人気ブログランキング |


ついに旅立ちました(^^)v


by kimcafe

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

☆☆第1の旅(準備・整理)
バンコク・カオサン
コルカタ
ベナレス
クシナガル
ルンビニ・タンセン
ポカラ
ムクティナート
カトマンズ
デヴガート・ジャナクプル
パトナ
ブッダガヤ・ラージギル
ジャールカンド州
スルタンガンジ・カハルガオン
☆☆第1の旅 その他
☆☆第2の旅(準備・整理)
パタヤ&東海岸
シアヌークビル
トンレサップ湖一周&ラタナキリ
プノンペン
メコンデルタ
ホーチミン
ベトナム中部
ラオス:シーパンドン・パクセ
ラオス:サワナケート・パクサン
タイ・イサーン
☆☆第3の旅(準備・整理)
タイ・中部南部
マレーシア
シンガポール
インドネシア・ジャワ
東ティモール
インドネシア・東ヌサテンガラ
インドネシア・西ヌサテンガラ
☆☆西アフリカの旅 準備と整理
ベナン BENIN
トーゴ TOGO
ガーナ GHANA
コートジボワール Cote d’Ivoi
エチオピア ETHIOPIA

タグ

(83)
(80)
(57)
(39)
(32)
(23)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(3)

旅行計画

旅先でkimcafeに会ってみたい方がいたら気軽に声をかけてくださいね(^^ゞ
★メールはこちらへ(@を小文字に直してね)⇒kimcafe@wonder.ocn.ne.jp

1.【無事終了しました(^^)v】第1の旅(2017.8.18-11.15)
【インド・ネパール】
バンコク⇒コルカタ⇒ベナレス⇒クシナガル⇒ルンビニ⇒タンセン⇒ポカラ⇒タトパニ⇒ムクティナート⇒ポカラ⇒カトマンドゥ⇒デヴガート⇒ジャナクプル⇒パトナ⇒ブッダガヤ⇒ラージギル⇒シカージ⇒スルタンガンジ⇒コルカタ⇒カンチャナブリ⇒バンコク

2.【無事終了しました(^^)v】第2の旅(2017.12.2-2018.3.1)
【インドシナ1周小回り】
バンコク⇒パタヤ⇒シアヌークビル⇒シェムリアップ⇒ラタナキリ⇒プノンペン⇒チャウドック⇒カントー⇒サイゴン⇒フエ⇒ホイアン⇒ドンデット⇒サワンナケート⇒ノンカイ⇒ロイエット⇒ムクダハン⇒ウボン⇒バンコク

3.【無事終了しました(^^)v】第3の旅(2018.5-8)
【海洋アジアその①】
南タイ⇒ペナン⇒マラッカ⇒シンガポール⇒バタム島⇒ジャカルタ・ジャワ島⇒バリ島⇒東チモール⇒フローレス島・ランバタ島⇒ロンボク島⇒バリ島

4.【無事終了しました(^^)v】特別版①(2018.9-10)
【西アフリカ&エチオピア】
ベナン⇒トーゴ⇒ガーナ⇒コートジボワール⇒エチオピア

5.【無事終了しました(^^)v】第4の旅(2018.12-2019.2)
【南インド・スリランカ】
ムルガン神の聖地巡り、スリランカ仏跡巡り(記事はkimcafeトラベリング2に移動しました)

------以下の旅はkimcafeトラベリング2です------

6.特別版②(2019.9-11)
【アマゾン河下り】
エクアドル⇒ペルー⇒ボリビア⇒ペルーのあと、ペルーのアマゾン、ユリマグアスからイキトス、ブラジルまでハンモックの船で:暇でしょうね(^^ゞ

7.特別版③(2019.12-20.2)
【バンコクステイ】
あこがれのバンコクアパート暮らしです(^^ゞ
ビザの更新に2回は出国必要です、1回はクアラルンプールのタイプーサムだな

8.第5の旅(時期未定)
【海洋アジア②】
フィリピン⇒東マレーシア⇒ボルネオ島⇒ブルネイ⇒KL⇒スマトラ島

9.第6の旅(時期未定)
【西インド・パキスタン】

10.第7の旅(時期未定)
【インドシナ1周大回り】
香港⇒広西⇒ベトナム⇒雲南⇒ラオス⇒北タイ⇒バンコク

11.特別版④(時期未定)
【エジプト周遊】
エジプト・イスラエル・ヨルダン

12.第8の旅(時期未定)
【東インド・バングラデシュ】
ブータンに安く行ければ行きたい(^^)v

13.特別版④(時期未定)
【マダガスカル周遊】
マダガスカル&ケニア・タンザニアORエチオピア南部:朗報です、エチオピア航空が飛ぶ(^^)v

14.第9の旅(時期未定)
【北インド・中部インド】
ウッタラカンド、ヴィシュノデビなど北部のヒンドゥ聖地、オームカレシュワルなど中部のヒンドゥ聖地巡り

15.第10の旅(時期未定)
【マレー半島・ミャンマー・北タイ】

16.特別版⑥(時期未定)
【陸路で中央アジアまで】
船で上海⇒鉄道でウイグル⇒中央アジア周遊

最新の記事

西アフリカの旅のコースとハイ..
at 2018-10-20 16:38
アフリカの旅 エチオピアのハ..
at 2018-10-19 21:15
「特別版 西アフリカとエチオ..
at 2018-10-18 13:33
ベナンでMTN社のSIMカー..
at 2018-10-16 23:10
ベナンのコトヌーにある「たけ..
at 2018-10-16 12:51
コトヌーのダントッパ市場の呪..
at 2018-10-16 12:42
呪物市場第二弾!殺したてのコ..
at 2018-10-15 21:24
アボメイの王宮を訪ね歴代王の..
at 2018-10-15 06:49
アボメイのユニークホテル、シ..
at 2018-10-15 04:43
水上都市ガンヴィエのHote..
at 2018-10-14 19:52

最新のコメント

とんびさん ブログの予..
by kimcafetr at 23:40
え、え、えっ、、今年年末..
by とんび at 21:05
とんびさん いけね、変..
by kimcafetr at 09:40
予定変更ですね。左側の欄..
by とんび at 00:48
とんびさん まだですよ..
by kimcafe at 17:31
新しいブログを開設し、以..
by とんび at 21:52
yossyさん タンマ..
by kimcafetr2 at 19:15
本院に行かれるなら、可愛..
by yossy at 16:42
yossyさん コメン..
by kimcafe at 19:36
お返事ありがとうございま..
by yossy at 10:43

最新のトラックバック

マラッカのシーク寺院でラ..
from kimcafeのB級グルメ旅
カピタン・クリン・モスク..
from kimcafeのB級グルメ旅
ERIKOカラオケでパタ..
from kimcafeのB級グルメ旅
スーパーのカツ丼を食べて..
from kimcafeのB級グルメ旅
念願!代田の宮川でうな重
from kimcafeのB級グルメ旅
歌舞伎&回転寿司でJAP..
from kimcafeのB級グルメ旅

検索

以前の記事

2020年 06月
2019年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
旅行家・冒険家

カテゴリ:ガーナ GHANA( 7 )

アクラのMakolaマーケットそばのYASホテルで安心しました

2018年9月27日ー29日
ガーナのアクラで2泊した宿です
これまではWEBで予約できる宿が多かったのですが、アクラでは予算の都合で飛び込みで地元宿に泊ることにしていました
なんか不安ですよね(^_^;)
でも、この宿に泊ったおかげでガーナでもやっていけると一安心したんです
*予算的、治安的に

d0360509_081325.jpg
トーゴのロメから徒歩で国境を越えて、STCという会社のバンでアクラに向かいました
mapsmeで見るとそのバンの到着するすぐそばにYASホテルというホテルがあるみたいなんです
とりあえずそこを覗いてみましょう
雑居ビルの3回がホテルになっているようです
*あとで気付いたんですが、隣に同じYASホテルがあるのでこちらは別館なんでしょう

d0360509_0123516.jpg
そしたら受付にこんな可愛い女の子がいたんで安心し、これはいい宿に違いないと直感したんです(^^ゞ
*そんなもんなんですわ

d0360509_014689.jpg
d0360509_0145187.jpg
部屋は清潔そうなシングルです
冷蔵庫は動かない、エアコンは使えない、テレビはOKです(^^ゞ

d0360509_0162269.jpg
d0360509_0173212.jpg
トイレは水洗だが便座なし、シャワーは水のみ
それでお値段は予算内の70セディ=1750円(予算80セディ=2,000円)なんで即決しました(^^ゞ

d0360509_0195053.jpg
ところがこの部屋は問題があって、コンセントが外れかかっているためか、プラグを挿しても点いたり点かなかったりなんですね(^_^;)
ガーナ用のソケットじゃなきゃだめなのかと、わざわざ買ってきたんですが、やっぱりだめでした・・・
女の子に相談して他の部屋はないかというと、19時にチェックアウトする部屋があるということで替えてもらいました
そちらの方がやや広かったですが、便座なしは同じでした(^^ゞ

YASホテルのいいところ
・ロメからSTCのバンで来たら5分でチェックインできる(ただし、ケープコースト行きのバンはそこから乗れない)
・天上ファンで洗濯物も干せました
・周りが大きな市場街なのでなんでもある
・ガーナでインド気分が味わえる

わるいところ
・便座がない

d0360509_0312228.jpg
チェックアウトのときに写真撮っていい? ツーショットしていい? と聞くとOKしてくれました(^^)v
YASホテル、お勧めです(^^ゞ
by kimcafetr | 2018-10-05 14:34 | ガーナ GHANA | Trackback | Comments(0)

ガーナの棺桶写真集 その1

2018年9月28日
d0360509_4124768.jpg
今日はガーナで独自の進化を遂げているという棺桶アート、棺桶文化を見学に行ってきました
ホテルから棺桶工房のあるテシ(Teshie)に行くトロトロ(乗り合いバン)に乗りたいと聞き聞きして、テマ(Tema)ステーションに行きました
トロトロに乗って20分くらいで目的地に近付いたところで、見えました
あれに違いないです
トロトロを降りて工房に向かいます

どうやら通りに面した2階がディスプレイの場になっているみたいです
奥の工房に行って、見学して写真を撮りたいと伝えると、チップをくれとのこと・・・喜んで10セディ=250円を差し出しました(^^ゞ

d0360509_42025100.jpg
まずは2階のショールームみたいなところに上がってみます

d0360509_4211518.jpg
カメラ型の棺桶、なかなか素晴らしいですね(^^ゞ
生前の職業や趣味から棺桶を作ることが多いということなんで、これはカメラマンかカメラが趣味の人の棺桶ですね
しかし、かなり古いものなので、なんらかの事情で使われなかった棺桶(葬式の日に生き返ったとか?)をディスプレイ用にしているのでしょうかね

d0360509_424262.jpg
これはエクレアで菓子職人・・・かと思ったんですが、バッグだそうです
ということは女性向かな(^^ゞ

d0360509_4251714.jpg
d0360509_4254698.jpg
おお、イセエビ、これはいい!(^^)v
私もこれくらい豪華な棺桶に葬られたいもんですわ

d0360509_4273321.jpg
d0360509_428281.jpg
d0360509_4282829.jpg
小さい棺桶もあります
子供用というか幼児・乳児用でしょうかね?
乳幼児死亡率とかどうなんだろうか・・・(^_^;)

d0360509_4295761.jpg
d0360509_4303458.jpg
これがわからないんです
宗教関係みたいなことを言ってたようですが・・・

d0360509_4314442.jpg
これはハートだそうです
ということは心臓外科医・・・?(^^ゞ

d0360509_4324865.jpg
コーラの瓶は定番ぽいけど、やっぱりいいですね

d0360509_4334327.jpg
ショールームにあった謎の板です
やはり宗教ぽいですが、ブードゥーでしょうか?(^^ゞ

d0360509_4351018.jpg
d0360509_4354555.jpg
続いて工房の2階です
製作中の棺桶は船なのかな・・・(^_^;)

d0360509_4364662.jpg
d0360509_4371279.jpg
d0360509_4412413.jpg
ワシに小麦粉の袋にタンクローリー・・・いいですね(^^ゞ

d0360509_4382739.jpg
d0360509_4385890.jpg
バイブルに楽器でしょうか?

d0360509_4393789.jpg
d0360509_4401122.jpg
d0360509_4405128.jpg
おお、ありんこですか(^^ゞ
しかし、この棺桶を使う方はアリの研究者か趣味でアリを飼っていた人・・・?
気になりますね

d0360509_4432318.jpg
ごく普通の棺桶もありました(^^ゞ

d0360509_4441896.jpg
d0360509_444467.jpg
d0360509_4453718.jpg
d0360509_446767.jpg
そして出してきたのがこれらの怪しの像です
一見、東洋風なんですがよく見るとやはりアフリカンですね
これはブードゥーの神様なんでしょうか、棺桶文化とブードゥーの関連も興味深いところですね(^^ゞ

d0360509_4482370.jpg
d0360509_4485571.jpg
d0360509_449353.jpg
最後に工房の1階を覗いて見ると、いましたね大物が・・・
UFO? タイムマシン? なんなんでしょうか
興味尽きないガーナの棺桶文化その1でございます(^^ゞ

d0360509_4512173.jpg
案内してくれたおじさんとツーショット!
なんなのこのひと・・・(^^ゞ
もう1軒の棺桶工房も見学しましたのでいずれご紹介します
by kimcafetr | 2018-10-04 20:52 | ガーナ GHANA | Trackback | Comments(6)

ガーナの棺桶写真集 その2

2018年9月18日
d0360509_3541372.jpg
最初の棺桶工房を出て次の工房に向かいます
同じように2階にショールームを備えた工房が見えてきました
今度も10セディ=250円をチップとして支払って、まずはショールームから見せてもらいます

d0360509_357091.jpg
d0360509_3572530.jpg
鷲と魚ですね
なかなかいいです(^^ゞ

d0360509_3581951.jpg
こりゃなんでしょうか?
農産物ですよね
ナス? トウモロコシ?

d0360509_3591890.jpg
d0360509_3594790.jpg
これもわからない、唐辛子かな?(^_^;)

d0360509_404490.jpg
これもわからん・・・きゅうりじゃないよな

d0360509_413464.jpg
d0360509_42768.jpg
中に凄くできのいいトラックがあったんです

d0360509_425840.jpg
しかし、隣にあった普通の棺桶と比べると極端に小さいんです(^_^;)
せめて亡くなった息子が好きだったトラックのおもちゃを模った棺桶に葬ってやりたい・・・とかだったら悲しすぎますね

d0360509_461667.jpg
さらに小さいのもあったけれど、これも棺桶なんだろうか?
これに入るのは小鳥くらいのもんですが・・・

d0360509_4733100.jpg
d0360509_48086.jpg
動物系の人形みたいのもありました
なんなんでしょうね(^^ゞ

d0360509_49553.jpg
d0360509_494176.jpg
奥の工房に行くと、別棟にあるコーラの自販機が目に付きました(^^ゞ

d0360509_411344.jpg
d0360509_4113038.jpg
あれー!?
これ日本語じゃないの(^^ゞ
いったいどういうことなんでしょうか?
そういえば日本人で棺桶を注文したひとのブログ(?)を見たことがありましたが、それですか?

d0360509_4131438.jpg
d0360509_4143133.jpg
さらにビックリなのがこの像です
どうみても江戸時代のちょんまげした日本人なんですが、なんで???

d0360509_416412.jpg
これもほどいたら侍がでてきそうな気がするんだが・・・(^^ゞ

d0360509_4171282.jpg
d0360509_4174131.jpg
こっちの中国風人形は中国風(?)棺桶とセットのような気がするんだが・・・
いや、棺桶にあるのは桐の紋ではないか(^_^;)
謎が多いです(^^ゞ

d0360509_4194973.jpg
では、作業中の工房におじゃまします

d0360509_4203810.jpg
d0360509_421836.jpg
お、家型、いいですね(^^ゞ

d0360509_4215535.jpg
d0360509_4223443.jpg
d0360509_423534.jpg
トラックに靴に大砲、夢があっていいですね

d0360509_42416.jpg
えーと、これは山羊
棺桶ではないです(^^ゞ

d0360509_425339.jpg
d0360509_4254047.jpg
これがまたわかんない
カンナ? ナイフじゃないよね(^_^;)

d0360509_4272629.jpg
ギターですか(^^ゞ
楽器もいいですよね
私は決まってきました、地球儀の形はどうかな、世界中を回りたいんでね
さて、みなさんはどんな棺桶にするか決まりましたか?(^o^)丿

棺桶工房⇒Kane Kwei Carpentry Workshop
by kimcafetr | 2018-10-04 04:31 | ガーナ GHANA | Trackback | Comments(4)

ガーナでSIMカードを2枚買った訳

2018年9月27日
d0360509_18123518.jpg
トーゴのロメから乗り合いタクシーでガーナの首都アクラに移動しました
アクラは高層ビルやハイウェイもあって、ベナンやトーゴの街とは都会っぷりが違います
泊ったところも繁華街で賑わっていましたので、通信会社でなく街角の販売店でSIMカードの購入に挑戦してみました

d0360509_181522100.jpg
ホテル近くの屋台店で聞いてみます
ここも登録が必要なので、レジストレーションはできるの?と念を押して聞くと、パスポートがあればできるとのこと・・・英語でいけるので助かります(^^ゞ
いくつか通信会社があり、どれにするか聞かれたので、ベナンでも使ったMTNにしました
おじさんが黒電話で私の登録をしています
SIMカードは5セディ=125円、ここで開通してからトップアップをするつもりです
登録が終わるとアンテナが立ちましたが、ネットは開通していません
おじさんは、「ネットワークのトラブルかもしれない、30分くらいしたらまた来てみて」と・・・(^_^;)
30分後に行ってみると、おじさんがいません、どこかに出ているようです
その30分後に行っても、まだ帰っていない・・・ネットも相変わらず不通です

d0360509_18222557.jpg
もう待っていられないので別の屋台で別の会社のSIMカードを入れてみることにしました
今度はボーダフォンで、SIMカードは同じく5セディ=125円です
セッティングの時にアクセスポイントの選択の画面でどこも選択されておらず、ボーダフォンを選択したら開通したんです
それで、そうかMTNもこれをやればOKだったのかも?と思ったのですが・・・
いっけねー、ま、いいか(^^ゞ
12セディ=300円でトップアップします
確か1GBだったと思いますが、はっきり覚えていません
通信状態は良好で、テザリングでブログの更新などもできました
しかし4GじゃなくH+(3G)というマークが点いていました

9月30日
d0360509_182997.jpg
ケープコーストに移動してからのこと、突然、ネットにつながらなくなりました
残量はまだあったはずなのに、障害でしょうか?
そこでMTNのSIMカードに入れ替えてつながるか試してみると、つながりました
最初のボーナス分で何百MBかあるようです
しかもLTE(4G)でつながっています

d0360509_18324422.jpg
d0360509_18325525.jpg
そこで近くの屋台でMTNをトップアップすることにしました
こちらも10セディ=250円で1GBだと思います
面白いのは机にカードをこする場所があること、ここでゴシゴシして出た番号を入力して送るとチャージできます
その後、そのお金で通信容量のパッケージを買うのはどこも共通でした
3Gから4Gに昇格したんですが、なぜかあまり速さの違いが実感できないガーナのSIMでした(^^ゞ
by kimcafetr | 2018-10-03 22:37 | ガーナ GHANA | Trackback | Comments(2)

ケープコーストの宿はバオバブハウスで決まり

2018年9月29日-10月2日
d0360509_14362271.jpg
d0360509_14363529.jpg
ガーナのケープコーストで3泊したゲストハウスです
1階はレストランとお土産屋(?)兼レセプションになっていますが、客室には下の画像の真ん中のドアから入るようになっています

d0360509_14384210.jpg
d0360509_14385373.jpg
d0360509_1439317.jpg
3階の客室は清潔で広々しています
蚊帳、ソファー、棚、天上ファンなどがありくつろげる感じです(^^ゞ
ドアもしっかりしているので安心感あります

d0360509_14401317.jpg
d0360509_14402368.jpg
d0360509_14403492.jpg
ここはNPOの経営だそうで2階には作業場、会議室、そして活動を紹介する掲示があります

d0360509_14415463.jpg
d0360509_14425100.jpg
2回の共用のベランダはすごく便利です
買ってきたランチや夕食も食べれますし、パソコンをいじっている人もいました
私もここで何回か食事をしましたね(^^ゞ
ケープコーストで日曜にフフを搗いてもらった

d0360509_14452388.jpg
d0360509_14453361.jpg
d0360509_14454612.jpg
問題は共用のトイレとシャワーです
1階にしかないのでトイレに行きたくなったら、3階から1階まで降りなきゃなりません(^^ゞ

d0360509_14473276.jpg
d0360509_14474230.jpg
1階のレストランはこんな感じです
日替りのローカル食のランチが魅力的なんですが、残念ながら食べるチャンスなし・・・

ケープコースト城やビーチ、食堂・屋台がある漁師町通りにも近いです
これでお値段は65セディ=1,625円はお得感ありまっせ(^^)v
by kimcafetr | 2018-10-03 03:53 | ガーナ GHANA | Trackback | Comments(0)

奴隷貿易の拠点 ケープコースト城を見学

2018年9月30日
d0360509_176975.jpg
d0360509_1762114.jpg
奴隷貿易・・・重いですが、ガーナのケープコーストに来た上は避けることができないテーマです
まずは、ちょっとお勉強から・・・
「(奴隷貿易は)大航海時代に・・・とりわけ16世紀から18世紀の時期に、主にヨーロッパとアフリカとアメリカ大陸を結んで、その後約3世紀にわたってアフリカ原住民を対象として展開され、西インドのプランテーション経営に必要な労働力となった。」from WIKI 奴隷貿易

「大航海時代のアフリカの黒人諸王国は相互に部族闘争を繰り返しており、奴隷狩りで得た他部族の黒人を売却する形でポルトガルとの通商に対応した。ポルトガル人はこの購入奴隷を西インド諸島に運び、カリブ海全域で展開しつつあった砂糖生産のためのプランテーションに必要な労働力として売却した。奴隷を集めてヨーロッパの業者に売ったのは、現地の権力者(つまりは黒人)やアラブ人商人である。」from WIKI 奴隷貿易

植民地アメリカ大陸等での労働力とするためにアフリカ人を奴隷として、推定900万人-1100万人も連れていったんですね
しかも、その奴隷狩りや輸出には、アフリカの王国、ベナンで言えばダホメ王国、ガーナではアシャンテ王国などが関わっていたんです

「1452年、ローマ教皇ニコラウス5世はポルトガル人に異教徒を永遠の奴隷にする許可を与えて、非キリスト教圏の侵略を正当化した。」、「地域の人的資源が急激に枯渇してしまい、それに伴う奴隷の卸売り価格の上昇」from WIKI 奴隷貿易
キリスト教公認の奴隷、奴隷狩りによる人口減、現地住民同士の対立・・・もう悪魔的な仕業と言わずにおれませんね(^_^;)

d0360509_1723338.jpg
d0360509_17234719.jpg
d0360509_17235995.jpg
とはいえ、今のケープコーストは平和な町です
奴隷貿易の拠点だったケープコースト城は今では観光資源、負の遺産となり堂々とした姿で海岸に建っています
画像は上から、今はビーチリゾートの雰囲気となった海岸からのケープコースト城、反対側の漁村側から見たケープコースト城、そして陸側からのケープコースト城です

d0360509_17303699.jpg
入場料40セディ=千円を払って入場すると、スタートしたばかりというグループに加わってガイド付きで見学することになりました

d0360509_1731599.jpg
d0360509_17321089.jpg
まずは、Male Slave Ⅾungeon(男の奴隷の地下牢)に案内されました
「この空間に千人の奴隷が閉じこめられていた、そして・・・」このガイド氏は思入れたっぷりで説明します
観光客はヨーロピアンのツーリストとガーナ人のツーリストが半々ぐらい、どういう感覚で聞いているんでしょうか? 気になるところです

d0360509_17384939.jpg
地下牢には犠牲者を弔うためでしょうか、花輪がありました

d0360509_1739305.jpg
d0360509_173953100.jpg
ブードゥー教の祭壇
当時の再現だと思われます

d0360509_17403515.jpg
d0360509_17404687.jpg
d0360509_17405717.jpg
城の中にある墓の説明
イギリス人の男についてきた来た妻が、夫が奴隷の女性と浮気しているのを知って自殺した・・・とかなんとか・・・

d0360509_17424941.jpg
d0360509_1743154.jpg
ケープコースト城には大砲がたくさんありますが、向いているのはみな海の方です
つまり、アフリカの黒人を警戒したんじゃなく、他のヨーロッパの船を警戒していた・・・

d0360509_17443532.jpg
d0360509_17444558.jpg
d0360509_17445687.jpg
こちらはアメリカなどに向かう船に乗せられる前に移されたダンジョンです

d0360509_17461630.jpg
d0360509_17462829.jpg
ここを出たら2度と帰れないという意味の、ドア・オブ・ノーリターン

d0360509_17472544.jpg
d0360509_17473758.jpg
d0360509_17482985.jpg
d0360509_17484120.jpg
ドアの外からは漁船と漁村が一望できます
漁村を歩いているとなかなか写真が撮りにくいんですが、ここからなら安心して撮れますね(^^ゞ

d0360509_1750266.jpg
d0360509_17503197.jpg
d0360509_17551641.jpg
白人の居住区は当然ながら明るく清潔です

d0360509_17512425.jpg
コミュニケーション・ルームの窓からの眺望です
何とコミュニケーションするのかというと、丘の上に見えるウィリアムズ要塞とだそうです

d0360509_17585722.jpg
ツアーは1時間弱位で終わります
重いテーマではありますが、別に気分が重くなるようなことはありませんでした
そのあとは自由に城内を見学するもよし、絵を売っているお土産屋みたいな部屋もありました

d0360509_1803740.jpg
d0360509_1805163.jpg
d0360509_181894.jpg
今でもあまたの問題が残るガーナですが、子供たちの笑顔には癒されますね(^^ゞ
by kimcafetr | 2018-10-02 18:03 | ガーナ GHANA | Trackback | Comments(0)

特別版①西アフリカ・エチオピアの旅 予算状況その3 ガーナ

西アフリカ3国目のガーナです
ここだけ元英領で英語圏、通貨もセイファーフランでなくセディです
予算は6,000円/日、240セディ/日、1セディ=25円で計算します

d0360509_1702155.jpg
9月27日
トーゴのロメから乗り合いバンでガーナの首都アクラに移動し、YASホテルに2泊しました
画像はアクラの市場近くの繁華街

バン 28セディ
昼食 3セディ 豆ランチ⇒アクラの街を散歩して豆シチューのランチも食べてみた
ホテル 70セディ
MTN SIMカード 5セディ
ドリンク 2.5セディ
コンセント 10セディ
ヴォーダフォンSIM 5セディ MTNが開通しないので
ヴォーダフォンチャージ 12セディ
夕食 6セディ
ドリンク 2.5セディ

合計 146セディ

d0360509_1721758.jpg
9月28日
アクラ滞在、棺桶工房見学
画像はジェームズフォートの近くのライオン像と少年

朝食 5セディ
コーヒー 2.5セディ
パイン 1セディ
乗り合いバン 2.4セディ
棺桶工房見学謝礼 10セディ
棺桶工房その2 10セディ
乗り合いバン 4.5セディ 間違えて2回乗ったので(^^ゞ
水 0.2セディ
ゲーム 0.5セディ せがまれて(^^ゞ
昼食 4セディ ガリ ⇒MAA OYOOのガリとオクラスープ
ホテル 70セディ
ブラジルハウス見学 10セディ
夕食 4セディ
ビールと水 5セディ

合計 130.1セディ

d0360509_1731533.jpg
9月29日
ケープコーストに乗り合いバンで移動し、バオバブハウスに3泊しました
画像は妙に近代的だが店が入っていないケープコーストの市場

朝食 5セディ コンコンテ
ジュース 2セディ
チップ 2セディ
タクシー 15セディ バン乗り場まで
乗り合いバン 24セディ
チョコレート 2セディ
ゲストハウス 65セディ
昼食 3セディ ケンケ⇒ケープコーストの漁師町通りで初めてのケンケ
水 0.2セディ
食べる石 アイロ 6セディ
ドリンク 2セディ
アイス 2.5セディ
ビール 5セディ
夕食 ソーセージと肉 4セディ
揚げバナナ 1セディ
ドリンク 1.5セディ
パン 1セディ

合計 141.2セディ

d0360509_1765259.jpg
9月30日
ケープコースト滞在、ケープコースト城訪問
画像はケープコースト城横の漁船

ゲストハウス2日分 130セディ
チャージMTN 10セディ なぜかヴォーダフォンがつながらないので
朝食 1セディ ポリッジ
昼食 5セディ フフと魚スープ
ケープコースト城 40セディ
ジェームス砦 5セディ
紫のドリンク 0.5セディ
ジュース他 2.5セディ
夕食 白ケンケ 1セディ⇒白ケンケほかを部屋食してみた
フライドヤム+チキン 7セディ
ジュース水 3セディ
パイナップル 2セディ
ケーキ 1セディ
アロハ 30セディ
ビール 7セディ

合計 245セディ

d0360509_1773691.jpg
9月31日
ケープコースト滞在、エルミナ訪問
画像はエルミナ城の懲罰房

朝食 3セディ⇒朝は定番のガーナ赤飯ワチェでいってみた
シェアタクシー 3.5セディ エルミナまで
エルミナ城 40セディ
水 2セディ
トマト 2セディ
トイレ 0.2セディ
シェアタクシー 3.5セディ 帰り
昼食 惣菜パン2個 2セディ
フルーツ盛り合わせ 5セディ
夕食 大雨のため残り物で
---翌日分---
タクシー 10セディ バン乗り場まで
乗り合いバン 12セディ タコラディまで
トイレ 1セディ
案内&荷物運び 1.8セディ
水 0.2セディ
ドーナツ 1セディ

合計 98.2セディ

-------------------

予算合計 1,200セディ=30,000円(5日分)
実績合計 759.5セディ=18,988円
差引 プラス440.5セディ=11,012円

なんと大幅なプラスになりました
ケープコースト城などの観光地もあまり高くなかったのと食費が全部ローカル食だったためでしょうね(^^ゞ
これで次のコートジボワールの高級リゾートの費用がでそう
by kimcafetr | 2018-10-01 21:08 | ガーナ GHANA | Trackback | Comments(6)