人気ブログランキング |


ついに旅立ちました(^^)v


by kimcafe

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

☆☆第1の旅(準備・整理)
バンコク・カオサン
コルカタ
ベナレス
クシナガル
ルンビニ・タンセン
ポカラ
ムクティナート
カトマンズ
デヴガート・ジャナクプル
パトナ
ブッダガヤ・ラージギル
ジャールカンド州
スルタンガンジ・カハルガオン
☆☆第1の旅 その他
☆☆第2の旅(準備・整理)
パタヤ&東海岸
シアヌークビル
トンレサップ湖一周&ラタナキリ
プノンペン
メコンデルタ
ホーチミン
ベトナム中部
ラオス:シーパンドン・パクセ
ラオス:サワナケート・パクサン
タイ・イサーン
☆☆第3の旅(準備・整理)
タイ・中部南部
マレーシア
シンガポール
インドネシア・ジャワ
東ティモール
インドネシア・東ヌサテンガラ
インドネシア・西ヌサテンガラ
☆☆西アフリカの旅 準備と整理
ベナン BENIN
トーゴ TOGO
ガーナ GHANA
コートジボワール Cote d’Ivoi
エチオピア ETHIOPIA

タグ

(89)
(86)
(57)
(42)
(33)
(24)
(8)
(8)
(6)
(5)
(5)
(3)

旅行計画

旅先でkimcafeに会ってみたい方がいたら気軽に声をかけてくださいね(^^ゞ
★メールはこちらへ(@を小文字に直してね)⇒kimcafe@wonder.ocn.ne.jp

1.【無事終了しました(^^)v】第1の旅(2017.8.18-11.15)
【インド・ネパール】
バンコク⇒コルカタ⇒ベナレス⇒クシナガル⇒ルンビニ⇒タンセン⇒ポカラ⇒タトパニ⇒ムクティナート⇒ポカラ⇒カトマンドゥ⇒デヴガート⇒ジャナクプル⇒パトナ⇒ブッダガヤ⇒ラージギル⇒シカージ⇒スルタンガンジ⇒コルカタ⇒カンチャナブリ⇒バンコク

2.【無事終了しました(^^)v】第2の旅(2017.12.2-2018.3.1)
【インドシナ1周小回り】
バンコク⇒パタヤ⇒シアヌークビル⇒シェムリアップ⇒ラタナキリ⇒プノンペン⇒チャウドック⇒カントー⇒サイゴン⇒フエ⇒ホイアン⇒ドンデット⇒サワンナケート⇒ノンカイ⇒ロイエット⇒ムクダハン⇒ウボン⇒バンコク

3.【無事終了しました(^^)v】第3の旅(2018.5-8)
【海洋アジアその①】
南タイ⇒ペナン⇒マラッカ⇒シンガポール⇒バタム島⇒ジャカルタ・ジャワ島⇒バリ島⇒東チモール⇒フローレス島・ランバタ島⇒ロンボク島⇒バリ島

4.【無事終了しました(^^)v】特別版①(2018.9-10)
【西アフリカ&エチオピア】
ベナン⇒トーゴ⇒ガーナ⇒コートジボワール⇒エチオピア

5.【無事終了しました(^^)v】第4の旅(2018.12-2019.2)
【南インド・スリランカ】
ムルガン神の聖地巡り、スリランカ仏跡巡り(記事はkimcafeトラベリング2に移動しました)

------以下の旅はkimcafeトラベリング2です------

6.特別版②(2019.9-11)
【アマゾン河下り】
エクアドル⇒ペルー⇒ボリビア⇒ペルーのあと、ペルーのアマゾン、ユリマグアスからイキトス、ブラジルまでハンモックの船で:暇でしょうね(^^ゞ

7.特別版③(2019.12-20.2)
【バンコクステイ】
あこがれのバンコクアパート暮らしです(^^ゞ
ビザの更新に2回は出国必要です、1回はクアラルンプールのタイプーサムだな

8.第5の旅(時期未定)
【海洋アジア②】
フィリピン⇒東マレーシア⇒ボルネオ島⇒ブルネイ⇒KL⇒スマトラ島

9.第6の旅(時期未定)
【西インド・パキスタン】

10.第7の旅(時期未定)
【インドシナ1周大回り】
香港⇒広西⇒ベトナム⇒雲南⇒ラオス⇒北タイ⇒バンコク

11.特別版④(時期未定)
【エジプト周遊】
エジプト・イスラエル・ヨルダン

12.第8の旅(時期未定)
【東インド・バングラデシュ】
ブータンに安く行ければ行きたい(^^)v

13.特別版④(時期未定)
【マダガスカル周遊】
マダガスカル&ケニア・タンザニアORエチオピア南部:朗報です、エチオピア航空が飛ぶ(^^)v

14.第9の旅(時期未定)
【北インド・中部インド】
ウッタラカンド、ヴィシュノデビなど北部のヒンドゥ聖地、オームカレシュワルなど中部のヒンドゥ聖地巡り

15.第10の旅(時期未定)
【マレー半島・ミャンマー・北タイ】

16.特別版⑥(時期未定)
【陸路で中央アジアまで】
船で上海⇒鉄道でウイグル⇒中央アジア周遊

最新の記事

エチオピア旅行、移動とホテル..
at 2019-08-16 11:02
ゴンダールの見どころはこちら..
at 2019-08-14 20:21
ファジル・ゲビ、ゴンダール城..
at 2019-08-12 16:18
ジョージタウンの華人会館、華人廟
at 2019-08-09 15:38
フローレス島観光 その2 温..
at 2019-08-08 23:38
フローレス島観光 その1 ク..
at 2019-08-07 11:39
驚きました、バンドンのフード..
at 2019-08-05 23:50
マラッカの3つのモスク
at 2019-08-03 00:14
充実のパッタニー華人街、徳教..
at 2019-08-01 00:12
バンドン、ジョグジャカルタ、..
at 2019-07-30 11:55

最新のコメント

ヒョウちゃん 私の部屋..
by kimcafetr at 11:08
今の時期、部屋はちょっぴ..
by ヒョウちゃん at 01:25
とんびさん ブログの予..
by kimcafetr at 23:40
え、え、えっ、、今年年末..
by とんび at 21:05
とんびさん いけね、変..
by kimcafetr at 09:40
予定変更ですね。左側の欄..
by とんび at 00:48
とんびさん まだですよ..
by kimcafe at 17:31
新しいブログを開設し、以..
by とんび at 21:52
yossyさん タンマ..
by kimcafetr2 at 19:15
本院に行かれるなら、可愛..
by yossy at 16:42

最新のトラックバック

マラッカのシーク寺院でラ..
from kimcafeのB級グルメ旅
カピタン・クリン・モスク..
from kimcafeのB級グルメ旅
ERIKOカラオケでパタ..
from kimcafeのB級グルメ旅
スーパーのカツ丼を食べて..
from kimcafeのB級グルメ旅
念願!代田の宮川でうな重
from kimcafeのB級グルメ旅
歌舞伎&回転寿司でJAP..
from kimcafeのB級グルメ旅

検索

以前の記事

2020年 06月
2019年 08月
2019年 07月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
旅行家・冒険家

バンコクの徳教会紫真閣を訪問しました

2018年5月15日
d0360509_1171511.jpg
トンブリ地区にある、泰国徳教会紫真閣を訪問しました
そもそも徳教って何なの?ですよね(^^ゞ
私が徳教というものの存在を知ったのはだいぶ昔に買った、「歴史読本 世界謎の宗教団体」の「徳教 東南アジアの華人宗教」BY吉原和男、からなんです
それを私なりにまとめると、「徳教は1939年に南中国潮州で生まれた道教系の宗教である
3人の男がこの地方に伝わる扶乩(フーキー)と呼ばれる宗教儀礼によって道教の神仙の託宣を受けた
3人の男に対して、徳教を創始して世を救うべきこと、地域社会に医薬品を施与するなどの慈善活動を行うことを指示した
徳教の中心的な宗教儀礼である扶乩は宋代から始まったもので、2名の男性がY字型の柳の枝の両端をそれぞれ片手で持ち、砂または灰を薄く敷いた盤の上をトランス状態で動かすことによって行われる
(なので中国版こっくりさんと呼ばれたりします)
砂上に残された柳の枝の跡を解読し、筆記すると、それが神仙の宣託とされるのである
徳教は華人によって東南アジア、特にタイ、マレーシアにもたらされた
タイには第2次大戦後、紫辰閣、紫玄閣という2つの組織が作られた」ということです
今回訪ねた、紫真閣は1952年に創設された組織ということです

d0360509_11161352.jpg
d0360509_11164926.jpg
ヤワラートから渡し船でトンブリに渡ると中国風の高い塔が見えます
そういえばチャオプラヤーエクスプレスからこの塔を見て何の寺院なんだろう?と思ったものでした

d0360509_11203660.jpg
d0360509_1121206.jpg
d0360509_11214959.jpg
紫真閣に入ると左に紫真閣慈善機構という建物があり、右に救急車が見えました
徳教会は、そもそもの託宣の通り救急活動などの社会活動に力を入れているようです

d0360509_1129260.jpg
河から見えた塔です
残念ながら鍵がかかっていて上に上がることはできませんでした

d0360509_11302841.jpg
d0360509_1131667.jpg
d0360509_11323385.jpg
河の畔には門、その横にお堂、それから護符などを燃やす炉のようなものがあります

d0360509_11344856.jpg
時間があれば読んでみてください(^^ゞ

d0360509_1136521.jpg
不思議なのはこの像です
枕木のような木を立てて顔を付けたようなものなんですが、キッチュすぎてこの場にそぐいません
お顔はアウンサン・スーチーに似ているような(^^ゞ

d0360509_1138947.jpg
本堂に入ってみます

d0360509_11391032.jpg
d0360509_11394065.jpg
1階の祭壇の中央には布袋様のように太った像がありますが、道教系の神なのか? わかりません

d0360509_11424780.jpg
おばさまに、2階に上がっていいよと促されて上がってみると、洞窟風に造られた祭壇がありました

d0360509_1144164.jpg
中央にあったのは宋大峰祖師の像です
大峰祖師は宋代に潮州で河川に橋をかけるなど公共事業を行った実在の人物ということです
雰囲気的にここがメインの祭壇のような気もします

d0360509_11475995.jpg
d0360509_11485190.jpg
本殿の裏にもうひと棟あり、その1階には中央に釈迦牟尼佛が奉られていました
右は観音菩薩ですが、左は済公活佛という聞いたことのない像です
さきほどの「徳教 東南アジアの華人宗教」に次のような趣旨の記述もありました
「タイ徳教の特色は、仏教国における華人宗教団体ということを強く意識し、祭壇の中で釈迦像を特に目立つ位置に祭祀したり、特別の祭壇を新たに設けたりして仏教に対する崇敬の念を強調している」
やはりタイで華人が宗教活動を行うにはそれなりの苦労があるようですが、この仏教系の祭壇がそれにあたるようです

d0360509_11581111.jpg
その2階に上がると、玉皇大天尊の像がありました
この玉皇大天尊が道教の事実上の最高神ということです

d0360509_1202922.jpg
本殿1階に戻ると、尊像やプラクルアンのように仕立てた像が売っていました

d0360509_122622.jpg
慈善機構の横の入り口を覗いてみると、食堂のような場所で何人かの女性が働いていたので、サワッディ・クラップと声を掛けてみました
あわよくば、ちょうど食事の支度ができたところなんだけど食べていかない・・・とかなるのを期待したんですが・・・無理でした(^^ゞ

わからないことだらけの徳教ですが、今後、マレーシアのペナン、シンガポールなどでも徳教会を訪問するつもりですので、更に勉強してみたいと思っています
そして、あわよくば、「食事でも・・・」も追及してみましょう(^^ゞ
by kimcafetr | 2018-08-12 12:08 | バンコク・カオサン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kimcafetr.exblog.jp/tb/26793686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sukhumvit-asok at 2018-05-17 00:04
私も食おうの午後はチャオプラヤー川に行ってました。
考えてみたら今日の午後は暇になることがわかっていたのです。

私もデートの虫除け同じものを会社のクリニックから支給されました。
これ効くらしいですよ。
田舎に行った時の夕方は使ったほうがいいのでは。
スクムビット
Commented by kimcafetr at 2018-05-18 10:01
スクムビットさん
この寺はチャオプラヤーエクスプレスから目立つんですが、隣に古い倉庫?を利用した新しいスポットができていました
これから有名になるかもです(^^ゞ