人気ブログランキング |


ついに旅立ちました(^^)v


by kimcafe

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

☆☆第1の旅(準備・整理)
バンコク・カオサン
コルカタ
ベナレス
クシナガル
ルンビニ・タンセン
ポカラ
ムクティナート
カトマンズ
デヴガート・ジャナクプル
パトナ
ブッダガヤ・ラージギル
ジャールカンド州
スルタンガンジ・カハルガオン
☆☆第1の旅 その他
☆☆第2の旅(準備・整理)
パタヤ&東海岸
シアヌークビル
トンレサップ湖一周&ラタナキリ
プノンペン
メコンデルタ
ホーチミン
ベトナム中部
ラオス:シーパンドン・パクセ
ラオス:サワナケート・パクサン
タイ・イサーン
☆☆第3の旅(準備・整理)
タイ・中部南部
マレーシア
シンガポール
インドネシア・ジャワ
東ティモール
インドネシア・東ヌサテンガラ
インドネシア・西ヌサテンガラ
☆☆西アフリカの旅 準備と整理
ベナン BENIN
トーゴ TOGO
ガーナ GHANA
コートジボワール Cote d’Ivoi
エチオピア ETHIOPIA

タグ

(83)
(80)
(57)
(39)
(32)
(23)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(3)

旅行計画

旅先でkimcafeに会ってみたい方がいたら気軽に声をかけてくださいね(^^ゞ
★メールはこちらへ(@を小文字に直してね)⇒kimcafe@wonder.ocn.ne.jp

1.【無事終了しました(^^)v】第1の旅(2017.8.18-11.15)
【インド・ネパール】
バンコク⇒コルカタ⇒ベナレス⇒クシナガル⇒ルンビニ⇒タンセン⇒ポカラ⇒タトパニ⇒ムクティナート⇒ポカラ⇒カトマンドゥ⇒デヴガート⇒ジャナクプル⇒パトナ⇒ブッダガヤ⇒ラージギル⇒シカージ⇒スルタンガンジ⇒コルカタ⇒カンチャナブリ⇒バンコク

2.【無事終了しました(^^)v】第2の旅(2017.12.2-2018.3.1)
【インドシナ1周小回り】
バンコク⇒パタヤ⇒シアヌークビル⇒シェムリアップ⇒ラタナキリ⇒プノンペン⇒チャウドック⇒カントー⇒サイゴン⇒フエ⇒ホイアン⇒ドンデット⇒サワンナケート⇒ノンカイ⇒ロイエット⇒ムクダハン⇒ウボン⇒バンコク

3.【無事終了しました(^^)v】第3の旅(2018.5-8)
【海洋アジアその①】
南タイ⇒ペナン⇒マラッカ⇒シンガポール⇒バタム島⇒ジャカルタ・ジャワ島⇒バリ島⇒東チモール⇒フローレス島・ランバタ島⇒ロンボク島⇒バリ島

4.【無事終了しました(^^)v】特別版①(2018.9-10)
【西アフリカ&エチオピア】
ベナン⇒トーゴ⇒ガーナ⇒コートジボワール⇒エチオピア

5.【無事終了しました(^^)v】第4の旅(2018.12-2019.2)
【南インド・スリランカ】
ムルガン神の聖地巡り、スリランカ仏跡巡り(記事はkimcafeトラベリング2に移動しました)

------以下の旅はkimcafeトラベリング2です------

6.特別版②(2019.9-11)
【アマゾン河下り】
エクアドル⇒ペルー⇒ボリビア⇒ペルーのあと、ペルーのアマゾン、ユリマグアスからイキトス、ブラジルまでハンモックの船で:暇でしょうね(^^ゞ

7.特別版③(2019.12-20.2)
【バンコクステイ】
あこがれのバンコクアパート暮らしです(^^ゞ
ビザの更新に2回は出国必要です、1回はクアラルンプールのタイプーサムだな

8.第5の旅(時期未定)
【海洋アジア②】
フィリピン⇒東マレーシア⇒ボルネオ島⇒ブルネイ⇒KL⇒スマトラ島

9.第6の旅(時期未定)
【西インド・パキスタン】

10.第7の旅(時期未定)
【インドシナ1周大回り】
香港⇒広西⇒ベトナム⇒雲南⇒ラオス⇒北タイ⇒バンコク

11.特別版④(時期未定)
【エジプト周遊】
エジプト・イスラエル・ヨルダン

12.第8の旅(時期未定)
【東インド・バングラデシュ】
ブータンに安く行ければ行きたい(^^)v

13.特別版④(時期未定)
【マダガスカル周遊】
マダガスカル&ケニア・タンザニアORエチオピア南部:朗報です、エチオピア航空が飛ぶ(^^)v

14.第9の旅(時期未定)
【北インド・中部インド】
ウッタラカンド、ヴィシュノデビなど北部のヒンドゥ聖地、オームカレシュワルなど中部のヒンドゥ聖地巡り

15.第10の旅(時期未定)
【マレー半島・ミャンマー・北タイ】

16.特別版⑥(時期未定)
【陸路で中央アジアまで】
船で上海⇒鉄道でウイグル⇒中央アジア周遊

最新の記事

西アフリカの旅のコースとハイ..
at 2018-10-20 16:38
アフリカの旅 エチオピアのハ..
at 2018-10-19 21:15
「特別版 西アフリカとエチオ..
at 2018-10-18 13:33
ベナンでMTN社のSIMカー..
at 2018-10-16 23:10
ベナンのコトヌーにある「たけ..
at 2018-10-16 12:51
コトヌーのダントッパ市場の呪..
at 2018-10-16 12:42
呪物市場第二弾!殺したてのコ..
at 2018-10-15 21:24
アボメイの王宮を訪ね歴代王の..
at 2018-10-15 06:49
アボメイのユニークホテル、シ..
at 2018-10-15 04:43
水上都市ガンヴィエのHote..
at 2018-10-14 19:52

最新のコメント

とんびさん ブログの予..
by kimcafetr at 23:40
え、え、えっ、、今年年末..
by とんび at 21:05
とんびさん いけね、変..
by kimcafetr at 09:40
予定変更ですね。左側の欄..
by とんび at 00:48
とんびさん まだですよ..
by kimcafe at 17:31
新しいブログを開設し、以..
by とんび at 21:52
yossyさん タンマ..
by kimcafetr2 at 19:15
本院に行かれるなら、可愛..
by yossy at 16:42
yossyさん コメン..
by kimcafe at 19:36
お返事ありがとうございま..
by yossy at 10:43

最新のトラックバック

マラッカのシーク寺院でラ..
from kimcafeのB級グルメ旅
カピタン・クリン・モスク..
from kimcafeのB級グルメ旅
ERIKOカラオケでパタ..
from kimcafeのB級グルメ旅
スーパーのカツ丼を食べて..
from kimcafeのB級グルメ旅
念願!代田の宮川でうな重
from kimcafeのB級グルメ旅
歌舞伎&回転寿司でJAP..
from kimcafeのB級グルメ旅

検索

以前の記事

2020年 06月
2019年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
旅行家・冒険家

<   2018年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

フローレス島の宿6軒紹介

d0360509_10402173.jpg
地図はZenTechさんよりお借りしました

ずいぶん田舎というか辺境だろうと思っていたフローレス島ですが、意外や開けた土地で、西洋人のツーリストもいっぱいいました
本来なら、ゆっくりのんびり滞在すべき土地なんですが、PERAMAのツアーボートの予約に合わせてラブアンバジョに着くために駆け足の横断となりました
おかげで6つの宿にそれぞれ1泊づつというあわただしさでした(^^ゞ

2018年7月20日
d0360509_10245789.jpg
①HOTEL RULIES
西ティモールからのPELNIフェリーで1泊し、ランバタ島のラマレラに向かう途中で1泊したララントゥカの宿です
直接訪問して探しました
冷水シャワー、朝食付きで、13万ルピア=1,040円でした
宿の人は親切でいい宿でした(^^ゞ

d0360509_10292926.jpg
d0360509_10294930.jpg
d0360509_1031121.jpg
d0360509_10302636.jpg
部屋にはベッドが3つ、デスクがあるのでパソコン作業にはぐぅでした
朝は早くから「健康の会」の集会の音で起こされる(^^ゞ
フローレス島のララントゥカで健康の会の集会に参加

7月25日
d0360509_10423480.jpg
②ブルーオーシャン・コテージ
ラマレラを朝4時のトラックバスで立ち、ララントゥカを経由して着いたのがマウメレという町です
ただひとつ名前を知っていたゲストハウスでバスを降ろしてもらったら満員!?(^_^;)
この1キロ先にホテルがあるよと言われて来たのがブルーオーシャン・コテージでした
お客はほとんど西洋人のツーリストです
オーシャンフロントのコテージで、ステキな庭があり、部屋にはエアコンとオープンなシャワー付き、WIFIはレストランでないとつながらない・・・
お値段は最初50万ルピア=4,000円だったんですが、値切り倒して35万=2,800円でした(^^ゞ

d0360509_10504542.jpg
d0360509_10505668.jpg
エアコン付きの部屋
第3の旅ではクパンのAVALON依頼かな・・・

d0360509_10515936.jpg
リゾート気分いっぱいのオープンなシャワールーム(^^ゞ

d0360509_1052291.jpg
ホテル前のビーチの夕日
ああ、こいうとこは恋人と来るもんですね(^^ゞ

d0360509_10531189.jpg
d0360509_10532353.jpg
夕食のナシゴレン:3万ルピア=240円と朝食の目玉焼き付きパンケーキ(込み)
辺りにはレストランがないのでここで食べるほかないですね(^^ゞ

7月26日
d0360509_1055532.jpg
③Hotel Elisabeth
マウメレからは車をチャーターして、クリムトゥ山を観光しながら高原の町バジャワに移動しました
ところが、宿がどこも満室で焦りました(^_^;)
ドライバー氏と車で数軒回ってやっとみつけたのがこの宿、ホテル・エリザベス:15万ルピア1,200円でした
バジャワは宿が固まっていないので、車がなかったら往生していたものと思われます

d0360509_1102186.jpg
d0360509_1103446.jpg
水シャワー、朝食(パンとコーヒー)、WIFIはルーターのスイッチが入ってなかったようで朝までつながらなかった・・・

d0360509_1125739.jpg
d0360509_113884.jpg
朝食はロビーの奥のテーブルで・・・

7月27日
d0360509_114326.jpg
④HOTEL SILVARIN
ドライバー氏の紹介で同じバジャワでホットシャワーのあるHOTEL SILVARINに移動しました
本来は20万ルピア=1,600円のところ15万=1,200円にしてくれました

d0360509_1185780.jpg
d0360509_1191073.jpg
d0360509_1192146.jpg
d0360509_1193186.jpg
ホットシャワー、WIFI(フロント側の部屋)、朝食付きと快適ですが、町から離れているので夕食は魚代を出して宿の賄い飯を食べさせてもらいました
バジャワのゲストハウスでイカン付きの賄い飯
清潔で若いスタッフもいい感じです(^^ゞ

d0360509_11123344.jpg
d0360509_1112431.jpg
朝ご飯は隣のヒンドゥー寺院を見ながら2階のベランダで食べました(^^ゞ


7月28日
d0360509_11133133.jpg
d0360509_11162829.jpg
⑤MJR チケッティングゲストハウス
ルーテンという高原の町のゲストハウスで、ブッキングドットコムで予約しました
こちらの奥さんは日本の方で、さすがに日本という清潔さと気配りにあふれていました

d0360509_11164960.jpg
d0360509_111726.jpg
2階の部屋、WIFIは弱い、温水シャワー共同で186,000ルピア=1,488円でした

d0360509_11193394.jpg
d0360509_11194319.jpg
温水たっぷり、共同シャワーですがトイレ部分はカーテンで仕切れるので便器が濡れない!(^^ゞ

d0360509_11205793.jpg
蚊取り線香使用禁止とあり、代わりにこの電子蚊取りを使用してくれと・・・涙がちょちょぎれるサービスですね(^^)v
できれば3泊してルーテンでゆっくりしたかったんですが・・・

7月29日
d0360509_112539.jpg
⑥Siola Hotel
PERAMAのボートが出発するラブアンボジョの町のホテルで、ブッキングドットコムで予約しました
町の西海岸沿いにはツーリスト向けのレストランやショップが立ち並びますが、ここは北側の漁港に面したローカルな地域で、私的にはその方がありがたかったです(^^ゞ

d0360509_11275767.jpg
d0360509_11281754.jpg
冷水シャワー、WIFI付きで17万ルピア=1,360円でした

d0360509_11285168.jpg
d0360509_1129638.jpg
部屋は3階ですが、4階に広いベランダ(従業員室も)があり、洗濯ものが干せること・・・(^^)v
1泊が続いていたので洗濯物がピンチだったんで助かりました

マウメレで満室とか50万ルピア言われてびっくりでしたが、その後はできるだけブッキングドットコム等で予約するようにしました
安宿があるのかはっきりしない土地ではホテル予約サイトで見当を付けておくに限りますね

フローレス島での6泊は、1,040円+2,800円+1,200円+1,200円+1,488円+1,360円=9,088円
1泊平均1,515円となりました
インドネシアでの予算は1日コミコミで3,200円、宿泊は1,000~1,200円見当ですのでだいぶオーバーでした
フローレス島は意外と開けているけど、バリやジャワほどではない⇒なんでお金かかる、てなところでしょうか(^^ゞ
by kimcafetr | 2018-05-29 11:44 | インドネシア・東ヌサテンガラ | Trackback | Comments(0)

PERAMA社のSANTOSO号で航海記 その1

2018年7月30日-8月1日
d0360509_18501781.jpg
昔、バリのウブドのPERAMA事務所でツアーのパンフレットを見たんです
ヨットのようなクルーズ船でコモド島などを回りながら航海するんです
いつかそれに乗りたいと思っていました(^^ゞ

PERAMA社のHPを見ると、Hunting Komodo by Cameraというツアーがそれですね
船はロンボク島とフローレス島のラブアンバジョを結んでいて、ロンボクからラブアンバジョは2泊3日、ラブアンバジョからロンボクは2泊2日(夜から乗船)となっています
行と帰りで寄港地が違い値段も異なります
ロンボクからラブアンバジョはキャビンクラス330万ルピア=26,400円、デッキクラスは220万ルピア=17,600円、ラブアンバジョからロンボクはキャビンクラス220万ルピア=17,600円、デッキクラス150万ルピア=12,000円
4泊5日の通しで乗ることも可能です

私の場合、フローレス島からバリ島まで戻らなくてはなりませんので観光しながら帰れるこの船はまさにぴったりなものでした(^^)v
キャビンクラスとデッキクラスで迷うところですが、東ティモールで予算を大幅に下回ったのでここはキャビンクラスを張りこみました
*入場料・ガイド料が別に25.5万ルピア=2,040円かかります

d0360509_1952044.jpg
乗船の当日です
船に乗るのは18時でその夜は食事とパーティーで終わりだそうです
ホテルを12時にチェックアウトして、集合場所のPERAMAの事務所に早々に向かいました
出発まで荷物を預かってもらい、ついでに電源も借りて時間までパソコン作業をしようという作戦です(^^ゞ

d0360509_1983351.jpg
d0360509_1984675.jpg
18時に事務所を出発して港から小船でSANTOSO号に乗船です
やっぱ、いいですね、胸が高鳴ります(^^ゞ

d0360509_19101864.jpg
d0360509_19103117.jpg
まずは、部屋の割り当てです
Room with fan ( based on sharing ) とあったので相部屋になることを覚悟していたんですが、なんと2人部屋をひとりで使っていいと・・・ラッキー!(^^)v
というのも、ひとりで参加しているのは私だけだったんです
25人ほどの乗客のうち70%はカップル!あとは、子連れの家族が2組、男性と女性のグループが一組づつ・・・
しかも、私がどうみても最高齢なんです・・・ま、いいけど(^^ゞ

d0360509_1915438.jpg
d0360509_1915151.jpg
デッキクラスはこんな感じです
ここは食事をする場所なんでキャビンクラスのように航海中ずっとゴロゴロしているわけにはいかないのが辛いところですね(^^ゞ

d0360509_19165199.jpg
改めてキャビンクラスとデッキクラスの差を見てみると・・・
キャビンには毛布とタオル、デッキはマットと枕だけみたいです・・・キャビンクラスにしてよかった(^^ゞ

d0360509_19195328.jpg
あと、水のビッグボトル、コーク缶、ビール缶、ビスケット1袋が毎日支給されます

d0360509_19212769.jpg
もちろん船内でも飲み物やスナックを購入することができます
勝手にクーラーボックスから取ってここにメモしてあとで清算だそうです
私は配給の飲み物やスナックだけで我慢して、一切お金を使いませんでした(^^ゞ

d0360509_1924141.jpg
d0360509_19241149.jpg
さて、船内探検です
ここはもうひとつのデッキです
最初の晩にここでダンスパーティーをやっていたんですが、私のキャビンはこの下だったので煩かった(^^ゞ

d0360509_19255186.jpg
d0360509_19269100.jpg
船首では体を焼いている人がいます
後のデッキの上に登れて四方の海を見晴らすことができます

d0360509_19284126.jpg
キャビンは前と後ろに10室ほどあります

d0360509_19285759.jpg
ここはキッチン&クルーの部屋のようです

d0360509_19301917.jpg
d0360509_19302834.jpg
トイレと洗面台
トイレ兼シャワー室は5つあるので困りません
洗面台では歯磨き時にはひとが集まる感じですね

第1の目的地:リンチャ島
d0360509_19335780.jpg
d0360509_1934959.jpg
さて、初日はラブアンバジョに停泊したまま、夕食とパーティーで終わり
早朝から航海して、7時ごろにリンチャ島に到着します
ここはコモド島と同様にコモドドラゴンが見られる島なんです

d0360509_193769.jpg
自然公園のガイドさんの説明を聞きます

d0360509_19374732.jpg
d0360509_19384752.jpg
すると、いきなりコモドドラゴン登場です(^^ゞ

d0360509_19404833.jpg
d0360509_19425934.jpg
d0360509_19431257.jpg
当然、こんな感じで撮影大会になりますが、個人的にはうーんでした(^^ゞ

d0360509_1944686.jpg
あんまりコモドドラゴンに近づくと注意されますが、向こうからやって来ると、思わず逃げちゃいます(^^ゞ

d0360509_19451581.jpg
d0360509_19452646.jpg
d0360509_19453724.jpg
d0360509_1945518.jpg
ガイドさんの先導で島内のトレッキングコースを巡りますが、途中ではコモドドラゴンに会わずでした
鹿や水牛がいて、コモドドラゴンの餌になっているとか・・・?
鹿はいいとして、水牛を食べるの?(^_^;)

d0360509_19474894.jpg
スタート地点に戻ると、小型のコモドドラゴンがまたまた登場です
餌付けしてんじゃないでしょうね(^^ゞ

第2の目的地:Gili Laba島
d0360509_19504218.jpg
d0360509_1951930.jpg
ボートを曳航しなから着いたのはコモド島の近くの小島、Gili Labaだそうです

d0360509_19515339.jpg
d0360509_1952359.jpg
ここも小船で上陸し、スノーケリングをやります
しかし、マスクは貸してくれるけどフィンがないんですよね(^_^;)
元スキンダイビングクラブの私としては不満でございます(^^ゞ
で、1日目のアクティビティは終了です

その2に続きます
by kimcafetr | 2018-05-28 11:55 | インドネシア・東ヌサテンガラ | Trackback | Comments(0)

PERAMA社のSANTOSO号で航海記 その2

2018年7月30日-8月1日
d0360509_1014419.jpg
2日目の寄港も終わり、あとはひたすら走ります
室内に電源はありますが、陸に近くないと電波が届かないので、ブログ更新の準備とか保存した動画を見て過ごしました(^^ゞ
その日は夜通し航海をしていました
2段ベットの上を作業用、下を就寝用に使って贅沢クルーズでございます(^^)v

第3の目的地:モヨ島
d0360509_10175631.jpg
翌朝、着いたのがモヨ島という島
リゾートもある島だそうですが、船が着いたのは普通の村でした

d0360509_10202882.jpg
村を通り過ぎて、どんどん歩きます

d0360509_10204331.jpg
d0360509_10213585.jpg
すると、着いたのは滝です
この滝で水遊びするのが目的ですね(^^ゞ



みんな次々とロープでターザンぽく飛び込んでいきますが・・・(^_^;)
高所恐怖症のkimcafeとしては、限界ギリギリのレベルですね
しかし、飛びましたよ、ロープで1回、崖からドボンで1回・・・(^^)v
ここで勇気があるところを示さないとね(^^ゞ

d0360509_1025253.jpg
d0360509_10252075.jpg
そして、再び航海です
これは操縦体験・・・じゃなくて、徒然に操縦室を訪ねたらキャプテンが操縦してみろと・・・
実に友好的、かつゆるくてステキです(^^)v



海を見ていたらイルカが来ました(^^)v
ホーホーという声はイルカを呼ぶ声です
旨そうと思ったのは、私だけ・・・

第4の目的地:Keramat 島
d0360509_10275741.jpg
d0360509_1028967.jpg
最後の寄港地はKeramat という小さな島です
長さ500メートル、幅200メートル、海抜50センチくらいかな、ホントに小さな島です(^^ゞ

d0360509_10303317.jpg



d0360509_10304664.jpg
夫婦2人だけが住んでいて観光客を迎えているみたいですね
泳ぐのもいいですが、ヤシの木の間にあったハンモックで久々にくつろぎました

d0360509_1033815.jpg
しかし、この島は地震のあったロンボク島の隣なんです
もし、地震があって津波が来たらひとたまりもないですね・・・(^_^;)
事実、この4日後にはロンボクで大きな地震があったんです

SANTOSO号での食事
d0360509_10383850.jpg
d0360509_1039417.jpg
d0360509_10392461.jpg
船での食事はデッキでビュッフェです
けっこう並ぶし、席も足りない感じですが、お替りがどんどん来るので足りなくなることはありませんよ(^^ゞ

d0360509_1041149.jpg
1日目の夕食
フライと目玉焼きと焼きそばとご飯かな・・・(^^ゞ

d0360509_10431645.jpg
2日目の朝食
パンケーキとフルーツ

d0360509_10435534.jpg
リンチャ島から戻ったら用意されていたフルーツカクテル(^^ゞ

d0360509_10444099.jpg
2日目の昼食
ガドガドです、野菜がいっぱい食べれていいですね(^_^)

d0360509_10452738.jpg
2日目の夕食

d0360509_10512263.jpg
3日目の昼食
あれれ、朝食がないな・・・?(^_^;)
いかん、撮り忘れたか

d0360509_10523373.jpg
3日目の夕食
最後はロンボクの港の沖で食べます
これはビュッフェではなく盛り切りのナシ・ゴレンでした
ロンボクに着くまでの数時間は海が大荒れで、部屋でじっとしている他はなにもできず、食欲もなかったんですが
みなさん平然と食べてました(^^ゞ

d0360509_105501.jpg
ロンボクの港から、宿泊地のスンギギまではPERAMAのバスで送ってくれます
港を出たのが7時頃、着いたのは9時頃でしょうか、けっこう大きな島ですね(^^ゞ
結局、この日も前日も1ルピアも使わず
ビール2本とビッグボトルのの水1本は持ち帰りました(^^)v

by kimcafetr | 2018-05-28 09:06 | インドネシア・東ヌサテンガラ | Trackback | Comments(2)

第3の旅 予算状況その9 クパンからクルーズまで(7月17日ー31日)

予算その9は、インドネシアの東部の島、西ティモールからランバタ島、フローレス島、そしてクルーズ船の15泊です
予算は、1日 3,200円=40万ルピア、1万ルピア=80円で計算しています
未知の土地ばかりどうなるのか?(^^ゞ

d0360509_1804083.jpg
7月17日
東ティモールのディリから西ティモールのクパンまでバンで移動し、LAVALON ゲストハウスに2泊しました、画像は東ティモールのイミグレーション

バイク 10万ルピア 国境でバンに置いていかれバイクで追いかけた、大変な出費ですよ、でも追いついてよかった・・・(^_^;)
昼食 3.5万ルピア 旅行会社指定の食堂、超高い!
ゲストハウス 14万ルピア
夕食 2万ルピア バクソー⇒クパンのムスリム食堂でバクソービアサ
ジュース2本 1.4万ルピア

合計 30.9万ルピア

7月18日
d0360509_18165471.jpg
クパン滞在、画像は沐浴する人たち

朝食 無料 ゲストハウスで
PELNI船のチケット購入 9.25万ルピア クパン⇒フローレス島エンデまで
べモ 0.05ルピア 本当は0.5万ルピアだった(^^ゞ
バイクタクシー 2.1万ルピア
昼食 1万ルピア ナシ・クニン
ジュース 0.4万ルピア
携帯のチャージ(TOP UP) 10.2万ルピア
ベモ 0.5万ルピア
ゲストハウス 14万ルピア
夕食 1.5万ルピア 市場の近くで
ロンタール(椰子の樹液) 1万ルピア⇒クパンの漁港でロンタール売りの天秤棒と出会う
ドリンク 0.6万ルピア
みかん 0.5万ルピア
喜捨 0.2万ルピア

合計 41.3万ルピア

d0360509_18204393.jpg
7月19日
PELNIのフェリーで1泊してエンデに向かいます、画像はPELNIのWIKIS号

朝食 無料 ゲストハウスで
バイクタクシー 10万ルピア 港まで
昼食 1.5万ルピア 港で買った弁当
水 0.5万ルピア
みかん 0.5万ルピア
夕食 無料 船内の食事
カプチーノ 1万ルピア 船内でインスタント

合計 13.5万ルピア

d0360509_18244637.jpg
7月20日
エンデに到着し、バンとミニバスでララントゥカに移動し、HOTEL RULIESに1泊しました

朝食 0.25万ルピア パンと紅茶
チップ 0.7万ルピア ララントゥカ行きのバンを紹介してくれた人に
バン&ミニバス 30万ルピア←高かった!(>_<) 15万で充分
紅茶 0.5万
昼食 サラ(スネークフルーツ) 1万ルピア
ピーナツ 0.3万ルピア
ベモ 1.5万ルピア
ブアマンテガ(椰子の水と果肉ドリンク) 1万ルピア
紅茶 0.5万ルピア
夕食 3.5万ルピア ベベック・ゴレン(アヒルの揚げたの)
ゲストハウス 13万ルピア

合計 52.75万ルピア

d0360509_20362528.jpg
7月21日
船とバスでランバタ等のラマレラに移動し、ウディスさんの民宿に4泊しました、画像はランバタ島までの船

朝食 無料 ゲストハウスで
船賃 5万ルピア ララントゥカ⇒レウォレバ
バイクタクシー 2万ルピア 港からバスターミナル
昼食 2万ルピア
バス 3.5万ルピア レウォレバ⇒ラマレラ
ドリンク2本 0.5万ルピア
夕食 込み ウディスさんの民宿で
ゲストハウス 15万ルピア 3食付き

合計 28万ルピア

d0360509_2043299.jpg
7月22日
ラマレラ滞在、画像は教会の前の船に乗った聖人像

朝食 込み ウディスさんの民宿で
コーヒー 0.2万ルピア
昼食 込み ウディスさんの民宿で
水とドリンク 2万ルピア
夕食 込み ウディスさんの民宿で
ゲストハウス 15万ルピア

合計 17.2万ルピア

d0360509_20575622.jpg
7月23日
ラマレラ滞在、鯨漁に出た⇒鯨漁の村ラマレラ③マッコウクジラ漁にでる、画像はマッコウクジラに向かって漕ぐ漁船

朝食 込み ウディスさんの民宿で
昼食 込み ウディスさんの民宿で
ドリンク 0.2万ルピア
夕食 込み ウディスさんの民宿で
ゲストハウス 15万ルピア

合計 15.2万ルピア

d0360509_210777.jpg
7月24日
ラマレラ滞在、マッコウクジラの解体⇒鯨漁の村ラマレラ⑤マッコウクジラの解体、画像は骨の髄を取る漁師

朝食 込み ウディスさんの民宿で
コーヒー 0.3万ルピア
昼食 込み ウディスさんの民宿で
ドリンクと菓子 0.3万ルピア
ボート代 30万ルピア
夕食 込み ウディスさんの民宿で⇒【速報版】鯨漁の村ラマレラで獲れ獲れのマッコウクジラ
ゲストハウス 15万ルピア

合計 46万ルピア

d0360509_213966.jpg
7月25日
乗り合いトラックとスピードボート、乗り合いバンでマウメレに移動し、ブルーオーシャンコテージに1泊しました

トラックバス 3万ルピア
駐車場代 0.5万ルピア なぜか港に入る駐車場代を私が払った(^_^;)
朝食 1.5万ルピア ナシ・ブンクスほか
スピードボート 10万ルピア
バイクタクシー 2万ルピア
乗り合いバン 6万ルピア
昼食 2万ルピア
バイクタクシー 2万ルピア
コーラ他 1.5万ルピア
ゲストハウス 35万ルピア 簡単に宿が探せるとおもったのに高いところしかなかった(^_^;)
夕食 3万ルピア ゲストハウスで

合計 66.5万ルピア

d0360509_21102356.jpg
7月26日
マウメレから車チャーターでバジャワに移動、エリザベスホテルに1泊しました、画像はクリムトゥ山の火口湖

朝食 無料 ゲストハウスで
クリムトゥ山入場料 16万ルピア
昼食 4.5万ルピア ⇒フローレス島エンデのパダン料理屋でイカのでかいの
車代 50万ルピア 高いが観光プラス移動もできるのでいいかと(^^ゞ
ホテル代 20万ルピア 満員でいくつも断られ・・・(^_^;)
夕食 2万
水とバナナチップス 2.5万ルピア←これも高いよ~(>_<)
コーヒー 1万ルピア

合計 96万ルピア

d0360509_21182638.jpg
7月27日
バジャワから車チャーターで観光、ホテルは変わってSILVERINに移動(ホットシャワーがあるので)、画像はモニ伝統村

朝食 無料 ゲストハウスで
モニ伝統村入場料 2.5万ルピア
GURUSINA伝統村カンパ 1万ルピア
ドリンク 0.3万ルピア
お椀 2万ルピア
昼食 2.5万 なぜか食堂でドライバー氏が作る(^^ゞ
温泉入場料 1万ルピア
車チャーター代 ←昨日に続いて大名旅行です(^^ゞ
ホテル 20万ルピア
夕食代 ホテルの賄い飯を魚代をカンパして食べさせてもらう

合計 84.3万ルピア

d0360509_2128512.jpg
7月28日
バジャワからルーテンに乗り合いタクシーで移動、MRJチケッティング・ゲストハウスに1泊しました

朝食 無料 ゲストハウスで
タクシー 10万ルピア
昼食 1.2万 ルーテンの市場でナシ・イカン
コーヒーとレモン 2万ルピア
コブミカン 0.5万ルピア
ブブル(デザート) 0.5万
ドリンク2本 0.2万
チュッチュー(菓子) 0.5万ルピア
ゲストハウス 18.6万ルピア
ツメきり 0.7万ルピア
夕食 4.5万ルピア パダン料理⇒高原の町 ルーテンでキッキルの夕食

合計 38.7万ルピア

d0360509_213908.jpg
7月29日
ルーテンからバスでラブアンバジョに移動し、SIOLAホテルに1泊しました


朝食 ゼロ 昨日買ったチュッチューほか
バス 11万ルピア
昼食 1万ルピア 市場で
チョコレートコーヒー 0.5万ルピア
ホテル 17万ルピア
夕食 1.5万ルピア ミーアヤム⇒ラブアンバジョでお勧めのミーアヤム(鶏麺)
サラとアイス 2万ルピア
ボールペン 0.2万ルピア

合計 33.2万ルピア

d0360509_21452323.jpg
7月30日
夕方からPERAMA社の観光船SANTOSO号に乗船、2泊でロンボク島まで向かいます、画像は船の自室、2人部屋をひとりで使わせてもらった(^^)v

朝食 1.5万ルピア ナシ・ブンクス
ジュース 0.5万ルピア
昼食 1.5万 バクソー他⇒ラブアンバジョのローカル地区でナシ・ブンブ・アヤムほか
エスチャンプル 1万ルピア
コーラ 0.7万ルピア
船ツアーの入場料 25.5万ルピア (訪問先の公園入場料など)
★船ツアー料金 220万ルピア(別計算:タイと東ティモールで浮いた分を当てます)
夕食 込み 船で

合計 30.6万ルピア

d0360509_21531867.jpg
7月31日
船で移動1日目、リンチャ島でコモドドラゴン見学など、画像はコモドドラゴンを撮るひと

朝食 込み 船で
昼食 込み 船で
夕食 込み 船で
水とコーラ、ビールも付くのでお金かからず

合計 ゼロ (^^ゞ

ーーーーーーーーー
予算 600万ルピア (40万×15日)
実績 597.15万ルピア
差引 2.85万ルピア=228円微のプラスとなりました(^^ゞ

1日当り予算 40万ルピア 3,200円
1日当り実績 39.81万ルピア 3,185円
ーーーーーーーーー

前半のラマレラでお金がかからなかったんですが、フローレスに戻ってからバンバン出ていってしまった(^_^;)
観光気分は危険ですね・・・
by kimcafetr | 2018-05-27 16:09 | インドネシア・東ヌサテンガラ | Trackback | Comments(2)

長かった~!バリ島に向かう2つのフェリー

2018年7月9日:ジャワ島バニュワンギからバリ島まで
d0360509_13395463.jpg
スラバヤ9時発の列車でジャワ島東端のバニュワンギに着いたのは定刻の15:20でした
駅前に待っていたのは、フェリー乗り場まで乗らないかというバジャイです
でも歩いてもすぐと知っていたので歩きます
バニュワンギからバリ島西部のGilimanukまで普通にフェリーで渡り、そこから公共バスでクタを目指すというのが最も安上がりのようですが、乗り換えがあり時間がかかりそうです
今からだとクタのホテルに着くのが夜中になる可能性もあるので、直接バリ島のクタまで乗れるバンを探します

d0360509_13473228.jpg
港の入り口で、バリまで30万ルピア=2400円でどうだと声がかかりました
こういうのを待っていたんですが、30万は高すぎるので値切ってなんとか22.5万ルピア=1800円で行くことにしました
他を当たって粘ればもっと安くできたかも知れませんが、こんなとこで妥協です(^^ゞ

d0360509_13504216.jpg
d0360509_13505662.jpg
バンに乗ったままフェリーに乗り込みます
ドライバーはプロでなく所用でバリに戻るので、小遣い稼ぎに客引きに頼んでお客を乗せているようでした
他のお客は母子1組だけなので、らくちんでした(^^ゞ
フェリー代は最初の料金に含まれています

d0360509_1354224.jpg
船内では2階に上がって寛ぎます(^^ゞ

d0360509_13555492.jpg
d0360509_1356461.jpg
d0360509_13561383.jpg
船内の売店で茹でピーナツ2千ルピア=16円を買います
安くて旨いです(^^)v

d0360509_13572378.jpg
d0360509_13573293.jpg
フェリーで対岸のバリ島Gilimanukまでは1時間くらいとのことですが、そこからクタまで4-5時間(!?)もかかるということです
下手すると夕食を食べ損ねるのでもうひとつタフ(揚げ豆腐)も食べました(^^ゞ
5千ルピア=40円とこれも安くて美味しいです

d0360509_1435431.jpg
フェリーでバリ島に着いたのが5時半くらいでしょうか・・・
噂通り、そこからが長かったです(^_^;)
延々と2車線の道路を走ります
高速があればな~
クタのホテルに着いたのは10時を回っていました
あ~疲れた~(^_^;)

2018年8月4日:ロンボク島スンギギからバリ島まで
d0360509_14324185.jpg
ロンボク島からバリ島のクタやウブドへも、バス+フェリー+バスをセットにしたジョイントチケットというものがあるそうです
スンギギに数ある旅行社の看板を見るとウブドまでスローボートで17.5万ルピア=1,400円というのが多いですね
PERAMAで聞いてみると、スローボートで行くとバリの港Padang Baiで1泊しないとならないというんです(^_^;)
えー!? フェリーが4時間としても、12時に出れば16時には着くのにそれはないでしょう?
Padang Bai港には桟橋が1本しかないので着岸待ちがあり非常に時間がかかるり、PERAMAのシャトル(16時発?)に間に合わない・・・とか
なんだか、自社都合のような気がします
そこで、宿の近くの旅行社で、ウブド行17.5万ルピア、朝10時にホテルにピックアップというチケットを購入しました(^^ゞ

d0360509_14504118.jpg
10時を少し回ってピックアップがあり、港に向かいます

d0360509_14512519.jpg
d0360509_1455963.jpg
港で大分待たされたので、1万ルピア=80円のナシ・ブンクスを食べてランチにしました(^^ゞ

d0360509_14572100.jpg
いよいよ乗船
かなり混乱状態です
同じグループに付いていかないとヤヴァイです(^^ゞ

d0360509_1458262.jpg
d0360509_1458406.jpg
フェリーは元日本の安芸丸という船で、デッキの椅子席、食堂の椅子席、そして絨毯(というかマット?)席があります
絨毯席に寝る場所を確保してやれやれ(^^ゞ
船内には移動販売も売店もありますが、ファンタが2万ルピア=160円とものすごく高いです
出港までまた待たされ、港を出たのが13時頃でしょうか・・・

d0360509_1514828.jpg
広くない船内なんで見るところもありません
絨毯部屋の1画を仕切ってお祈り部屋に改造しているのはさすがですね(^^ゞ
絨毯の上に寝ているとなんか痒いです(^_^;)
腕にたかっている虫がいたので潰すと血が・・・!
ぎょえー!ダニじゃないの、勘弁してー(>_<)
急いで虫よけクリームを塗りましたが、幸い効いたようです

d0360509_1534710.jpg
ロンボクの港を出ること4時間、17時ごろにはバリ島Padang Bai港の沖合に着いたようです
しかし、そこから全く進みません
これがPERAMAの言っていた着岸待ちでしょうか?(^_^;)
2時間経ち、3時間経っても船は泊まったままです
ほとんどツーリストの乗客も疲れ切っています
また、晩飯なしになりそうなのでピーナツやらをむやみに食べていました(^^ゞ
更に待つこと数時間・・・もうどうにでもなれ・・・諦めムードです
そしてついに22時ごろ着岸しました(^_^;)

d0360509_15103351.jpg
フェリーを降りると雨が降っていました(^_^;)
さあ、ウブド行のバスを探さないといけないんですが、同じバンで来た乗客は皆行き先が違うので独力で探す必要があります
港にいるインドネシア人にチケットを見せて聞いても、あっちで待てとか言われるばかり・・・とほほです(^_^;)
タクシーが30万ルピア=2400円!!で行くよと声をかけてきますが・・・どうしたらいいんだ~
無料のバスは諦めて、大枚30万払って白タクに乗りました
ま、こういう時は諦めが肝心ですよ(^^ゞ

d0360509_1516236.jpg
ウブドのニューガーデンというゲストハウスに着いたのは23時、疲れも限界です
しかし、このゲストハウスが素晴らしかった!!
一気に疲れが吹き飛んだ感じです(^^)v

d0360509_15182296.jpg
そして翌日の夜
ウブドでかなり大きな揺れを感じました
地震になれない観光客はビビッて広場に避難していました
それが8月5日のロンボクの地震でした
もし、バリ島行をもう少し遅らせて地震後にしていたら、更に大混乱のバリ島行になっていたかもしれません・・・
by kimcafetr | 2018-05-26 15:21 | インドネシア・西ヌサテンガラ | Trackback | Comments(4)

UberもGrabも使ったことないけど、GOJEKはいい

d0360509_1714162.jpg
d0360509_172135.jpg
スラバヤは大きな街です
私の泊まったゲストハウスは郊外なもんで、中心地に出るのは交通機関をどうするかが問題なんです
最初は安いバスを乗りこなしてと思っていたんですが、これがなかなか難しい・・・(^_^;)
【スラバヤの風-10】公共交通が退化した町
そこで仕方なく、通りでバイクタクシーを止めて交渉し乗っていました
しかし、なかなか来ないし、料金交渉も面倒なんです
バイクタクシーはオジェと呼ばれているんですが、走っているバイクタクシーを見ると緑の制服のGOJEKというのが目立ちます
オジェにGOを組み合わせてGO-JEK、UberもGrabみたいなシステムなんでしょうね(^^ゞ
GO-JEK
ゲストハウスからGoogleMapで探したロントン・クパンの店に行く時に、初めてGO-JEKを使ってみました
といってもその時はまだアプリも知りませんでしたので、ゲストハウスのスタッフにオジェを呼んでと頼んだんです
行きたい場所はGoogleMapで示すと、すぐにアプリで呼んでいました
12,000ルピア=96円だけどいい?とスタッフ・・・明瞭会計のようですね
それがGO-JEKとの出会いでした(^^ゞ

d0360509_17161664.jpg
d0360509_1716345.jpg
GO-JEKのアプリを入れたのはバリ島のクタです
そして初めて使ったのは東ティモールに飛ぶ朝、ホテルから空港への移動の時です
空港は近いんですがタクシーだと、観光客ずれしているバリではトラブルも多く、少なくとも6-7万ルピアかかりそうなんで、GO-JEKの出番です(^^ゞ
⇒https://4travel.jp/travelogue/11204658
行き先をAirportと入力すると、すぐに近くのGO-JEKのバイクが表示されます
お値段は9,000ルピア=72円と驚くほど安くて、にっこりしちゃいます
OKすると、そのうちの1台が迎えに行くとの表示があります
そして、画面上でバイクが近付いてきます
おお、これは分かりやすい、それに楽しいです(^^ゞ
もっとも、今はやりのUberもGrabも使ったことないんですが、同じようなシステムなんでしょうね
30分弱で空港に到着しましたが、ターミナルまでは入れないようで、歩いて6-7分の処で降ろされました
お値段はきっかり9,000ルピア、スバラシイです(^^)v

GO-JEKバイクの問題点と言えば、交通事故のリスクでしょう
ソイと呼ばれる横道の中を主な営業範囲としているバンコクのバイタク(モーターサイ)と比べると、ずっと広範囲を走りますし、車の中をぬって追い越したりします
乗っていてもけっこう怖いんですが、ドライバーはプロだから大丈夫と自分に言い聞かせています
規則で決まっているようで、お客が必ずヘルメットをかぶるのも他と比べて安心感あります(^^ゞ
やっぱ、バイクは怖いという方にはGO-CARというサービスもありますが、私は使ったことありません

あとの問題点はある程度の都会でないとGO-JEKのバイクがないということですね
ジャカルタ、ジョグジャカルタ、スラバヤ、マタラム、バリでは見ましたが、フローレス島にはなさそうです
オジェがある場所ならいずれサービスが導入されると思いますが・・・

d0360509_1924965.jpg
d0360509_1914943.jpg
ロンボク島でスンギギからマタラムの街まで乗った時は、下りる時にお兄さんが、なにかポイントのようなものを買わないかというんです
2万ルピアのデポジットを払えば2万5千分のポイント(?)が買えてお得だからとかなんとか・・・(^_^;)
イマイチわからなかったんですが、言われるままに買ってみました
それが下の画像の価格の処にでているGO-PAYという一種のポイントです
買った時は25,000ポイントを2万ルピアで買えて、しかも、GO-PAYで払うと割引になるんです
私の場合はそれほど乗る機会がなかったんですが、都会で長期滞在するなら絶対に得なサービスですね
次のインドネシア旅行は、海洋アジア②でボルネオ、スラウェシ、スマトラなんですが、GO-JEKが早くできて欲しいです(^^ゞ

d0360509_19163463.jpg

by kimcafetr | 2018-05-24 19:22 | インドネシア・西ヌサテンガラ | Trackback | Comments(2)

ウブドの星!Nyuh Gading Accommodation & Warung Ubud

2018年8月4日-10日
d0360509_18421618.jpg
ウブドで6泊したゲストハウスでございます
ウブドはすっかり変わってしまいました
メイン通りのジャラン・ラヤ・ウブドからモンキーフォレスト通りを下って、ハヌマン通りを上がってと、一周しても全く田んぼが見えないという惨状なんです・・・ああ(^_^;)
しかし、そんな中でこのゲストハウス、Nyuh Gading Accommodation & Warung Ubudに泊れたことが、超が付く幸運でございました
*長いので以後、ニューガーデンと表記します

d0360509_18481465.jpg
ひとり寝のダブルベッド・・・(^^ゞ
私は寒がりなのでもう1枚毛布をもらいました

d0360509_1849335.jpg
なんとバス付です
しかし、お湯はないよねと思ったらちゃんとでました(^^)v
*ただし、風呂の栓がない・・・あと、タオルがないんだよね、請求すればよかったのかしら・・・

d0360509_18512625.jpg
d0360509_18515287.jpg
部屋の前の椅子に座って庭を眺めると、幸せを感じるんです
これだよ、これがウブドなんだってね(^^ゞ

d0360509_18523643.jpg
d0360509_18531582.jpg
レストランは私の部屋の隣です
バナナパンケーキとフルーツとコピの朝食も素晴らしいです

d0360509_1858698.jpg
d0360509_185551.jpg
頼めば部屋に朝食を持ってきてくれます
1回だけトーストを頼んでみたんですが、うーん、パンケーキに限ります
朝食付きでも、外で食べることが多い私ですが、ニューガーデンでは6食ともいただきました(^^ゞ
だって、ここで朝食を食べると幸せがダブルになるんですもん(^^)v

d0360509_1913094.jpg
入り口はモンキーフォレスト通りに面しています

d0360509_1935175.jpg
奥に向かう小路はぱっとしませんね(^^ゞ

d0360509_1942375.jpg
レストランの先、ガーデンの入り口にはこのガネーシャです

d0360509_1951693.jpg
d0360509_1952738.jpg
左を見ると私の部屋、4号室があります
ものすごく大きな南京錠が付いているのがいいですね~(^^ゞ

d0360509_1963418.jpg
庭のぐるりには客室があって、2階建ての建物もあるんですが、やっぱ、私の4号室が最高ですよ(^^ゞ

d0360509_1974148.jpg
d0360509_1975213.jpg
ロケーションはウブドのパサールからモンキーフォレストを下って5分と絶好です
近くに学校があって、子供たちの声で7時には起こされます(^^ゞ
向いは広場で独立記念日の式典の演習をよくやっていました
ウブドの学校前の屋台特集

d0360509_19111491.jpg
そして気になるお値段です
なんと6泊で693,200ルピア=5,545円、1泊924円という安さなんです(^^)v
ブッキングドットコムで安い方から1番目か2番目だったので、とりあえず3泊だけ予約し、1泊してすぐに3泊の延長をしたんです

スタッフもみんな優しくて親切です
もう、超絶おすすめでございますよ(^o^)丿
by kimcafetr | 2018-05-23 19:15 | インドネシア・西ヌサテンガラ | Trackback | Comments(2)

第3の旅 予算状況その10 ロンボク・バリと総決算(8月1日ー12日)

予算その10は、ロンボク島からバリ島の11泊と第3の旅総括です
予算は、1日 3,200円=40万ルピア、1万ルピア=80円で計算しています
ロンボク島からは地震の前日に移動しました
まだ、旅の神様は見放していないようですがどうなのか?(^^ゞ
d0360509_19332374.jpg
8月1日
PERAMAの観光船でロンボク島に入港し、スンギギのEllen Hotelに3泊しました、画像はPERAMA船の操縦室で船長と・・・

朝食 込み 船で
昼食 込み 船で
夕食 込み 船で
ゲストハウス15万ルピア

合計 15万ルピア

d0360509_19332825.jpg
8月2日
スンギギ・ビーチ滞在、画像はビーチの夕暮れ

ゲストハウス 15万ルピア
朝食 無料 ホテルのパンケーキ
昼食 1.5万ルピア 屋台でナシ・アヤム ⇒スンギギのローカル屋台でナシ・アヤム
ジュース・コーラ 1.04万ルピア
夕食 2万ルピア 屋台でバクソー・ミー
バリ島へのジョイントチケット 17.5万ルピア

合計 37.04万ルピア

d0360509_19333264.jpg
8月3日
スンギギ滞在、マタラム市内にグルメツアーに行く、画像はマタラム市場に待機する庶民用馬車

ゲストハウス 15万ルピア
朝食 無料 ゲストハウスで
コーヒー他 0.7万ルピア
バイクタクシー 4.8万 マタラム市内まで、よくわからないが2.5万分のデポジットを払ったので(^^ゞ
昼食 3.5万ルピア 牛肉スープご飯他
チェンドル 0.5万ルピア
サテ 0.5万ルピア
バイクタクシー 1.5万ルピア 市場からショッピングセンターまで
水 0.2万ルピア
喜捨 0.16万ルピア
夕食 5万ルピア アヤム・バカール⇒Mark Wiens 推奨のアヤム・バカールを食べてきた
バイタク 3.5万 帰り
ジュース 0.4万ルピア

合計 36.76万ルピア

d0360509_19333753.jpg
8月4日
ロンボク島からバス・フェリー・タクシーでバリ島ウブドに移動し、ニューガーデン・アコモデーションに6泊しました
画像はフェリー内

朝食 1.1万ルピア ナシ・ブンクス他
トイレ 0.3万ルピア
昼食 1万ルピア ナシ・ブンクス
ピーナツ 0.5万ルピア
ファンタ 2万ルピア
夕食 ピーナツ 1万ルピア⇐船がバリの港に着いているのに順番待ちで下船したのが22時・・・
タクシー 30万ルピア⇐港からウブドまでバスがあるはずだが諦めて高いタクシーで移動しました(^_^;)
ゲストハウス 11.5万ルルピア

合計 47.4万ルピア

d0360509_19334261.jpg
8月5日
ウブド滞在、画像は素晴らしいニューガーデンの庭(^^)v

朝食 無料 ゲストハウスで
ゲストハウス 11.5万
昼食 2.3万ルピア バクソーアヤム他
ジュース・水 1万ルピア
コーヒー・アイス 0.9万ルピア
夕食 7.4万ルピア バビグリン イブオカ3で

合計 23.1万ルピア

d0360509_19334646.jpg
8月6日
ウブド滞在、画像はバナナの葉に包まれたナシ・ブンクス

ゲストハウス 11.5万ルピア
朝食 無料 ゲストハウスで
昼食 2.2万 食堂のミー・ゴレンほか
アイス 0.5万ルピア
夕食 2.2万ルピア ナシ・ブンクスほか⇒ウブドの屋台でバビ(豚肉)特集をやってみた
コンビニ 1.35万ルピア

合計 17.75ルピア

d0360509_19335175.jpg
8月7日
ウブド滞在、画像はやっと見つけたウブドらしい光景

ゲストハウス 11.82万ルピア
朝食 無料 ゲストハウスで
昼食 2.6万ルピア ワルンでサテイカンほか
おみやげ 5万ルピア
おみやげ 1.98万ルピア
おみやげ他 8万ルピア
夕食 1.5万ルピア 屋台のサテバビ⇒やっぱサテバビが食べたかった@ウブド
焼きとうもろこし 1万ルピア
ドリアン 2万ルピア

合計 33.9万ルピア

d0360509_19335546.jpg
8月8日
ウブド滞在、車でバトゥール湖畔の温泉リゾート訪問、画像は湖を望む温水プール

ゲストハウス 11.5万ルピア
朝食 無料 ゲストハウスで
車チャーター 45万ルピア⇐でました大名旅行(^^)v
温泉リゾート入場料 20万ルピア
昼食 13.8万ルピア 湖を見晴らすレストランのビュッフェ
ドリンク 0.5万ルピア
コピ・ルアック(ジャコウネココーヒー)42万ルピア⇐100gのお値段ですよ、びっくり!(^^)v
夕食 抜き

合計 132.8万ルピア⇐1日の出費でこの3回の旅の最高額じゃないかな(^^ゞ

d0360509_19340134.jpg
8月9日
ウブド滞在、画像はこれもウブドらしい橋の風景

ゲストハウス 11.5万ルピア
朝食 無料 ゲストハウスで
昼食 5.5万ルピア サテアヤム
ドリンク 0.5万ルピア
夕食 3.1万ルピア フライドチキン⇒ローカルチェーンのハンバーガーとチキン
ジュース 0.35万ルピア

計 20.95万ルピア

d0360509_19340603.jpg
8月10日
ウブドからクタに移動し、ベネヤサビーチイン2に2泊しました、画像はクタの街を走るビールカー

朝食 無料 ゲストハウスで
バス 6万ルピア ウブドからクタ行き
コンビニ 1.55万ルピア
ゲストハウス 18.5万ルピア 2泊分
薬 7.1万ルピア
昼食 2.5万ルピア 学校前で買い食い⇒ウブドの学校前の屋台特集
夕食 6万ルピア アヤムバカール
水 0.75万ルピア
ビール 2.2万ルピア

合計 44.4万ルピア

d0360509_19341460.jpg
8月11日
クタ滞在、画像はジャムー(民間薬)屋

朝食 1.65万ルピア ナシ・ブンクスほか
JAMU 4.5万ルピア
コーヒーほか 1.1万ルピア
床屋 5万ルピア
夕食 3.4万ルピア スラバヤ料理
航空券プリント 0.5万ルピア
使途不明 1.29万ルピア

合計 23.64万ルピア

ーーーーーーーーー
予算 440万ルピア (40万×11日)
実績 432.34万ルピア
差引 7.66万ルピア=613円微プラスとなりました(^^ゞ

1日当り予算 40万ルピア 3,200円
1日当り実績 39.30万ルピア 3,144円
ーーーーーーーーー

これまでの旅行費をまとめると・・・

その1 タイ南部ラノーンまで :5,162円のプラス
その2 タイ南部終わりまで :4,217円のプラス
その3 マレーシア・ペナン :2,306円のプラス
その4 KL&マラッカ :2,188円のプラス
その5 シンガポール :4,390円のマイナス
その6 ジャワ西部 :4,550円のマイナス
その7 ジャワ東部・バリ1 :4,501円のプラス
その8 東ティモール :10,080円のプラス
その9 クパンからクルーズまで :228円のプラス
その10 今回 :613円のプラス

一般旅行費合計 20,355円のプラス

ただし別計算にしたPERAMA船ツアー代金 20,338円を差し引くと・・・
おお、プラス17円とぴったしに収まりました(^^)v

ーーーーーーーーー
他の費用も合せてまとめると

一般旅行費(89泊)
予算 298,400円
実績 298,383円
差引+17円

航空券(国内交通費含む)
予算 45,000円
実績 47,132円
差引 -2,132円

VISA代
予算 10,000円
実績 7,280円
差引+2,720円

予備費 30,000円
実績 0円
差引 +30,000円

総合計
予算 383,000円
実績 352,795円
差引 +30,205円

ーーーーーーーーー
総費用 352,795円でしたか
予備費に手を付けないですんだのはよかったです(^^)v

by kimcafetr | 2018-05-15 08:30 | インドネシア・西ヌサテンガラ | Trackback | Comments(2)

第3の旅:帰国報告と持ち物のその後

2018年8月12日
d0360509_19565388.jpg
kimcafeの第3の旅、「海洋アジア①」より昨日の夜、無事に戻りました(^^ゞ
画像は昨夜のKL-羽田便で食べたナシレマですが、お勧めですよ
バリから直行でなく、クアラルンプール経由で羽田着でしたが、到着予定の22:30より遅れて、23:10頃の到着となりました
それ以上遅れたら終電がなくなると思ったんですが、幸い23:40だかの京急に乗れて12:40頃には自宅に到着しました
羽田からの最終を調べると、12:20発のエアポートリムジンで新宿に行けばなんとか帰れることがわかりました

旅行中はブログへのコメントやFacebookへのイイネなどたくさんいただき誠にありがとうございました(^o^)丿
おかげで、どこにいてもみなさんと一緒にいる気持ちになって励まされました

d0360509_19570507.jpg
さて、今回は同じようにお世話になった旅行の備品について書いてみます
まず、これはどちらも旅行初日にバンコクで買ったサンダルと折り畳み傘です
サンダルは200B=700円と意外に高く、失敗したかなと思ったんですが、その後、どこでもほぼ毎日履いていたのに最後までしっかりもってくれました、ありがとう
一方、傘は60B=210円と安くて助かったんです(^^ゞ
しかし、すぐに骨が折れたり、留の糸が切れたりで、これはすぐにダメになるだろと思っていました
ところがこの傘、意外な粘りを発揮して多少不自由ながら晴れの日は日傘、雨の日は雨傘として活躍し、とうとう最後までもってくれました
両方とも最後のバリ島クタのホテルに置いてきましたが、ありがとう感謝してます(^^ゞ

d0360509_19571074.jpg
これはPUNCHの画像を壁紙にして愛用していたXPERIAですが、東ティモールで気付いたらこんなになっていました(^_^;)
前からバッテリーの持ちが悪かったんですが、とうとう膨れてこんなになってしまったようです
次の街、インドネシアのクパンで修理屋に行き、あわよくばバッテリーを格安で交換と思ったんですが、SONYのバッテリーの在庫がなく果たせませんでした
あとはなんとか最後まで持ってくれることを祈っていましたが、なんとかもってくれました(^^ゞ

d0360509_21501273.jpg
どっちにせよ買い換えるしかありませんので、バリ島のウブドより香港のEXPANSYSに注文して自宅に届いていたのが左の新PUNCH号でございます
なぜか新PUNCH号のPUNCHちゃんは顔がほっそりなんですね~(^^ゞ

d0360509_19573317.jpg

そしてメインカメラのSONY RX-100も途中から動きがおかしくなっていたんですが、とうとうフローレス島から全く使えなくなってしまいました(^_^;)
まだ、買って1年余りなんですがプレ旅の台湾、関西から、第1の旅、第2の旅、第3の旅と苦楽を共にしてきた感じです・・・
こちらは秋葉原のSONYサービスセンターに持ち込んで簡単に治るようなら直してもらい、お金がかかるなら買い換えようと思っています

d0360509_19574166.jpg
これも愛用の旅行用シェーバーです
もう10年近く使っていますが、立派に動きます
さらに驚きなのはこのパナソニックの電池なんです
この電池を買ったのは第2の旅の最初の日、2017年12月2日のことでした
パタヤのコンビニで買ったら意外に高くて、しまった日本の100円ショップで買ってくればよかったと後悔したのでした
ところがところが、それから180日間使い続けるにもめげず、今になっても問題なく動いています
ありがたやパナソニック EVOLTAでございますね~
恐れ入りました(^^ゞ

d0360509_21502286.jpg
これは今回の旅の最初に仕入れたお皿とナイフ、フォーク、スプーンです
タイの旅行では、きゅうりやトマトで作ったサラダを食べるにも、市場で買った総菜やご飯を食べるにも大活躍しました
ただし、後半は面倒になって活躍の場が薄れたですね(^^ゞ
こちらもクタのホテルで最後にナシ・ブンクスの受け皿やフルーツサラダの皿として活躍し、お別れしました

d0360509_21504020.jpg
今回はアロハを3枚持ってきたんですが、そのうちの1枚、一番実用的なシャツが破れてしまいました
これもクタのホテルで足ふきマット代わりに使用して役目を終えました
白いタオルはダイソーで吸水性が高いという触れ込みにひかれて買ったものですが、シャワーの後で拭いてもよく拭けないんです(^_^;)
ところが、洗うときに水に浸けるとたっぷりと水を吸います
なるほど吸水性が高いことは間違いないが、バスタオルには向かない吸水性なんです(^^ゞ
これが役に立つとすると、砂漠を2人で旅しているときに1人が渇水で倒れ、オアシスまで水を求めて行ったが水筒がない、「ぞうだ!吸水性の高いこのタオルに水を含ませて仲間に届けよう」という時くらいですでしょう
こちらはウブドのゲストハウスに置いてきました

d0360509_19581521.jpg
最後はこのウインドブレーカーです
これも買ったのは相当前、15年とか経つと思われます
なぜか中央線沿線のイトーヨーカドーに行った時に買い、しかし、すぐに後悔してなんでこんなダサいのを買ってしまったんだろうか?と思ったものでした(^_^;)
ところが第1の旅から第3の旅まで、このウインドブレーカーが大活躍してくれました
誠に人は見かけによらぬもの・・・じゃなくて物は見かけじゃないってことですね
いつまでもつか分かりませんが、生涯現役で頑張ってもらおうと思っています(^^)v


by kimcafetr | 2018-05-15 07:25 | ☆☆第3の旅(準備・整理) | Trackback | Comments(8)