人気ブログランキング |


ついに旅立ちました(^^)v


by kimcafe

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

☆☆第1の旅(準備・整理)
バンコク・カオサン
コルカタ
ベナレス
クシナガル
ルンビニ・タンセン
ポカラ
ムクティナート
カトマンズ
デヴガート・ジャナクプル
パトナ
ブッダガヤ・ラージギル
ジャールカンド州
スルタンガンジ・カハルガオン
☆☆第1の旅 その他
☆☆第2の旅(準備・整理)
パタヤ&東海岸
シアヌークビル
トンレサップ湖一周&ラタナキリ
プノンペン
メコンデルタ
ホーチミン
ベトナム中部
ラオス:シーパンドン・パクセ
ラオス:サワナケート・パクサン
タイ・イサーン
☆☆第3の旅(準備・整理)
タイ・中部南部
マレーシア
シンガポール
インドネシア・ジャワ
東ティモール
インドネシア・東ヌサテンガラ
インドネシア・西ヌサテンガラ
☆☆西アフリカの旅 準備と整理
ベナン BENIN
トーゴ TOGO
ガーナ GHANA
コートジボワール Cote d’Ivoi
エチオピア ETHIOPIA

タグ

(83)
(80)
(57)
(39)
(32)
(23)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(3)

旅行計画

旅先でkimcafeに会ってみたい方がいたら気軽に声をかけてくださいね(^^ゞ
★メールはこちらへ(@を小文字に直してね)⇒kimcafe@wonder.ocn.ne.jp

1.【無事終了しました(^^)v】第1の旅(2017.8.18-11.15)
【インド・ネパール】
バンコク⇒コルカタ⇒ベナレス⇒クシナガル⇒ルンビニ⇒タンセン⇒ポカラ⇒タトパニ⇒ムクティナート⇒ポカラ⇒カトマンドゥ⇒デヴガート⇒ジャナクプル⇒パトナ⇒ブッダガヤ⇒ラージギル⇒シカージ⇒スルタンガンジ⇒コルカタ⇒カンチャナブリ⇒バンコク

2.【無事終了しました(^^)v】第2の旅(2017.12.2-2018.3.1)
【インドシナ1周小回り】
バンコク⇒パタヤ⇒シアヌークビル⇒シェムリアップ⇒ラタナキリ⇒プノンペン⇒チャウドック⇒カントー⇒サイゴン⇒フエ⇒ホイアン⇒ドンデット⇒サワンナケート⇒ノンカイ⇒ロイエット⇒ムクダハン⇒ウボン⇒バンコク

3.【無事終了しました(^^)v】第3の旅(2018.5-8)
【海洋アジアその①】
南タイ⇒ペナン⇒マラッカ⇒シンガポール⇒バタム島⇒ジャカルタ・ジャワ島⇒バリ島⇒東チモール⇒フローレス島・ランバタ島⇒ロンボク島⇒バリ島

4.【無事終了しました(^^)v】特別版①(2018.9-10)
【西アフリカ&エチオピア】
ベナン⇒トーゴ⇒ガーナ⇒コートジボワール⇒エチオピア

5.【無事終了しました(^^)v】第4の旅(2018.12-2019.2)
【南インド・スリランカ】
ムルガン神の聖地巡り、スリランカ仏跡巡り(記事はkimcafeトラベリング2に移動しました)

------以下の旅はkimcafeトラベリング2です------

6.特別版②(2019.9-11)
【アマゾン河下り】
エクアドル⇒ペルー⇒ボリビア⇒ペルーのあと、ペルーのアマゾン、ユリマグアスからイキトス、ブラジルまでハンモックの船で:暇でしょうね(^^ゞ

7.特別版③(2019.12-20.2)
【バンコクステイ】
あこがれのバンコクアパート暮らしです(^^ゞ
ビザの更新に2回は出国必要です、1回はクアラルンプールのタイプーサムだな

8.第5の旅(時期未定)
【海洋アジア②】
フィリピン⇒東マレーシア⇒ボルネオ島⇒ブルネイ⇒KL⇒スマトラ島

9.第6の旅(時期未定)
【西インド・パキスタン】

10.第7の旅(時期未定)
【インドシナ1周大回り】
香港⇒広西⇒ベトナム⇒雲南⇒ラオス⇒北タイ⇒バンコク

11.特別版④(時期未定)
【エジプト周遊】
エジプト・イスラエル・ヨルダン

12.第8の旅(時期未定)
【東インド・バングラデシュ】
ブータンに安く行ければ行きたい(^^)v

13.特別版④(時期未定)
【マダガスカル周遊】
マダガスカル&ケニア・タンザニアORエチオピア南部:朗報です、エチオピア航空が飛ぶ(^^)v

14.第9の旅(時期未定)
【北インド・中部インド】
ウッタラカンド、ヴィシュノデビなど北部のヒンドゥ聖地、オームカレシュワルなど中部のヒンドゥ聖地巡り

15.第10の旅(時期未定)
【マレー半島・ミャンマー・北タイ】

16.特別版⑥(時期未定)
【陸路で中央アジアまで】
船で上海⇒鉄道でウイグル⇒中央アジア周遊

最新の記事

西アフリカの旅のコースとハイ..
at 2018-10-20 16:38
アフリカの旅 エチオピアのハ..
at 2018-10-19 21:15
「特別版 西アフリカとエチオ..
at 2018-10-18 13:33
ベナンでMTN社のSIMカー..
at 2018-10-16 23:10
ベナンのコトヌーにある「たけ..
at 2018-10-16 12:51
コトヌーのダントッパ市場の呪..
at 2018-10-16 12:42
呪物市場第二弾!殺したてのコ..
at 2018-10-15 21:24
アボメイの王宮を訪ね歴代王の..
at 2018-10-15 06:49
アボメイのユニークホテル、シ..
at 2018-10-15 04:43
水上都市ガンヴィエのHote..
at 2018-10-14 19:52

最新のコメント

とんびさん ブログの予..
by kimcafetr at 23:40
え、え、えっ、、今年年末..
by とんび at 21:05
とんびさん いけね、変..
by kimcafetr at 09:40
予定変更ですね。左側の欄..
by とんび at 00:48
とんびさん まだですよ..
by kimcafe at 17:31
新しいブログを開設し、以..
by とんび at 21:52
yossyさん タンマ..
by kimcafetr2 at 19:15
本院に行かれるなら、可愛..
by yossy at 16:42
yossyさん コメン..
by kimcafe at 19:36
お返事ありがとうございま..
by yossy at 10:43

最新のトラックバック

マラッカのシーク寺院でラ..
from kimcafeのB級グルメ旅
カピタン・クリン・モスク..
from kimcafeのB級グルメ旅
ERIKOカラオケでパタ..
from kimcafeのB級グルメ旅
スーパーのカツ丼を食べて..
from kimcafeのB級グルメ旅
念願!代田の宮川でうな重
from kimcafeのB級グルメ旅
歌舞伎&回転寿司でJAP..
from kimcafeのB級グルメ旅

検索

以前の記事

2020年 06月
2019年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
旅行家・冒険家

<   2018年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

トレッシュビルとプラトー半日散歩

2018年10月4日
d0360509_573539.jpg
コートジボワールのアビジャンで泊るとしたら安宿があるという下町のトレッシュビルという地域なんです
地図でいうと海(?)を挟んで下側です
一方、上側の地区はプラトーと言ってビジネス街らしいです
ところがブログを見るとここいらがあまり評判がよくないんです
曰く、「トレッシュビルに泊っていたら食堂でカツアゲ未遂に会った」・・・うへ~(^_^;)
曰く、「プラトーはいくら歩いてもちっとも面白くない街」・・・ふーん
曰く、「トレッシュビルとプラトーを結ぶ橋は強盗がでるので危険」・・・勘弁してよ~(>_<)
という訳で、両地区を避けてグランバッサムという高級リゾート地区に大金を投じて泊ることにしたわけでございます(^^ゞ

d0360509_5183472.jpg
d0360509_5232293.jpg
上がグランバッサムの地図ですが、下の細長い島のようになっているところの海岸沿いにリゾートホテルが立ち並んでいます
ホテルでのんびりもいいですが、1日はトレッシュビルとプラトーを見てこないとなりません
恐ろしげなトレッシュビルだって、昼間見学するだけなら大丈夫でしょう(^^ゞ
リゾート地区から橋を渡りマーケットと書かれたところ(下画像)から、当地でウォロウォロと呼ばれる乗り合いバンでトレッシュビルに向かいました
料金は500フラン=100円、時間は30分ほどでした

d0360509_5243375.jpg
d0360509_5251331.jpg
d0360509_5254732.jpg
トレッシュビルに着いてみると、恐ろしい場所どころか栄えた商業地区でした
ブログで読んだイメージでは、もっと寂しげで荒れた暗い場所に思えたんでが、百聞は一見にしかずすね(^^ゞ

d0360509_528084.jpg
こんな洒落たパン屋だってあるんですよ(^^ゞ

d0360509_5285995.jpg
d0360509_5295246.jpg
ローカル料理が食べられる食堂を探して歩いていたんですが、ここで食べたかったフトゥバナンも食べれました
トレッシュビルとプラトーを散歩して、ランチはフトゥバナンとプラカリ

d0360509_5332192.jpg
こちらは食堂の近くのカフェです
ここに来るまでも街角にカフェがあり、デミタスカップで飲んでいる人がいたんです
美味しいコーヒーが飲めるんでしょうか?(^^ゞ

d0360509_5355158.jpg
d0360509_5362846.jpg
入ってみるとテラスの席に近所のおやじ連中が屯してデミカップコーヒーを飲んでいます
ボンジュールと声をかけて一番奥の席に座り、お姉さんにアン・カフェ・シルブプレと頼むと、フランスの田舎のカフェの雰囲気です、行ったことないけど(^^ゞ
カフェも濃くて美味しかった
お値段も500フラン=100円と高いですが・・・

d0360509_5412786.jpg
d0360509_5424237.jpg
d0360509_5435726.jpg
さらに行くと大きな市場があり、その辺も活気があります
ここまで来て確信しました
トレッシュビルは怖くない、次にアビジャンに来たらここに泊ろう・・・いつのことかわ分かりませんが(^^ゞ

d0360509_5461111.jpg
d0360509_5464432.jpg
d0360509_5471726.jpg
市場の裏がフェリー乗り場です
強盗は怖いのでフェリーでプラトーに向かいますが、他の場所への船も出ています
このフェリーもわずか150フラン=30円でなかなか味があります(^^ゞ

d0360509_5492078.jpg
d0360509_5502998.jpg
d0360509_5512748.jpg
フェリーがプラトーに近付くにつれ、その都会っぷりがわかります(^^ゞ

d0360509_553118.jpg
d0360509_553402.jpg
好ましいレトロな建物も多い街を歩きます

d0360509_5544422.jpg
d0360509_5594922.jpg
ヒョウちゃんに教えてもらったKim cafeという私のハンドルネームと同じ名前のカフェを探してrue des jardinsを歩きますが、残念ながら見つからず(^^ゞ
*なぜかKim cafeの地図を見るとベトナムのサイゴンになっているんです

d0360509_632740.jpg
d0360509_642076.jpg
d0360509_66496.jpg
d0360509_663926.jpg
しかし、kimcafe好み名レトロビルがたくさんあります
おお、西洋人のビジネスマンもいた、すげえ!
いいじゃんこの街楽しそうじゃん(^^ゞ
まるで元フランス領の地中海沿いの街にでも彷徨いこんだ気分がいたしました、行ったことないけど

d0360509_6111328.jpg
d0360509_613744.jpg
カフェというかハンバーガーショップのメニューを覗いてみると・・・おお、これならいける~~でもないか
金持ちになったらプラトーに泊るのもいいかも知れませんよ(^^ゞ

by kimcafetr | 2018-09-29 06:19 | コートジボワール Cote d’Ivoi | Trackback | Comments(0)

特別版①西アフリカ・エチオピアの旅 予算状況その4 コートジボワール

西アフリカ4カ国目です
予算は1日6,000円=30,000セーファーフラン(CFと略す)、100CF=20円の計算です
グランバッサムのホテルが1泊35,000CFと最初から予算オーバーしちゃってますが・・(^^ゞ

d0360509_6104561.jpg
10月2日
ケープコーストからコートジボワールのグランバッサムに移動し、ホテル・ヌーブル・パイロートに3泊しました
画像は焼き魚

昼食 抜き
ウォロウォロ(乗り合いバン) 12,000CF ←ガーナのタコラディから乗ったバン、乗り合いかと思ったらチャーターになってしまった
チップ 100CF 案内のお兄さんに
シェアタクシー 500CF ホテルまで
ドリンク 600CF ←超ボリ屋台
パン 200CF
夕食 サバ風魚 400CF ⇒グランバッサムのリゾートホテルでアチェケほかの豪華な夕食
野菜 100CF
デゲ 100CF
アチェケ 100CF
串焼き2本 200CF
オレンジ 50CF
ドリンク他 250CF
ホテル 35,000CF ←くぅ!効くね~(>_<)

合計 49,600CF

d0360509_6114397.jpg
10月3日
グランバッサム滞在
画像はホテルの近くで会った髪飾りがステキな女の子

朝食 込み ホテルで
昼食 サンドイッチ 400CF
みかん 100CF
ファンタ 600CF
夕食 3,000CF レストランで
ドリンク 200CF
ホテル 35,000CF

合計 39,300CF

d0360509_6122637.jpg
10月4日
グランバッサム滞在、トラッシュビルとプラトーを散歩
画像はココアの実

朝食 込み ホテルで
シェアタクシー 200CF ウォロウォロ乗り場まで
ウォロウォロ 500CF トラッシュビルまで
プラカリとリー 200CF
昼食 フトゥバナン+魚スープ 500CF ⇒トレッシュビルとプラトーを散歩して、ランチはフトゥバナンとプラカリ
カフェ 500CF
フェリー 150CF
コーヒードリンク 250CF
フェリー 150CF
焼タロ・焼ヤム・焼バナン 500CF
水 50CF
ウォリウォロ 500CF 帰り
コーラ他 650CF
パイン 200CF
シェアタクシー 200CF
ホテル 35,000CF
-----翌日分-----
タクシー 10,000CF ホテルで頼んだが高い
チップ 2,000CF

合計 51,450CF

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

予算合計 90,000CF=18,000円
実績合計 140,350CF=28,070円
差し引き 50,350CF=10,070円のオーバーとなりました

ホテル分を考えればいいところではないでしょうか
しかし、ホテルのプールが工事中で使えなかったのが痛かった(^_^;)
せっかく持ってきた水着の使い道がない・・・トホホ(>_<)
by kimcafetr | 2018-09-27 12:14 | コートジボワール Cote d’Ivoi | Trackback | Comments(0)

エチオピアのSIMカードはエチオテレコム ethio telecomで

エチオピアは前回2015年の旅行の時には、情報も少ない中で結局インターネットをできるSIMを買うこともできず、ホテルのWIFIも超遅くて苦労したんです(^_^;)
なもんで、今回も心配していました

2018年10月6日
d0360509_15142442.jpg
d0360509_15172469.jpg
アジスアベバ到着の翌日です
今回はGerjiという空港の近くの地区にあるゲストハウスに宿泊しました
スマホの看板が出ている店でSIMカードを聞いてみると、近くにエチオテレコムの店があり、そこで買えるとのこと・・・ラッキーです(^^)v
早速、訪ね15分程待って順番が来ました
あと10泊なので、SIMカードと2GB欲しいと伝えると、SIMカードは30ブル=126円ですぐに買えましたが、開通は明日の午後になるとのこと・・・
しかも、ナノSIMはないので外の携帯ショップでカットしてもらえとのことです

d0360509_15245061.jpg
すぐ前の店でSIMカードをカットしてもらったんですが、なんとカット代が50ブル=210円とSIM本体より高いという不合理なシステムです
*単にぼられただけかも・・・(^^ゞ

10月7日
d0360509_15311680.jpg
d0360509_15312781.jpg
翌日、バハルダールに飛んで、指定されたコードを押し、電話で言われた番号をプッシュすると見事開通しました(^^ゞ
しかし、残量がほとんどありませんのでトップアップ(チャージ)する必要があります
歩道の屋台でチャージ用のカード75ブル=315円を買いトップアップします
SIMカードに15ブル分のおまけが付いていましたので。1週間1GBのネット容量を80ブル=336円で購入して完了です(^^)v
エチオテレコムのコードはこちらの記事が大変参考になりました⇒エチオピアのプリペイドSIMカード「Ethio telecom(エチオテレコム)」&ネット情報

しかし、あと9泊なので1GBでは足りないでしょう、それに1週間パックなので、どこかでもう1回チャージ&容量購入の必要があります

エチオテレコムの通信状況ですが、H+(3G)だけのようです
それでもブログ更新などには十分なんですが、ときどきHのマークが消えていきなりつながらなくなることがあります
しばらくすると復活したり、再起動すると復活したりということが何度もあり、苦労させられました
通信状況では西アフリカの3か国(ベナン、トーゴ、ガーナ、あとのコートジボワールは3泊のためSIMは購入しなかった)より、ずっと不安定でした

10月11日
ゴンダールで再度、75ブルトップアップ&1GB購入をしました
考えてみると1GBで336円てすいぶん高いですね
エチオテレコムの独占のために高いとは言われていましたが・・・
これで残りは5ブルなんですが、1日コースで50MBとかなら購入できますので、最後に容量が足りなくなったら使うことにしましょう(^^ゞ

10月15日
d0360509_15493373.jpg
アジスアベバに戻って明日は帰るという時になって、スマホをLRT(ライトレール)の中ですられてしまいました
画像は警官と一緒に警察署に向かうところ・・・(^_^;)
もう容量を気にしなくてもよくなりましたが・・・

10月16日
d0360509_15532160.jpg
スマホがなくなると、頼みはゲストハウスのWIFIとノートパソコンです
幸いゲストハウスのWIFIは十分使えるレベルだったんですが、深夜便で立つ最後の夕方に大雨が降ってずっと停電になってしまいました
ネットもなし、電気もなし・・・ああ、昔の旅ってこういうことよくありましたよね
懐かしい気分に浸れたアジスアベバ最後の夜でした・・・(^^ゞ
by kimcafetr | 2018-09-26 16:00 | エチオピア ETHIOPIA | Trackback | Comments(2)

タナ湖観光 【前半】 セゲ半島の修道院

2018年10月8日
d0360509_414041.jpg
d0360509_421352.jpg
バハルダールと言えばタナ湖の観光が有名です
タナ湖というのは青ナイルの水源であり、湖上の島や半島にはエチオピア正教の修道院がある・・・
そんな知識しかなかったんですが、とにかく船に乗ってみようとタナ湖にやってきました
するとツーリストインフォメーションなんてのがあり、外人観光客は全員呼び止められ、船に乗らないかと誘われる仕組みになっていました(^^ゞ
こういうのはたいたいどえらく高い料金を吹っかけられるものと思いますが、聞いてみるとタナ湖の南の、従って近くの修道院やカバの生息地を訪ねる半日ツアーで350ブル=1,470円だそうです
思ったより高くないですね(^^ゞ
300ブルにならないかと交渉すると、3人しか乗らないボートだからだめとのことでした

d0360509_49970.jpg
d0360509_493331.jpg
相客のフランス人の青年と中国人の女性と船頭で出航です

d0360509_41165.jpg
タナ湖は日本感覚でいうとすこし濁っていて、波はないです
最初に到着したのはゼゲ半島の桟橋でした

d0360509_4131898.jpg
d0360509_4134429.jpg
d0360509_414918.jpg
ガイドを断り、けっこうなお土産屋がでている小道を進むと修道院に到着します

d0360509_415149.jpg
Betremariam Monasteryですね
入場料は150ブル=630円
こうしてちょこちょこお金を取られるのが辛いです(^^ゞ

d0360509_419358.jpg
d0360509_4195890.jpg
d0360509_4202217.jpg
門を入ると円形の修道院があります
円形の建物は民家にもあるようですね

d0360509_4212753.jpg
d0360509_4215734.jpg
d0360509_4222551.jpg
d0360509_4225266.jpg
靴を脱いで中に入ると、中央に円形の大きな部屋があり、周りを廊下が囲っています
残念ながら中には入れませんでした

d0360509_4242180.jpg
d0360509_4245488.jpg
d0360509_4253178.jpg
内部には聖書を題材にした様々な絵があります
看板には14世紀とありましたが、これらの絵はいつ描かれたものなんでしょうね?

d0360509_427772.jpg
d0360509_4273275.jpg
木枠などに下絵のようなものがありました
してみると全部の絵画が現代のもののような気もしてきます(^^ゞ

d0360509_4285145.jpg
壁画が描かれている壁は土壁なんですね

d0360509_4295143.jpg
帰り際に修道院の前のお土産屋で山羊皮に描かれた天使の絵を買いました
するといままでも熱心だったお土産屋のおばさまたちが、その熱心さを5倍にして売り込みをかけてきます
なにしろ観光客の10倍くらいの売り手がいて、購入する値段も桁外れに高いものでしょうから・・・(^^ゞ
ただし、しつこくはないので疲れはしません

d0360509_4332752.jpg
これが購入した天使の絵です
最初は1枚500ブルとかえらい高いことを言っていましたが、値切って1枚50ブル=210円で買いました
しかし、よく考えてみると山羊皮って珍しいもんじゃなく、どこの農家でも飼っている山羊から取れるんですよね
それに絵を塗ればいいので、原価は超安そうです(^^ゞ
1枚25ブル=105円で充分だったかと、ちょっぴり反省しております

d0360509_4383293.jpg
船で同じ半島の別の修道院の入り口に移動します
こちらも入場料150ブルを支払います

d0360509_4395611.jpg
d0360509_4403228.jpg
d0360509_441479.jpg
湖沿いの道やお土産屋の脇を通って行くとやがて修道院の門に着きます

d0360509_4432976.jpg
こちらはUra Kidanemhret Monastery
やはり14世紀とあります

d0360509_450673.jpg
d0360509_4505470.jpg
d0360509_4521772.jpg
ここも同じ構造で、中央の大きな部屋をぐるりと廊下が囲んでいて、多くの絵画があります

d0360509_454465.jpg
d0360509_4554331.jpg
こちらの司祭が、セント・ジョンだとかクリストだとか絵の簡単な説明をしてくれました

d0360509_457597.jpg
d0360509_4594917.jpg
d0360509_503849.jpg
d0360509_514262.jpg
残念ながら聖書の知識がないのでわからないのが多いです
3番目はアブラハムが神から試されて息子を殺そうとする場面ですね
こうして聖書物語の絵をみていると実に興味深いです
もっと勉強してみたいですね(^^ゞ

d0360509_543533.jpg
d0360509_55555.jpg
修道院の庭にあった不思議な果物です
柑橘類、たぶんレモンのようなんですが、大きいのが1個だけ・・・
すこし齧られたようなあとがあり、金網で保護されているようです
聖書との関係は?
謎ですね(^^ゞ

【後半】に続きます
by kimcafetr | 2018-09-25 19:09 | エチオピア ETHIOPIA | Trackback | Comments(0)

タナ湖観光 【後半】 島の修道院と青ナイル

2018年10月8日
d0360509_23592684.jpg
d0360509_002551.jpg
d0360509_012938.jpg
ゼゲ半島を離れ、2つある修道院の島のうちの小さい方の島に上陸しました
Entos Eyesu Monasteryですね
ここでもしっかり100ブル=420円の入場料を取られます(^^ゞ

d0360509_045442.jpg
d0360509_051742.jpg
d0360509_053717.jpg
小さな島です
丘を上がると石造りの八角形の修道院があります
こんな小さな島に修道士が暮らしているんでしょうね
ガンガー河の島にあったヒンドゥー寺院を思い出します
ガンガーに浮かぶ島 タパス・ダム寺院 Tapas Dham temples 訪問

d0360509_083958.jpg
d0360509_09188.jpg
d0360509_092481.jpg
多くの宗教画があります

d0360509_0101136.jpg
d0360509_0112494.jpg
d0360509_0114679.jpg
司祭が案内してくれました

d0360509_0123740.jpg
d0360509_013237.jpg
d0360509_0133023.jpg
d0360509_014052.jpg
天井にも壁にも天使の絵が目に付きます
さっき、天使の絵を買って正解だったか(^^ゞ

d0360509_0151148.jpg
d0360509_0153836.jpg
島を離れて、再びタナ湖を走ります
漁をしている人たちと出会いましたが、彼らの舟は昔ながらのパピルスの舟だそうです(^^ゞ

d0360509_0172986.jpg
d0360509_018987.jpg
そしてボートが向かったのは青ナイル川です
そう、このタナ湖は青ナイル川の源流なんです
と言っても、この辺りは流れを感じるわけでもありません

d0360509_020933.jpg
しかし、ナイルの源流という言葉には強烈なロマンを感じますね(^^ゞ
考えてみれば、今から30年近く前に白ナイルの源流と言われるヴィクトリア湖に行ったんでした
その時の旅の計画では、ケニアからスーダンを通ってエジプトまで抜けるつもりだったんですが・・・なんか、スーダンが大変そうだったのでくじけてしまいました・・・
今はどうなんでしょう、南スーダンを通るのは危険なんでしょうね
しかし、青ナイルの源流のタナ湖に来てみると、ここからスーダン、エジプトに抜けるのも不可能でない気がしてきました
当時とは旅の技術も、情報も格段の差がありますから、夢よもう一度・・・か

d0360509_0253535.jpg
d0360509_026170.jpg
青ナイルまで来たのはこの辺にカバが生息しているからなんです
あっ!いたいた・・・(^^ゞ
動きが鈍いからですかね、川イルカを見るより簡単みたいです
もうちょっと近付くと、よく見えるんですけどね・・・もう、いいか
最初の説明では9時に出て12時に帰るということだったんですが、すでに15時近いです
ツアーが長いのは歓迎ですが、もうお腹がペコペコなんだよな・・・
by kimcafetr | 2018-09-25 05:29 | エチオピア ETHIOPIA | Trackback | Comments(2)

アジスアベバのLRTでスマホをすられた~!・・・顛末記

2018年10月15日
d0360509_14501422.jpg
d0360509_14502459.jpg
明日の夜には日本行の飛行機に乗るという日のことでございます
午前中にアクスムから飛行機でアジスアベバのゲストハウスに戻り、昼食を食べてちょっくら出かけようかという感じです
泊まっていたゲルジというところからミニバスに乗って、LRTのMegenagna駅までやってきました
LRTは前回のエチオピア訪問の時には工事中だったんですが、開通して便利になったようです(^^ゞ
*中国が建設しました

d0360509_14553890.jpg
d0360509_14554934.jpg
行き先は以前泊ったピアッサという旧繁華街です
LRTだとStadium駅でブルーラインに乗り換えてMenelik Ⅱ Square駅で降りればすぐですね
キップは2枚ですが、料金は合わせて6ブル=25円と激安です(^^ゞ

d0360509_1512433.jpg
画像はイメージですが、このLRTがけっこう混むんです
ま、ミニバスも混みますからアジスアベバの交通機関は混むのがデフォルトみたいなところがあるんでしょう

さて、3時頃でしょうか、スタジアム駅のホームでいったん降りて、メネリク2世広場行を待ちます
StadiumとSt.Lideta駅の間はグリーンとブルーの2線が同じ線路を走るんです
やって来た電車は激混み!ホームに乗る人もいっぱい!!
これは混みます、ヤヴァイです(^_^;)
ガーッと押されて身動きもできない状態で電車に乗りました
日本の通勤電車も顔負けの混雑です
しかも、「ドア付近のお客様は、いったんにホームに降りて降りるお客様をお通しください」とか「降りるお客様が済んでからご乗車ください」なんてマナーはまだこれからですからね
押し合い圧し合い大変なんでございます

d0360509_159470.jpg
次の次の駅でしょうか、乗客がだいぶ降りて一息つける状態になったところで、ふとポケットのスマホを探ると・・・
あれ!?ない、スマホがないです(^_^;)
あせって探します
いつも右のポケットにカメラ、左のポケットにスマホ、後ろの右に財布(チェーン付き)が定位置なんですが、もしやと思ってカバンの中なども探しましたが・・・あるはずもなく・・・
や・ら・れ・た・~・(>_<)
PUNCHちゃんの画像を壁紙にして心から大事にしているXPERIA、名付けてPUNCH2号がなくなった
すられた~!えーん(:_;)

しばらく呆然と電車に乗っておりました
ま、考えてみれば旅の最後に盗られたのはせめてもの幸い・・・最初でなくて助かった、私はラッキー(^^)v
などと思えるはずもなく・・・(:_;)
なにせ前回の旅でPUNCH号のバッテリーが膨らんできて買い換えたばっかりなんですよ、経済的な打撃もいたいんです

しかし、待てよ!
保険があるじゃないか、この日のために旅行保険付きのクレジットカードを3つも持っているのを思い出しました
2つは自動付帯(ジャックスの横浜インビテーションカードとEPOSカード)、ひとつは利用付帯(楽天カード)で成田までのバスで利用済でございます
そうか!旅行保険の携行品補償が受けられればほとんど被害なしでいけるでしょう

d0360509_15232765.jpg
そこで終点のメネリク2世広場で降りるとすぐに駅前の交番みたいなところにいきました
「LRTの中でスマホをすられたんだけど」
「そりゃでてこないよ、あきらめな」
英語はほとんど通じてないんですが、そんな会話です
「そうじゃなくて保険会社に証明書を書いて欲しい」

d0360509_15262370.jpg
とりあえず近くの警察署に連れて行ってくれることになりました
*画像は警官二人と他のもめ事をかかえた若者と一緒に警察署に歩いていくところ、エチオピアの警察では男女のペアの警官が多いですが、不倫問題とか起こらないのかな?(^^ゞ
やれやれです
ところが警察署でもほとんど英語が通じず・・・(^_^;)
「どこで盗られた?」
「スタジアム駅だと思うけど・・・」
「じゃ、スタジアム駅の警察に行け、ここではできないよ」
仕方ありません、また駅に戻りスタジアム駅に行ってみることにしました

メネリク2世駅で電車を待っているんですが、30分以上待っているのに来ません
なにか事故でもあったのでしょうか?
ここではホームの手前で2列に並んで待つのがルールのようなんですが、その列がはるか後ろまでつながってしまっています
*このルールは浸透しているようでたまにズルして先に行こうとする人間は文句を言われて戻されていました
前に並んでいた若者にスタジアム駅まで行くというと、「あそこは混むから気を付けろ、降りる時にメガネをひったくられないようにね」と注意されました
そうかスリも多いんですね・・・最初に言ってよ~(>_<)

スタジアム駅では駅にいた警官に駅前の交番に連れていってもらったんですが、閉まっていました
もうすっかり暗くなりました
今日は諦めて明日また頑張りましょう
飛行機は明日の23時発ですのでまだ時間は十分あります

2018年10月16日
d0360509_15374756.jpg
この黄色いコンテナがスタジアム駅前の交番です
すられた件と証明書を書いて欲しい件を話すと、近くのスタジアム警察署に行けとのこと・・・
これで警察は4か所目ですが、ま、いいか、頑張りましょう(^^ゞ

d0360509_15401225.jpg
この奥が警察署です
LAGHAR AREA COMMUNITY POLICING STATIONという名前なんですね
周りに大きなビルがあるのにここだけはボロい平屋の建物です
昨日の警察といい、交番といい、エチオピアの警察はみんなボロですね
清貧というか予算がないなかで頑張っている感じで好感が持てます

ここでも同じ話をすると、まあ待てと事務所でしばらく放置されました
しかし、オフィサーが「もう少し待ってね」などと声をかけてくれるので、安心感あります(^^ゞ
しばらくして、「警官と一緒に現場をチェックしに行ってくれ」というんです
よしよし!証明書も近い感じです(^^)v

d0360509_15454314.jpg
盗られたスタジアム駅です
この上がホームなんですが、なぜか上には上がらず戻って終了のようです
次にオフィサーが言うのは、「調書を作るのに必要なのでアムハラ語と英語の通訳を連れて来てくれ」というんです・・・!?
英語で証明書を書くのが大変なので代書屋が必要ということでしょうか?
「全部英語でなくていいから、重要なところだけ英語で書いてくれないか?」と言ってみましたが、どうしても通訳がいるとのこと・・・(^_^;)
「どこに通訳がいるのか?」
「大使館に連絡したらどうだ」
スマホをなくした状態でそんなことできるでしょうか? それに大使館にスマホをなくしたって連絡しても警察に行けと言われて相手にしてくれないんじゃないの?
しかし、話が進まないので仕方なく通訳を探しにでました・・・とほほです
道々、コピー屋が目に付いたので、事情を話して通訳を探していると言うと、「スタジアム(ホントの競技場)の周りを探してみろとのこと
どうやらスタジアムの周りに代書屋街かなんかあるみたいなんです
ところがスタジアムの周りにはレストランはあれど、それらしい店は見つからず・・・
そこで、初老でスーツを着て書類を持って歩いている、これはビジネスマンで間違いないという人に声をかけ、通訳を探している旨を説明しました
「スタジアムよりこっちの方がみつかるんじゃないか?」というところに着いていきます
「まあ、コーヒーでも飲もうよ」とおごってくれました
「なんで日本は発展したのか?何が重要なのか?」なんて話題を振ってきます
*この方は弁護士でした

d0360509_160137.jpg
ちょうどDLしてきた「NHKスペシャル明治」なんていうのをPCで見たばかりだったので、「それは国民全体への教育ですね」なんて答えちゃいました(^^ゞ
コーヒーを飲んでいるうちになぜか現れた若いガイドの男性、トーマスが通訳してくれることになりました
*彼は日本人の彼女がいたと言ってました
うーん、世の中なんとかなるもんですね(^^ゞ

警察署に戻って、通訳を連れてきたと話すと、係りの警官と一緒に調書を作れとのこと・・・
なるほど、係りの警官は英語が旨くないので通訳が必要だったみたいですね
どこでどのように盗られた、値段はいくらなどを話して調書ができました
やれやれ、それをもらえば終わりと思ったんですが、「まだ、オーソライズされていないので渡せない」というんです
「証明書が必要なんでコピーをもらえないか」と言ってみたがダメです(^_^;)
仕方ないので完成したら通訳をしてくれたトーマスを通じてEメールで送ってもらうことにして署を出ました
トーマスに通訳の謝礼として100ブル=420円渡すと、「警官とランチして早く処理してもらうように頼むから」ということで、もう100ブル・・・ま、仕方ないでしょう(^^ゞ

どうしても欲しかった証明書は手に入りませんでしたが、やるだけのことはやったので満足感があります
あとは運を天にまかせましょう(^o^)丿

d0360509_1617593.jpg
d0360509_16191189.jpg
日本に帰り、とりあえず保険会社に連絡してみると、保険申請の必要書類は「申請書とできれば警察の証明書、なくしたものの領収書、パスポートのコピー(顔写真のページと出国印)」だそうです
「証明書がもらえていないんだけど・・」というと、「その理由を申請書に詳しく書いてください」とのことでした
案外簡単ですね、これならアジスアベバの警察の証明書がなくてもいけるじゃん(^^ゞ
送られて来た申請書に記入し、領収書はクレジットカード請求書のコピーを添えて返送しました
投かんした後で、パスポートのコピーを忘れたなと思い出したんですが、ま、いいか・・・

2-3日して電話があり、「領収書のない関税(スマホは個人輸入のため)分は補償できないがいいか?」という問い合わせです
ということは他はOKなんですかね、嬉しいです(^^)v

2018年10月30日
d0360509_1626488.jpg
d0360509_16265867.jpg
そして、30日のこと通帳をチェックすると、嬉しや!保険金が振り込まれていました(^^)v
実は盗られたスマホとSDカードはそっくり同じものを買い直していたんですが、買った時より値段が安くなっていたので、新たな出費は45,775円+関税1,900円、補償が45,800円(自己負担3,000円、関税分保証なし)で実質の損害は2,000円弱で済んだんです
バンザーイ!(^^)v

ご心配いただいたみなさんありがとうございました
協力してくれた方、警察や保険会社の方もありがとうございましたm(__)m

あと、スマホの写真画像ですが毎日PCにバックアップしているので実質被害なし
スマホ内のメモが消えたのはやや痛いかな
悪用される心配もありますので、GoogleとFacebookのパスワードはすぐに変更し、Googleから遠隔でスマホの初期化というのも行っています

しかし、今回は本当に旅の最後の事故で助かりました
今はスマホ内の情報が頼りですからね、防犯というか遺失対策はもっと強化しないとですね~
by kimcafetr | 2018-09-16 16:40 | エチオピア ETHIOPIA | Trackback | Comments(5)

特別版①西アフリカ・エチオピアの旅 予算状況その5 エチオピアと総決算

西アフリカ5カ国目のエチオピアと旅予算の総決算です
予算は1日6,000円=1,430ブル、1ブル=4.2円の計算です

d0360509_16364451.jpg
2018年10月5日
エチオピア航空でコートジボワールのアビジャンからアジスアベバに移動し、アティナ・ゲストハウスに2泊しました
画像は到着日に食べた、雑巾ことインジェラです(^^ゞ

タクシー 200ブル 空港からゲストハウスまで、超高いが仕方ない(^_^;)
ゲストハウス 880ブル 2日分
夕食 110ブル ティブスとビール⇒アジスアベバ到着、近くのレストランでティブスが旨い

合計 1190ブル

d0360509_16404960.jpg
10月6日
アジスアベバ滞在
画像はハベシャビールのロゴ付きトラック(habesha)

SIMカード 30ブル
SIMカードカット代 50ブル
朝食 コーヒーとボンボリーノ(ドーナツ) 25ブル
缶ドリンク 30ブル
LRT 2ブル
昼食 286ブル クットフォー⇒クットフォの名店 Yohannes Kitfoで憧れの生肉クットフォとコチョを堪能す
LRT 2ブル
喜捨 2ブル
トゥクトゥク 10ブル
夕食 120ブル フィッシュ・グラッシュ他

合計 562ブル

d0360509_16513549.jpg
10月7日
エチオピア航空でバハルダールに移動し、Menen Hotelに2泊しました
画像はトウモロコシ売りのおばさんと一緒にいた子

朝食 40ブル コーヒーとフル⇒小町娘のブンナベットでフルの朝食
タクシー 150ブル 空港まで
タクシー 200ブル バハルダール空港からホテルまで、高いが他に手段なし(^_^;)
ホテル代 250ブル
チップ 10ブル ⇐ホテルの前にタクシーが停まり、男がカバンを運んで中に入ったのでホテルのボーイだと思ったら、ただのチップ稼ぎだった(^_^;)
水・ドリンク他 40ブル
エチオピアテレコムチャージ 150ブル
昼食 チマキ 34ブル
夕食 揚げ魚 40ブル
焼きトウモロコシ 5ブル
コーヒー・ケーキ 30ブル

合計 875ブル

d0360509_165922100.jpg
10月8日
バハルダール滞在、タナ湖観光
画像はエチオピアぽい衣装をまとったインド製トゥクトゥク

朝食 28ブル コーヒー・ボンボリーノ・水
観光船 350ブル
ホテル 250ブル
修道院入場料 400ブル 3か所分
天使の絵 100ブル 2枚山羊皮製
ファンタ 20ブル
柑橘類 5ブル
昼食 72ブル ミンチャット⇒バハルダールでミンチャッタベシ
バナナ 20ブル⇐信じられない高さ!
夕食 23ブル アボカドジュース

合計 1,268ブル

d0360509_174715.jpg
10月9日
バスでゴンダールに移動し、Michael Hotelに3泊しました
画像はゴンダールの中心街ピアッサにあるエチオピアホテル

バス代 80ブル
朝食 なし
菓子 15ブル
喜捨 1ブル
昼食 38ブル シロワットとコーヒー
ホテル 250ブル
ドリンク 18ブル
夕食 55ブル アリチャ⇒ゴンダールの夕食はアリチャ、そしてタッジ
タッジ(蜂蜜酒) 20ブル

合計 495ブル

d0360509_1791416.jpg
10月10日
ゴンダール滞在、Fasil Ghebbi(ゴンダール城)など観光
画像はゴンダールで見た脱力系ライオン

朝食 6ブル サモサとティー
教会で喜捨 10ブル
ゴンダール城入場料 200ブル
コーヒー 5ブル
Debre Birhan Selassie教会入場料 100ブル
オレンジ 20ブル ⇐タッケー!!
昼食 30ブル バイアイネット⇒今日はフェスティングデー、バイアイネットでいってみよう
床屋 80ブル
ジュース・水 30ブル
ホテル 250ブル
喜捨 1ブル
夕食 120ブル スパゲティ他
靴下 25ブル

合計 877ブル

d0360509_17145271.jpg
10月11日
ゴンダール滞在、Fasilides' Bathなど観光
画像はFasilides' Bath

朝食 6ブル ドーナツとティー
コーヒー 5ブル
エチオピアテレコムチャージ 75ブル
マンゴードリンク 12ブル
昼食 35ブル 山羊のカイワット
チマキ 25ブル
乗り合いバン 3ブル
バス代 115ブル シレまで予約
トゥクトゥク 5ブル
喜捨ほか 6ブル
ホテル 250ブル
十字架など 80ブル
ジュース 35ブル
夕食 135ブル ティブスほか

合計 787ブル

d0360509_1722135.jpg
10月12日
バスとバンでアクスムに移動し、Sabean Hotelに3泊しました
画像はバスの途中でコロ(焼き麦)を買った少年(少女か?)

トゥクトゥク 30ブル バスターミナルまで
ドリンク 25ブル
コロ(焼き麦) 5ブル
ペプシ 10ブル
バン 30ブル 乗り換えのシレからアクスムまで
コーヒー 11ブル
夕食 135ブル ラムカレー他⇒長かったアクスムへのバス移動とその日食べたもの
ドリンク 25ブル

合計 271ブル

d0360509_17264827.jpg
10月13日
アクスム滞在、オベリスクなど観光
画像はラクダ、写真撮ったら2ブル取られた(^^ゞ

コーヒー他 6ブル
朝食 35ブル フルとコーヒー
遺跡入場料 100ブル
教会入場料 200ブル
ガイド 100ブル
昼食 90ブル 山羊肉のカイワット⇒アクスム観光のあとの昼食は山羊肉のカイワット
マンゴードリンクとバナナ 43ブル
水とバナナジュース 20ブル
コーヒー 5ブル
ラクダ写真代 2ブル
喜捨 1ブル
夕食 25ブル チマキ⇒私はパーフェクトなチマキ(段々ジュース)が欲しい

合計 627ブル

d0360509_17332768.jpg
10月14日
アクスム滞在、Queen of Sheba Palaceなど観光
画像はアクスムの市場の荒物屋

コーヒーほか 6ブル
朝食 ぬき
タッラ(地ビール) 20ブル
昼食 85ブル ラムシチュー
ホテル 1,050ブル 3泊分
夕食 スパゲティとサラダ 95ブル
ジュース 30ブル

合計 1,286ブル

d0360509_17391164.jpg
10月15日
エチオピア航空でアジスアベバに移動し、アティナ・ゲストハウスに1泊しました
画像はレストランの肉コーナー

朝食 なし
トゥクトゥク 85ブル 空港まで
タクシー 170ブル ゲストハウスまで
昼食 50ブル クックル
ホテル 600ブル 翌日20時チェックアウトなので1.5日分
コーヒーほか 8ブル
乗り合いバン 3ブル
LRT 6ブル ⇐ここでスマホをすられた(>_<)
LRT 4ブル
タクシー 250ブル⇐高い~!!この頃、身も心もボロボロ・・・(:_;)
ファンタ 20ブル
夕食 75ブル シロワット+ツナ⇐このころ心がやや回復(^^ゞ
ドリンク 30ブル

合計 1,301ブル

d0360509_17494039.jpg
10月16日
深夜11:15のエチオピア航空で東京に向かいました
画像はスリ被害にあったLRTスタジアム駅の下

朝食 ぬき
乗り合いバン 3ブル
LRT 2ブル
コーヒー 26ブル
通訳謝礼ほか 200ブル
LRT 2ブル
乗り合いバン 3ブル
昼食 150ブル テレスガ⇒エチオピア旅行の最後は生肉「テレスガ」で飾ろう⇐ここで心が全面回復、ハッピー(^^)v
喜捨ほか 2ブル
コーヒー 10ブル
コーヒー豆 150ブル
チップ 30ブル
タクシー 180ブル
両替ぼったくり分 70ブル

合計 828ブル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

予算合計 16,445ブル=69,069円 (予算は6,000円×11.5日)
実績合計 10,367ブル=43,541円
差し引き 6,078ブル=25,527円のプラスとなりました(^^)v

予算1日当り 6,000円
実績1日当り 3,786円
エチオピアは安く済みましたね~(^^)v
次に行く時は1日4,000円の予算でいいかも

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

各国での一般旅行費の予算比(+が余剰あり)
ベナン +3,240円
トーゴ +350円
ガーナ +11,012円
コートジボアール▲10,070円
エチオピア +25,527
合計 +29,990円(なんか誤差あり)

その他予算の状況
航空券 ▲765円(キャンセル料など)
VISA代 ▲240円
予備費 +40,000円

総予算 312,214円
総実績 243,229円
差額 +68,985円

と大幅な黒字になりました、パチパチ(^^)v

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しかし~!アジスアベバのLRT内でスリ被害にあい、8月に買ったばかりのスマホとSDカード、総額5万円程度を盗られてしまいました・・・えんえん(:_;)
旅行保険より補償が受けられればいいんですが・・・・

d0360509_1828821.jpg
ここは祈るしかございません
祈って必ず補償を受けられると信じましょう(^o^)丿
その場合は、免責3,000円程度の被害になると思われますので旅行費とは別にいたします

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

てことで、今回もバッチリ予算内で旅行できたということにいたしましょう(^^ゞ
by kimcafetr | 2018-09-15 05:31 | エチオピア ETHIOPIA | Trackback | Comments(2)

西アフリカで何を食べてきたのか:整理してみた

西アフリカの4か国(ベナン⇒トーゴ⇒ガーナ⇒コートジボワール)で20泊しました
ローカル料理を食べるのが目的のひとつでしたので屋台でよく食べましたが・・・
いったい何を食べたのか整理してご紹介します(^^ゞ

見方
・食べた場所は、レストラン、食堂、屋台、屋台から持ち帰りなどに分類
・食事の種類は、ローカル食、洋食、中華などに分類
・主食はローカル名だが、同じような食べ物でも原料・場所・民族などによって呼び名が違うのでなかなか複雑です
・原料はローカル食のみ、パンなどは略した
*リンク先は詳細ページです


◆9月15日 ベナンのコトヌーに到着

夕食:【レストランでローカル食:主食 アチェケ:原料キャッサバ】
d0360509_11594639.jpg
ベナンの第1食はシェ・ママン・ベニンでアチェケやらカタツムリやら


◆9月16日 コトヌー滞在、たけしの日本語学校など訪問

朝食:【屋台でローカル食:主食パット:原料トウモロコシ】
d0360509_12102676.jpg
西アフリカの屋台や如何に?第一食はパット&魚スープでした

昼食:【屋台でローカル食:主食 アグゥ+テリボ:原料ヤムイモ】
d0360509_12112026.jpg
d0360509_12113170.jpg
たけしの日本語学校のみなさんと一緒に食べました(^^)v⇒ベナンのコトヌーにある「たけしの日本語学校」を訪問しました

夕食:【屋台でローカル食:主食 アタスィ:原料 米】
d0360509_12134163.jpg
街角でベナン式赤飯アタスィの夕食

◆9月17日

朝食:【屋台でローカル食:ブィーまたはココ:原料トウモロコシ】
d0360509_12143992.jpg
シェアタクシー満席待ちにブイーで朝食を決めてみた

アボメイに移動

昼食:【屋台でローカル食:アタ?:インゲン豆?】
d0360509_12171159.jpg
名称不明のスナックです、バジルソースのような色の辛いソースを付けて食べます

夕食:【レストランでローカル食:主食 ガリ:原料キャッサバ】
d0360509_12173458.jpg
アボメイのChez DelphanoでGariの夕食

◆9月18日 ガンヴィエの水上ホテルに移動

朝食:【なし】
d0360509_12184482.jpg
移動で朝食を食いはぐれ・・・車の中で揚げせんのようなものを買ってみたが堅くて歯が立たず(^_^;)

昼食:【屋台でローカル食:主食 ウォー:原料トウモロコシ】
d0360509_12194949.jpg
型に入っているのが面白いですね(^^ゞ⇒アボメイ・カラビの市場でウォーを食べてみた

夕食:【ホテルで洋食】
d0360509_12205636.jpg
ガンヴィエの水上ホテルの夕食です、ビーフカレー、グリルフィッシュなど、とても食べきれない量です(^^ゞ

◆9月19日

朝食:【ホテルで洋食+ローカル食:主食 エヴァ:原料キャッサバ】
d0360509_1222655.jpg
d0360509_1222164.jpg
同じくガンヴィエの水上ホテルで、朝のフローティングマーケットで買ってきたエヴァ(下画像)も一緒に食べました

コトヌーに移動

昼食:【食堂でローカル食:主食 黒ウォー:原料トウモロコシ?】
d0360509_12235897.jpg
コトヌーのゲストハウスの近くの食堂で、黒ウォーは原料に何か入っているのか?

夕食:【高級フルーツパーラーでフルーツ】
d0360509_12252242.jpg
ベナンにこんな店あるの?という感じのオサレな店でした、食べたのはフルーツの串焼き(^^ゞ

◆9月20日

朝食:【屋台でローカル食:主食米】
d0360509_12263541.jpg
別のゲストハウスの前の屋台で、ソースと卵、揚げチーズです

ウイダーに移動

昼食:【屋台でローカル食:主食アチェケと豆:原料キャッサバと豆】
d0360509_12302421.jpg
ウィダーの蛇寺前でアチェケとシトロンジュス

夕食:【屋台から持ち帰りでローカル食:主食パン】
d0360509_12324580.jpg
魚のペーストを塗ったフランスパン他です

◆9月21日 トーゴのロメに移動

朝食:【シェアタクシーの中でローカル食:主食アカザORカッファ?:原料 トウモロコシ?】
d0360509_1234490.jpg
d0360509_12341414.jpg
狭いシェアタクシーの中ですが、食べ物を買うチャンスがあったらとにかく買う・・・(^^ゞ 逃すと食いはぐれます
ういろうのような主食と小魚のフライでした

昼食:【屋台でローカル食:主食米】
d0360509_12355693.jpg
炭水化物+炭水化物⇒Le Galion の近くでパスタ&ライスのランチ

夕食:【食堂でローカル食:主食パン】
d0360509_12382180.jpg
これもホテルの近く、ローストチキンとサラダ、パン

◆9月22日 ロメ滞在、呪物市場など見学

朝食:【屋台でローカル食:主食米】
d0360509_12391115.jpg
ビーフシチューライスです⇒海岸通でビーフシチューの朝食+カフェオレ

昼食:【食堂でローカル食:主食アカザ:原料?】
d0360509_12403457.jpg
アカザもういろうっぽいツルンツルンです

夕食:【ホテルで洋食】
d0360509_12413486.jpg
豪雨で外に出られず・・・やむなくホテルで食べましたが、旨いもんですね(^^ゞ

◆9月23日 ロメ滞在、博物館など見学

朝食:【屋台でローカル食:主食パン】
d0360509_12423052.jpg
サンドイッチとカフェオレですが、サンドイッチの具はひと工夫したかった(^^ゞ

昼食:【屋台でローカル食:主食パット:原料?】
d0360509_1244531.jpg
グランマルシェでパット&モツ&ネバネバ

夕食:【屋台から持ち帰りでローカル食:主食アカザ?:原料?】
d0360509_12464775.jpg
夕食というか夜食、つるつる系です

◆9月24日 カラに移動しました

朝食:【バスの中でローカル食:菓子パン】
d0360509_1247893.jpg
バスの乗り場で購入、カステラと甘食の中間ぐらいのもの(^^ゞ

昼食:【バスの中でローカル食:串焼き】
d0360509_1248126.jpg
バスの休憩で、これと木の実くらいしか買えなかった(^^ゞ

夕食:【屋台から持ち帰りでローカル食:主食 カッファ:精製トウモロコシ】
d0360509_12485337.jpg
トーゴ北部のカラの町でローカルな持ち帰り夕食

◆9月25日 カラ滞在、クタマク観光

朝食:【屋台でローカル食:ブィー:トウモロコシ?】
d0360509_12495957.jpg
朝はこの屋台が多いです(^^ゞ

昼食:【屋台でローカル食:主食?:原料?】
d0360509_1251857.jpg
カンデの屋台で、名称と原料不明ですが、ベナンのウォーみたいなもの?(^^ゞ

夕食:【レストランでローカル食:主食 Ayimolou:原料 米】
d0360509_12532157.jpg
トーゴ北部のカラの町で、あんまりレストランはないです(^^ゞ

◆9月26日 ロメに移動

朝食:【屋台でローカル食:バラまたはブィー:トウモロコシ?】
d0360509_12543923.jpg
またまた、お世話になりました、ドーナツが付き物です(^^ゞ

昼食:【屋台でローカル食:主食 カッファ?:精製トウモロコシ?】
d0360509_12553076.jpg
バスの休憩時間に屋台で食べる離れ業もできるようになりました(^^ゞ

夕食:【レストランで中華:主食 麺】
d0360509_1257226.jpg
トーゴ最後の夜は新中国城で焼きそば

◆9月27日

朝食:【屋台でローカル食:主食サンドイッチ】
d0360509_12572472.jpg
フランスパンサンドとカフェオレを食べてガーナ国境に向かう

ガーナのアクラに移動

昼食:【屋台でローカル食:主食 ビーンチと揚げバナナ:原料 豆とプランティン】
d0360509_130282.jpg
炭水化物ばっかりだが旨い(^^ゞ⇒アクラの街を散歩して豆シチューのランチも食べてみた

夕食:【食堂でローカル食:主食 バンクー:原料 キャッサバとトウモロコシ】
d0360509_1313062.jpg
珍しくローカル食の食堂があった

◆9月28日 アクラ滞在、棺桶工房など見学

朝食:【屋台でローカル食:主食 オモトゥ:原料 米】
d0360509_132304.jpg
オモトにはパームスープと肉でしょうね

昼食:【屋台でローカル食:主食 ガリ:原料 キャッサバ】
d0360509_1364261.jpg
ガリというのもいろいろありますがフランス語らしい⇒MAA OYOOのガリとオクラスープ

夕食:【屋台でローカル食:主食 ジョロフライス:原料 米】
d0360509_137374.jpg


◆9月29日

朝食:【屋台でローカル食:主食 ココンテ:原料 キャッサバ】
d0360509_1373531.jpg


ケープコーストに移動

昼食:【屋台でローカル食:主食 ケンケ:原料 トウモロコシ】
d0360509_138136.jpg
醗酵してます(^^ゞ⇒ケープコーストの漁師町通りで初めてのケンケ

夕食:【屋台から持ち帰りでローカル食:主食 パンと揚げバナナ】
d0360509_1392085.jpg


◆9月30日 ケープコースト滞在、ケープコースト城見学

朝食:【屋台でローカル食:主食 ポリッジ:原料 ?】
d0360509_1310269.jpg
こちら流は袋の角を千切ってチューチュー吸います(^^ゞ


昼食:【屋台から持ち帰りでローカル食:主食 フフ:原料 ヤムイモ】
d0360509_1311896.jpg
楽しいです(^^ゞ⇒ケープコーストで日曜にフフを搗いてもらった

夕食:【屋台から持ち帰りでローカル食:主食 白ケンケ:原料 トウモロコシ?】
d0360509_13134272.jpg
白ケンケにブラウンケンケ・・・?(^^ゞ⇒白ケンケほかを部屋食してみた

◆10月1日 ケープコースト滞在、エルミナ城見学

朝食:【屋台でローカル食:主食 ワチェ:原料 米】
d0360509_13131459.jpg
朝は定番のガーナ赤飯ワチェでいってみた

昼食:【屋台から持ち帰りでローカル食:惣菜パンとフルーツ】
d0360509_1314350.jpg
d0360509_1315552.jpg
惣菜パンの移動販売車がいました(^^ゞ

夕食:【雨のため外に出られず残り物で・・・】
d0360509_13145124.jpg
d0360509_13151339.jpg
残り物総動員でなんとかなった(^^ゞ
このトマトは旨そうだけど、そうでもない、料理向きなのかな?(^_^;)

◆10月2日 コートジボワールのグランバッサムに移動

朝食:【移動中屋台のドーナツのみ】
d0360509_13164424.jpg
そういうこともあります(^^ゞ

昼食:【抜き】
移動優先です

夕食:【屋台から持ち帰りでローカル食:主食 アチェケ:原料 キャッサバ】
d0360509_131733100.jpg

持ち帰りで豪華にいってみました(^^ゞ⇒グランバッサムのリゾートホテルでアチェケほかの豪華な夕食

◆10月3日 グランバッサム滞在

朝食:【ホテルで洋食:主食 パン】
d0360509_13201497.jpg

ハムとか卵とかなし・・・(^_^;)
コーヒーもネスカフェでした

昼食:【屋台でローカル食:主食 サンドイッチ】
d0360509_1321553.jpg
グランバッサムの学校脇でサンドイッチを買ってみた

夕食:【レストランでローカル食:主食 米】
d0360509_1322555.jpg
チキンカレー、量が多くなかなか旨かったがお値段も3000フラン=600円とそれなり(^^ゞ

◆10月4日 グランバッサム滞在

朝食:【ホテルで洋食:主食 パン】
d0360509_13253868.jpg


昼食:【食堂でローカル食:主食 フトゥバナンとプラカリ:原料 ヤムイモ+プランティンとキャッサバ】
d0360509_1326283.jpg
黄色いフトゥバナンはバナナ入りフフですね(^^ゞ⇒トレッシュビルとプラトーを散歩して、ランチはフトゥバナンとプラカリ

夕食:【屋台から持ち帰りでローカル食:主食 プランティン、ヤムイモ、タロイモ】
d0360509_13275330.jpg

1軒の屋台で3種類売っていたので食べ比べしてみることに(^^ゞ

◆10月5日 空路でエチオピアに移動

朝食:【抜き】
機内食を期待して抜きにしてみました(^^ゞ

----------------------------------------------
まとめ

食べた場所
・屋台 41回(持ち帰り含む)67%
・レストラン 11回 18%
・食堂 3回 5%
・抜き、スナックのみ 6回 10%

食べたもの
・ローカル食 46回 78%
・洋食中華 6回 10%
・抜き、スナックのみ 6回 10%
・その他 1回 2%

主食(ローカル食のみ、1食で2品を数える場合あり)
・練り物系、穀物加工 26品 51%
・米 8品 16%
・パン 7品 14%
・粥系 4品 8%
・豆その他 6品 12%

屋台+食堂で72%、ローカル食で78%という結果、満足です
いろいろ食べましたからね(^^ゞ
ガーナのアクラを除くと夜は屋台がなく適当な食堂もないので持ち帰りが多くなりますね
ローカル食の主食内訳もなかなかよかったんじゃないでしょうか(^^ゞ

心残りは、ベナンのアブロ(米で作る蒸しパンのような料理)、トーゴのバオバブジュース、ガーナのTZ(練り物)、アボカドソースのサンドイッチというところでしょうか
しかし、それもこの期間では無理な感じでした
いつかまた食べに行きたいもんですね(^^ゞ
by kimcafetr | 2018-09-14 14:24 | ☆☆西アフリカの旅 準備と整理 | Trackback | Comments(0)