか、スタジアム駅のホームでいったん降りて、メネリク2世広場行を待ちます
StadiumとSt.Lideta駅の間はグリーンとブルーの2線が同じ線路を走るんです
やって来た電車は激混み!ホームに乗る人もいっぱい!!
これは混みます、ヤヴァイです(^_^;)
ガーッと押されて身動きもできない状態で電車に乗りました
日本の通勤電車も顔負けの混雑です
しかも、「ドア付近のお客様は、いったんにホームに降りて降りるお客様をお通しください」とか「降りるお客様が済んでからご乗車ください」なんてマナーはまだこれからですからね
押し合い圧し合い大変なんでございます

d0360509_159470.jpg
次の次の駅でしょうか、乗客がだいぶ降りて一息つける状態になったところで、ふとポケットのスマホを探ると・・・
あれ!?ない、スマホがないです(^_^;)
あせって探します
いつも右のポケットにカメラ、左のポケットにスマホ、後ろの右に財布(チェーン付き)が定位置なんですが、もしやと思ってカバンの中なども探しましたが・・・あるはずもなく・・・
や・ら・れ・た・~・(>_<)
PUNCHちゃんの画像を壁紙にして心から大事にしているXPERIA、名付けてPUNCH2号がなくなった
すられた~!えーん(:_;)

しばらく呆然と電車に乗っておりました
ま、考えてみれば旅の最後に盗られたのはせめてもの幸い・・・最初でなくて助かった、私はラッキー(^^)v
などと思えるはずもなく・・・(:_;)
なにせ前回の旅でPUNCH号のバッテリーが膨らんできて買い換えたばっかりなんですよ、経済的な打撃もいたいんです

しかし、待てよ!
保険があるじゃないか、この日のために旅行保険付きのクレジットカードを3つも持っているのを思い出しました
2つは自動付帯(ジャックスの横浜インビテーションカードとEPOSカード)、ひとつは利用付帯(楽天カード)で成田までのバスで利用済でございます
そうか!旅行保険の携行品補償が受けられればほとんど被害なしでいけるでしょう

d0360509_15232765.jpg
そこで終点のメネリク2世広場で降りるとすぐに駅前の交番みたいなところにいきました
「LRTの中でスマホをすられたんだけど」
「そりゃでてこないよ、あきらめな」
英語はほとんど通じてないんですが、そんな会話です
「そうじゃなくて保険会社に証明書を書いて欲しい」

d0360509_15262370.jpg
とりあえず近くの警察署に連れて行ってくれることになりました
*画像は警官二人と他のもめ事をかかえた若者と一緒に警察署に歩いていくところ、エチオピアの警察では男女のペアの警官が多いですが、不倫問題とか起こらないのかな?(^^ゞ
やれやれです
ところが警察署でもほとんど英語が通じず・・・(^_^;)
「どこで盗られた?」
「スタジアム駅だと思うけど・・・」
「じゃ、スタジアム駅の警察に行け、ここではできないよ」
仕方ありません、また駅に戻りスタジアム駅に行ってみることにしました

メネリク2世駅で電車を待っているんですが、30分以上待っているのに来ません
なにか事故でもあったのでしょうか?
ここではホームの手前で2列に並んで待つのがルールのようなんですが、その列がはるか後ろまでつながってしまっています
*このルールは浸透しているようでたまにズルして先に行こうとする人間は文句を言われて戻されていました
前に並んでいた若者にスタジアム駅まで行くというと、「あそこは混むから気を付けろ、降りる時にメガネをひったくられないようにね」と注意されました
そうかスリも多いんですね・・・最初に言ってよ~(>_<)

スタジアム駅では駅にいた警官に駅前の交番に連れていってもらったんですが、閉まっていました
もうすっかり暗くなりました
今日は諦めて明日また頑張りましょう
飛行機は明日の23時発ですのでまだ時間は十分あります

2018年10月16日
d0360509_15374756.jpg
この黄色いコンテナがスタジアム駅前の交番です
すられた件と証明書を書いて欲しい件を話すと、近くのスタジアム警察署に行けとのこと・・・
これで警察は4か所目ですが、ま、いいか、頑張りましょう(^^ゞ

d0360509_15401225.jpg
この奥が警察署です
LAGHAR AREA COMMUNITY POLICING STATIONという名前なんですね
周りに大きなビルがあるのにここだけはボロい平屋の建物です
昨日の警察といい、交番といい、エチオピアの警察はみんなボロですね
清貧というか予算がないなかで頑張っている感じで好感が持てます

ここでも同じ話をすると、まあ待てと事務所でしばらく放置されました
しかし、オフィサーが「もう少し待ってね」などと声をかけてくれるので、安心感あります(^^ゞ
しばらくして、「警官と一緒に現場をチェックしに行ってくれ」というんです
よしよし!証明書も近い感じです(^^)v

d0360509_15454314.jpg
盗られたスタジアム駅です
この上がホームなんですが、なぜか上には上がらず戻って終了のようです
次にオフィサーが言うのは、「調書を作るのに必要なのでアムハラ語と英語の通訳を連れて来てくれ」というんです・・・!?
英語で証明書を書くのが大変なので代書屋が必要ということでしょうか?
「全部英語でなくていいから、重要なところだけ英語で書いてくれないか?」と言ってみましたが、どうしても通訳がいるとのこと・・・(^_^;)
「どこに通訳がいるのか?」
「大使館に連絡したらどうだ」
スマホをなくした状態でそんなことできるでしょうか? それに大使館にスマホをなくしたって連絡しても警察に行けと言われて相手にしてくれないんじゃないの?
しかし、話が進まないので仕方なく通訳を探しにでました・・・とほほです
道々、コピー屋が目に付いたので、事情を話して通訳を探していると言うと、「スタジアム(ホントの競技場)の周りを探してみろとのこと
どうやらスタジアムの周りに代書屋街かなんかあるみたいなんです
ところがスタジアムの周りにはレストランはあれど、それらしい店は見つからず・・・
そこで、初老でスーツを着て書類を持って歩いている、これはビジネスマンで間違いないという人に声をかけ、通訳を探している旨を説明しました
「スタジアムよりこっちの方がみつかるんじゃないか?」というところに着いていきます
「まあ、コーヒーでも飲もうよ」とおごってくれました
「なんで日本は発展したのか?何が重要なのか?」なんて話題を振ってきます
*この方は弁護士でした

d0360509_160137.jpg
ちょうどDLしてきた「NHKスペシャル明治」なんていうのをPCで見たばかりだったので、「それは国民全体への教育ですね」なんて答えちゃいました(^^ゞ
コーヒーを飲んでいるうちになぜか現れた若いガイドの男性、トーマスが通訳してくれることになりました
*彼は日本人の彼女がいたと言ってました
うーん、世の中なんとかなるもんですね(^^ゞ

警察署に戻って、通訳を連れてきたと話すと、係りの警官と一緒に調書を作れとのこと・・・
なるほど、係りの警官は英語が旨くないので通訳が必要だったみたいですね
どこでどのように盗られた、値段はいくらなどを話して調書ができました
やれやれ、それをもらえば終わりと思ったんですが、「まだ、オーソライズされていないので渡せない」というんです
「証明書が必要なんでコピーをもらえないか」と言ってみたがダメです(^_^;)
仕方ないので完成したら通訳をしてくれたトーマスを通じてEメールで送ってもらうことにして署を出ました
トーマスに通訳の謝礼として100ブル=420円渡すと、「警官とランチして早く処理してもらうように頼むから」ということで、もう100ブル・・・ま、仕方ないでしょう(^^ゞ

どうしても欲しかった証明書は手に入りませんでしたが、やるだけのことはやったので満足感があります
あとは運を天にまかせましょう(^o^)丿

d0360509_1617593.jpg
d0360509_16191189.jpg
日本に帰り、とりあえず保険会社に連絡してみると、保険申請の必要書類は「申請書とできれば警察の証明書、なくしたものの領収書、パスポートのコピー(顔写真のページと出国印)」だそうです
「証明書がもらえていないんだけど・・」というと、「その理由を申請書に詳しく書いてください」とのことでした
案外簡単ですね、これならアジスアベバの警察の証明書がなくてもいけるじゃん(^^ゞ
送られて来た申請書に記入し、領収書はクレジットカード請求書のコピーを添えて返送しました
投かんした後で、パスポートのコピーを忘れたなと思い出したんですが、ま、いいか・・・

2-3日して電話があり、「領収書のない関税(スマホは個人輸入のため)分は補償できないがいいか?」という問い合わせです
ということは他はOKなんですかね、嬉しいです(^^)v

2018年10月30日
d0360509_1626488.jpg
d0360509_16265867.jpg
そして、30日のこと通帳をチェックすると、嬉しや!保険金が振り込まれていました(^^)v
実は盗られたスマホとSDカードはそっくり同じものを買い直していたんですが、買った時より値段が安くなっていたので、新たな出費は45,775円+関税1,900円、補償が45,800円(自己負担3,000円、関税分保証なし)で実質の損害は2,000円弱で済んだんです
バンザーイ!(^^)v

ご心配いただいたみなさんありがとうございました
協力してくれた方、警察や保険会社の方もありがとうございましたm(__)m

あと、スマホの写真画像ですが毎日PCにバックアップしているので実質被害なし
スマホ内のメモが消えたのはやや痛いかな
悪用される心配もありますので、GoogleとFacebookのパスワードはすぐに変更し、Googleから遠隔でスマホの初期化というのも行っています

しかし、今回は本当に旅の最後の事故で助かりました
今はスマホ内の情報が頼りですからね、防犯というか遺失対策はもっと強化しないとですね~
by kimcafetr | 2018-09-16 16:40 | エチオピア ETHIOPIA | Trackback | Comments(5)

特別版①西アフリカ・エチオピアの旅 予算状況その5 エチオピアと総決算

西アフリカ5カ国目のエチオピアと旅予算の総決算です
予算は1日6,000円=1,430ブル、1ブル=4.2円の計算です

d0360509_16364451.jpg
2018年10月5日
エチオピア航空でコートジボワールのアビジャンからアジスアベバに移動し、アティナ・ゲストハウスに2泊しました
画像は到着日に食べた、雑巾ことインジェラです(^^ゞ

タクシー 200ブル 空港からゲストハウスまで、超高いが仕方ない(^_^;)
ゲストハウス 880ブル 2日分
夕食 110ブル ティブスとビール⇒アジスアベバ到着、近くのレストランでティブスが旨い

合計 1190ブル

d0360509_16404960.jpg
10月6日
アジスアベバ滞在
画像はハベシャビールのロゴ付きトラック(habesha)

SIMカード 30ブル
SIMカードカット代 50ブル
朝食 コーヒーとボンボリーノ(ドーナツ) 25ブル
缶ドリンク 30ブル
LRT 2ブル
昼食 286ブル クットフォー⇒クットフォの名店 Yohannes Kitfoで憧れの生肉クットフォとコチョを堪能す
LRT 2ブル
喜捨 2ブル
トゥクトゥク 10ブル
夕食 120ブル フィッシュ・グラッシュ他

合計 562ブル

d0360509_16513549.jpg
10月7日
エチオピア航空でバハルダールに移動し、Menen Hotelに2泊しました
画像はトウモロコシ売りのおばさんと一緒にいた子

朝食 40ブル コーヒーとフル⇒小町娘のブンナベットでフルの朝食
タクシー 150ブル 空港まで
タクシー 200ブル バハルダール空港からホテルまで、高いが他に手段なし(^_^;)
ホテル代 250ブル
チップ 10ブル ⇐ホテルの前にタクシーが停まり、男がカバンを運んで中に入ったのでホテルのボーイだと思ったら、ただのチップ稼ぎだった(^_^;)
水・ドリンク他 40ブル
エチオピアテレコムチャージ 150ブル
昼食 チマキ 34ブル
夕食 揚げ魚 40ブル
焼きトウモロコシ 5ブル
コーヒー・ケーキ 30ブル

合計 875ブル

d0360509_165922100.jpg
10月8日
バハルダール滞在、タナ湖観光
画像はエチオピアぽい衣装をまとったインド製トゥクトゥク

朝食 28ブル コーヒー・ボンボリーノ・水
観光船 350ブル
ホテル 250ブル
修道院入場料 400ブル 3か所分
天使の絵 100ブル 2枚山羊皮製
ファンタ 20ブル
柑橘類 5ブル
昼食 72ブル ミンチャット⇒バハルダールでミンチャッタベシ
バナナ 20ブル⇐信じられない高さ!
夕食 23ブル アボカドジュース

合計 1,268ブル

d0360509_174715.jpg
10月9日
バスでゴンダールに移動し、Michael Hotelに3泊しました
画像はゴンダールの中心街ピアッサにあるエチオピアホテル

バス代 80ブル
朝食 なし
菓子 15ブル
喜捨 1ブル
昼食 38ブル シロワットとコーヒー
ホテル 250ブル
ドリンク 18ブル
夕食 55ブル アリチャ⇒ゴンダールの夕食はアリチャ、そしてタッジ
タッジ(蜂蜜酒) 20ブル

合計 495ブル

d0360509_1791416.jpg
10月10日
ゴンダール滞在、Fasil Ghebbi(ゴンダール城)など観光
画像はゴンダールで見た脱力系ライオン

朝食 6ブル サモサとティー
教会で喜捨 10ブル
ゴンダール城入場料 200ブル
コーヒー 5ブル
Debre Birhan Selassie教会入場料 100ブル
オレンジ 20ブル ⇐タッケー!!
昼食 30ブル バイアイネット⇒今日はフェスティングデー、バイアイネットでいってみよう
床屋 80ブル
ジュース・水 30ブル
ホテル 250ブル
喜捨 1ブル
夕食 120ブル スパゲティ他
靴下 25ブル

合計 877ブル

d0360509_17145271.jpg
10月11日
ゴンダール滞在、Fasilides' Bathなど観光
画像はFasilides' Bath

朝食 6ブル ドーナツとティー
コーヒー 5ブル
エチオピアテレコムチャージ 75ブル
マンゴードリンク 12ブル
昼食 35ブル 山羊のカイワット
チマキ 25ブル
乗り合いバン 3ブル
バス代 115ブル シレまで予約
トゥクトゥク 5ブル
喜捨ほか 6ブル
ホテル 250ブル
十字架など 80ブル
ジュース 35ブル
夕食 135ブル ティブスほか

合計 787ブル

d0360509_1722135.jpg
10月12日
バスとバンでアクスムに移動し、Sabean Hotelに3泊しました
画像はバスの途中でコロ(焼き麦)を買った少年(少女か?)

トゥクトゥク 30ブル バスターミナルまで
ドリンク 25ブル
コロ(焼き麦) 5ブル
ペプシ 10ブル
バン 30ブル 乗り換えのシレからアクスムまで
コーヒー 11ブル
夕食 135ブル ラムカレー他⇒長かったアクスムへのバス移動とその日食べたもの
ドリンク 25ブル

合計 271ブル

d0360509_17264827.jpg
10月13日
アクスム滞在、オベリスクなど観光
画像はラクダ、写真撮ったら2ブル取られた(^^ゞ

コーヒー他 6ブル
朝食 35ブル フルとコーヒー
遺跡入場料 100ブル
教会入場料 200ブル
ガイド 100ブル
昼食 90ブル 山羊肉のカイワット⇒アクスム観光のあとの昼食は山羊肉のカイワット
マンゴードリンクとバナナ 43ブル
水とバナナジュース 20ブル
コーヒー 5ブル
ラクダ写真代 2ブル
喜捨 1ブル
夕食 25ブル チマキ⇒私はパーフェクトなチマキ(段々ジュース)が欲しい

合計 627ブル

d0360509_17332768.jpg
10月14日
アクスム滞在、Queen of Sheba Palaceなど観光
画像はアクスムの市場の荒物屋

コーヒーほか 6ブル
朝食 ぬき
タッラ(地ビール) 20ブル
昼食 85ブル ラムシチュー
ホテル 1,050ブル 3泊分
夕食 スパゲティとサラダ 95ブル
ジュース 30ブル

合計 1,286ブル

d0360509_17391164.jpg
10月15日
エチオピア航空でアジスアベバに移動し、アティナ・ゲストハウスに1泊しました
画像はレストランの肉コーナー

朝食 なし
トゥクトゥク 85ブル 空港まで
タクシー 170ブル ゲストハウスまで
昼食 50ブル クックル
ホテル 600ブル 翌日20時チェックアウトなので1.5日分
コーヒーほか 8ブル
乗り合いバン 3ブル
LRT 6ブル ⇐ここでスマホをすられた(>_<)
LRT 4ブル
タクシー 250ブル⇐高い~!!この頃、身も心もボロボロ・・・(:_;)
ファンタ 20ブル
夕食 75ブル シロワット+ツナ⇐このころ心がやや回復(^^ゞ
ドリンク 30ブル

合計 1,301ブル

d0360509_17494039.jpg
10月16日
深夜11:15のエチオピア航空で東京に向かいました
画像はスリ被害にあったLRTスタジアム駅の下

朝食 ぬき
乗り合いバン 3ブル
LRT 2ブル
コーヒー 26ブル
通訳謝礼ほか 200ブル
LRT 2ブル
乗り合いバン 3ブル
昼食 150ブル テレスガ⇒エチオピア旅行の最後は生肉「テレスガ」で飾ろう⇐ここで心が全面回復、ハッピー(^^)v
喜捨ほか 2ブル
コーヒー 10ブル
コーヒー豆 150ブル
チップ 30ブル
タクシー 180ブル
両替ぼったくり分 70ブル

合計 828ブル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

予算合計 16,445ブル=69,069円 (予算は6,000円×11.5日)
実績合計 10,367ブル=43,541円
差し引き 6,078ブル=25,527円のプラスとなりました(^^)v

予算1日当り 6,000円
実績1日当り 3,786円
エチオピアは安く済みましたね~(^^)v
次に行く時は1日4,000円の予算でいいかも

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

各国での一般旅行費の予算比(+が余剰あり)
ベナン +3,240円
トーゴ +350円
ガーナ +11,012円
コートジボアール▲10,070円
エチオピア +25,527
合計 +29,990円(なんか誤差あり)

その他予算の状況
航空券 ▲765円(キャンセル料など)
VISA代 ▲240円
予備費 +40,000円

総予算 312,214円
総実績 243,229円
差額 +68,985円

と大幅な黒字になりました、パチパチ(^^)v

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし~!アジスアベバのLRT内でスリ被害にあい、8月に買ったばかりのスマホとSDカード、総額5万円程度を盗られてしまいました・・・えんえん(:_;)
旅行保険より補償が受けられればいいんですが・・・・

d0360509_1828821.jpg
ここは祈るしかございません
祈って必ず補償を受けられると信じましょう(^o^)丿
その場合は、免責3,000円程度の被害になると思われますので旅行費とは別にいたします

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

てことで、今回もバッチリ予算内で旅行できたということにいたしましょう(^^ゞ
by kimcafetr | 2018-09-15 05:31 | エチオピア ETHIOPIA | Trackback | Comments(2)

第3の旅「海洋アジア①」の準備Ⅰ (旅の概要・旅程)

いよいよ5月15日から第3の旅に出発です(^o^)丿

いやぁ、日本での生活・・・暇でした(^^ゞ
出発も近付きやっと準備も忙しくなり、緊張感もでてきたところでございます
では、旅の概要をば・・・
今回の旅は、「海洋アジア①」と銘打ってバンコクからマレー半島を南下しシンガポールまで、船でジャワ島に渡り、今度は西にバリ島、ロンボク島などを経て東ティモールまで行きます(^^ゞ

d0360509_10214597.jpg
まずは、例のごとくバンコクにエアアジアで飛びます

前半の宿泊予定地とハイライトは以下の通り

(A)バンコク(徳教という潮州発祥の宗教の寺院を見学)
d0360509_103614100.jpg
一見、普通の中国寺院ですが「紫真閣」というのが徳教の目印です

(B) ペチャブリ(太陽光焼きガイヤーン、映画フェーンチャンのロケ地、丘の上の宮殿などなど見どころ多し)
d0360509_10402157.jpg
これはタイでもここだけじゃないでしょうか?(^^ゞ

(C) プラチャップキリカーン(リゾートでのんびり)
(D) ラノーン(温泉とミャンマー日帰り)
(E)ハジャイ(キャセイゲストハウス)
d0360509_10471733.jpg

(F)ナラティワート(タイ深南部の3県ナラティワート、ヤラー、パッタニーを回ります、ラマダン中にイスラム地域を回るのでどうでしょうか? ウボンで南部3県のフェスティバルに行って興味をもったのがきっかけでした⇒イサーンの南タイ展でラッセーほか
d0360509_10305897.jpg
タイ深南部はイスラム教徒が多い地域でテロが頻発、10年間で6千人が死亡したとか
しかし、大丈夫と踏んでます(^^ゞ

(G) サトゥーン (マレーシアのランカウイ島にフェーリーで渡ります)
(H) ランカウイ (物価高そうなので1泊で逃げます)
(A)ペナン・ジョージタウン (B級グルメ、でもラマダンがあけてないので心配)
(B) クアラルンプール (バトゥーケイブを再訪してムルガン神に南インド行を報告&コロシアムホテルに泊まりたい)
d0360509_10555978.jpg

(C) マラッカ (ラマダン明けのお祭り&シーク寺院)
(D) ジョホールバル(評判悪し、素通りか?)
(E) シンガポール (幻のタイカラオケ)

後半です
d0360509_1059510.jpg

シンガポールからインドネシアのバタム島にフェリーで渡り、PELNIという会社のフェリーに乗り換えてジャカルタに移動します
d0360509_15521138.jpg
こんな席のようです
昔の東海汽船か(^^ゞ

(A) ジャカルタ (安宿街ジャラン・ジャクサ、インドネシアの仏教寺院訪問)
(B) バンドン (温泉があるんですよね)
(C) ジョグジャカルタ(プール付き理想の安宿&ボロブドール)
d0360509_16101394.jpg

(D) ソロ (場合によっては行かないかも)
(E)スラバヤ (ユーミンの歌にあったでしょ、あれ、スラバヤ通りはジャカルタか?(^^ゞ)
(F) バリ (ヒンドゥー教寺院巡りかな)
(G)ロンボク島 (ロンボクから観光ボートでコモドドラゴン等を見つつフローレス島に移動します)
d0360509_1645421.jpg

(H) フローレス島ラブハンバジョ (フローレス島内観光とレンバタ島のラマレラでの鯨漁見学)
d0360509_164363.jpg

(I) フローレス島エンデ (ペルニ船で西ティモールのクパンに渡ります)
(J) クパン (インドネシアから東ティモールのディリに陸路で移動します)
(K) ディリ (正直、行ってみないとわからない)
(F) バリ 再びバリに戻り、ゆっくり休んで帰国します(^^ゞ
d0360509_16252773.jpg

by kimcafetr | 2018-08-14 16:27 | ☆☆第3の旅(準備・整理) | Trackback | Comments(6)