ついに旅立ちました(^^)v


by kimcafe

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

第1の旅(準備・整理)
バンコク・カオサン
コルカタ
ベナレス
クシナガル
ルンビニ・タンセン
ポカラ
ムクティナート
カトマンズ
デヴガート・ジャナクプル
パトナ
ブッダガヤ・ラージギル
ジャールカンド州
スルタンガンジ・カハルガオン
第1の旅 その他
第2の旅(準備・整理)
パタヤ&東海岸
シアヌークビル
トンレサップ湖一周&ラタナキリ
プノンペン
メコンデルタ
ホーチミン
ベトナム中部
ラオス:シーパンドン・パクセ
ラオス:サワナケート・パクサン
タイ・イサーン
第3の旅(準備・整理)
タイ・中部南部
マレーシア
シンガポール
インドネシア・ジャワ
東ティモール
インドネシア・東ヌサテンガラ
インドネシア・西ヌサテンガラ
西アフリカの旅 準備と整理
ベナン BENIN
トーゴ TOGO
ガーナ GHANA
コートジボワール Côte d’Ivoi
エチオピア ETHIOPIA
第4の旅(準備・整理)
タミールナドゥ

タグ

(87)
(82)
(60)
(39)
(33)
(23)
(8)
(6)
(6)
(4)
(4)
(3)

旅行計画

旅先でkimcafeに会ってみたい方がいたら気軽に声をかけてくださいね(^^ゞ
★メールはこちらへ(@を小文字に直してね)⇒kimcafe@wonder.ocn.ne.jp

1.【無事終了しました(^^)v】第1の旅(2017.8.18-11.15)
【インド・ネパール】
バンコク⇒コルカタ⇒ベナレス⇒クシナガル⇒ルンビニ⇒タンセン⇒ポカラ⇒タトパニ⇒ムクティナート⇒ポカラ⇒カトマンドゥ⇒デヴガート⇒ジャナクプル⇒パトナ⇒ブッダガヤ⇒ラージギル⇒シカージ⇒スルタンガンジ⇒コルカタ⇒カンチャナブリ⇒バンコク

2.【無事終了しました(^^)v】第2の旅(2017.12.2-2018.3.1)
【インドシナ1周小回り】
バンコク⇒パタヤ⇒シアヌークビル⇒シェムリアップ⇒ラタナキリ⇒プノンペン⇒チャウドック⇒カントー⇒サイゴン⇒フエ⇒ホイアン⇒ドンデット⇒サワンナケート⇒ノンカイ⇒ロイエット⇒ムクダハン⇒ウボン⇒バンコク

3.【無事終了しました(^^)v】第3の旅(2018.5-8)
【海洋アジアその①】
南タイ⇒ペナン⇒マラッカ⇒シンガポール⇒バタム島⇒ジャカルタ・ジャワ島⇒バリ島⇒東チモール⇒フローレス島・ランバタ島⇒ロンボク島⇒バリ島

4.【無事終了しました(^^)v】特別版①(2018.9-10)
【西アフリカ&エチオピア】
ベナン⇒トーゴ⇒ガーナ⇒コートジボワール⇒エチオピア


5.第4の旅(2018.12-2019.2)
【南インド・スリランカ】
ムルガン神の聖地巡り、スリランカ仏跡巡り

6.特別版②(2019.6-8)
【アマゾン河下り】
ペルーのイキトスからアマゾン河口のベレンまでハンモックの船で:暇でしょうね(^^ゞ

7.第5の旅(2019.8-11)
【海洋アジア②】
フィリピン⇒東マレーシア⇒ボルネオ島⇒ブルネイ⇒KL⇒スマトラ島

8.第6の旅(2019.12-2020.2)
【西インド・パキスタン】

9.第7の旅(2020.6-9)
【インドシナ1周大回り】
香港⇒広西⇒ベトナム⇒雲南⇒ラオス⇒北タイ⇒バンコク

10.特別版③(2020.10-11)
【エジプト周遊】
エジプト・イスラエル・ヨルダン

11.第8の旅(2020.12-2021.2)
【東インド・バングラデシュ】
ブータンに安く行ければ行きたい(^^)v

12.特別版④(2021.6-7)
【マダガスカル周遊】
マダガスカル&ケニア・タンザニアORエチオピア南部:朗報です、エチオピア航空が飛ぶ(^^)v

13.第9の旅(2021.8-11)
【北インド・中部インド】
ウッタラカンド、ヴィシュノデビなど北部のヒンドゥ聖地、オームカレシュワルなど中部のヒンドゥ聖地巡り

14.第10の旅(2021.12-2022.2)
【マレー半島・ミャンマー・北タイ】

15.特別版⑤(2022.6-7)
【陸路で中央アジアまで】
船で上海⇒鉄道でウイグル⇒中央アジア周遊

16.おまけで(2022.12-2023.2)
バンコクステイ、そろそろ落ち着きますか(^^ゞ

最新の記事

ヴォーダフォンSIMゲット記..
at 2018-12-13 01:02
第4の旅 予算状況その1 バ..
at 2018-12-09 03:05
泰国義徳善堂は報徳堂とは違っ..
at 2018-12-06 01:30
華僑報徳善堂(報徳堂)に行っ..
at 2018-12-04 00:41
このブログ「kimcafe ..
at 2018-11-30 22:20
明日からロカボで「第4の旅 ..
at 2018-11-29 11:55
「第4の旅 南インド・ムルガ..
at 2018-11-15 22:05
「第4の旅 南インド・ムルガ..
at 2018-11-15 11:35
「第4の旅 南インド・ムルガ..
at 2018-11-14 19:36
呪物市場の本命 ロメのアコデ..
at 2018-11-10 22:15

最新のコメント

ヒョウちゃん 正確には..
by kimcafetr at 00:22
スクムビットさん 西ア..
by kimcafetr at 00:21
3日がかりですか。 や..
by ヒョウちゃん at 22:48
たかがSIMに大変な手間..
by sukhumvit-asok at 17:17
ヒョウちゃん 9つの寺..
by kimcafetr at 03:11
ワット・フアラムポーンに..
by ヒョウちゃん at 20:59
鍵コメさん メール送り..
by kimcafetr at 23:37
trinさん バンコク..
by kimcafe at 01:51
luntaさん 気のせ..
by kimcafe at 01:48
ヒョウちゃん ロカボは..
by kimcafe at 01:44

最新のトラックバック

マラッカのシーク寺院でラ..
from kimcafeのB級グルメ旅
カピタン・クリン・モスク..
from kimcafeのB級グルメ旅
ERIKOカラオケでパタ..
from kimcafeのB級グルメ旅
スーパーのカツ丼を食べて..
from kimcafeのB級グルメ旅
念願!代田の宮川でうな重
from kimcafeのB級グルメ旅
歌舞伎&回転寿司でJAP..
from kimcafeのB級グルメ旅

検索

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
旅行家・冒険家

執念の手作り地獄寺 ワット・パー・テーワーピタック・プラチャー・バムルン

2018年2月19日
d0360509_1316302.jpg
d0360509_13202866.jpg
タイ東北部イサーン地方の都市ローイエットから車で30分程のお寺、ワット・パー・テーワーピタック・プラチャー・バムルン Wat Pa Thewapithak Pracha Bamrung です
ここはタイに多い地獄寺(像などで地獄の様子を現す寺)ということでやってまいりました(^^ゞ
郊外だけあって土地が広いですね
森の中の寺という感じです

d0360509_13213768.jpg
d0360509_13215260.jpg
まずは、通常のお寺っぽい部分なんですが・・・
中国寺ぽいものもあり

d0360509_13225217.jpg
d0360509_13231198.jpg
d0360509_13233298.jpg
d0360509_13232286.jpg
ヒンドゥー教ぽいところもあり

d0360509_1324397.jpg
d0360509_13245330.jpg
d0360509_1325989.jpg
タイぽいところもあります
これ自体は珍しいことじゃないんですが・・・

d0360509_13252766.jpg
d0360509_13264952.jpg
本堂らしきところもたよりなく、いかにも手作りぽいというか、素人ぽいお寺なんです
ここって正式のお寺なんだろうか?
なんか個人が作った地獄テーマパークみたいな感じもいたします(^^ゞ

d0360509_13291419.jpg
d0360509_13292885.jpg
d0360509_13294658.jpg
d0360509_1330591.jpg
さて、境内は森の中に広がっているんですが、まずは村の生活コーナーから見て行きましょうか(^^ゞ
村祭りでしょうかね、村のみなさんが歌っています
楽しそうですね
人形のクオリティは低いです、いかにも手作りな感じで、壊れた個所も修復されていない感じです

d0360509_13323753.jpg
d0360509_1333025.jpg


ま、楽しそうだからいいか(^^ゞ

d0360509_13333878.jpg
d0360509_13335181.jpg
こんな人形も多いんです
病気のひと、それとも亡くなってしまったんでしょうか?

d0360509_13345161.jpg
d0360509_1335432.jpg
d0360509_13351638.jpg
果たしてこれらの像が示すものは何なのか?
諸行無常? 生老病死の苦しみ?
楽し気な村の生活の中にあるということは・・・・うーむ

d0360509_13392642.jpg
d0360509_13395916.jpg
d0360509_13401954.jpg
d0360509_13403281.jpg
こちらは単純に労働の喜び・・・かな?(^^ゞ

d0360509_13414254.jpg
d0360509_1342382.jpg
これは賭け事のようですね
楽しそうでいいですね・・・じゃなくてね、私には見えますよ
これは罪なことじゃないのかな・・・あとが怖いよ(^_^;)

d0360509_13432949.jpg
こちらは酒盛りでしょうか
これもタイではけっこう罪が重いですよ(^^ゞ

d0360509_13441761.jpg
これは立小便の罪かな(^^ゞ
罰の重さは不明です
こちらのみなさんはあとの地獄コーナーで苦労する予感がいたします

d0360509_1345441.jpg
一方、こちらのお二人は、「おじいさんとおばあさん、善い人」とあります
天国行間違いなしでしょうか(^^ゞ

こんな風に、安っぽい手作りの人形が延々と並んでいるんです
中には意味が分からないもの、ただぼうっとしているだけの村人なんかも多いです
ただし、それぞれのシーンには装置が付いていて、コインを入れるとタイ語の解説が流れるんです

d0360509_13502474.jpg
d0360509_13503949.jpg
村には罪を生むものだけでなく、善を生むものも用意されています
そうです、それが仏法僧なんです
タンブンして功徳を積んでおけば、地獄行が天国行に変更されるかもですから大事ですよ(^^ゞ

d0360509_13525362.jpg
d0360509_135373.jpg
d0360509_13532417.jpg
お坊様が托鉢に来たら、忘れず用意した食事を捧げましょう
お寺に対する寄進も怠ってはだめですよ

d0360509_13544354.jpg
村の中でも意味不明なのがこれです
迷妄の故、魚を愛するようになったのか? はたまた、愛に執着したため愛する人が魚に変じたのか・・・

d0360509_13563426.jpg
d0360509_13565265.jpg
これもわかんない(^_^;)
地面に半分埋まって僧を礼拝するひと
しかし、僧が持っているのは箒・・・ですか?(^^ゞ

d0360509_13582857.jpg
また、村に突如現れた三蔵法師の一行
これも不思議ではあります

d0360509_1404233.jpg
d0360509_1405168.jpg
d0360509_141459.jpg
そして、いよいよ地獄コーナーです
おお、地獄の獄卒から責苦を受ける亡者たち・・・ギャー!!
でも、造りがキッチュなせいかあんまり怖くないですね(^^ゞ

d0360509_1424228.jpg
d0360509_1425191.jpg
d0360509_1431391.jpg
こちらは自らの罪科により醜い姿に変わってしまった亡者たちでしょうか?
こっちの方が迫力あるかな(^^ゞ

d0360509_1443124.jpg
d0360509_1444555.jpg
d0360509_144587.jpg
d0360509_1452494.jpg
d0360509_145405.jpg
d0360509_1455525.jpg
なんだと!地獄の責苦が怖くない?
ならばこれでどうだ!!Ψ(`▽´)Ψ
うわー!!たすけてー!!
うーん、キッチュな手作りならではの凄みがありますね(^_^;)

d0360509_1484157.jpg
d0360509_1485751.jpg
d0360509_1491289.jpg
d0360509_1493521.jpg
d0360509_1495077.jpg
いやあ、凄いです
いったい誰が、どんな思いを込めてこの像を作っていたんでしょうか?
そっちの方が興味あります(^^ゞ

d0360509_14141622.jpg
d0360509_14143386.jpg
d0360509_14145099.jpg
そして、次なる彼らは亡者を苦しめる地獄の獄卒なのか? それとも彼ら自身もまた苦しみを味わう亡者なのか・・・

d0360509_14165964.jpg
d0360509_14171349.jpg
d0360509_14173056.jpg
d0360509_14174572.jpg
わからないです
わからない・・・

d0360509_14212813.jpg
ただし、亡者どもにも救いの道は残されているようでした
仏に救いを求める亡者たち・・・?

d0360509_14225410.jpg
最後に個人的に一番怖かった像をお見せします

さて、このワット・パー・テーワーピタック・プラチャー・バムルンにあるおびただしい像のうち、ご紹介できたのは一部のみです
普通の地獄寺は、普通のお寺の一角に地獄コーナーがある感じなんですが、ここは地獄テーマパークの一角にお寺ぽい部分があるという感じです
言わば本物の地獄寺・・・(^^ゞ
あとはご自分の目で確かめていただくよりないでしょうね
[PR]
by kimcafetr | 2017-12-12 19:28 | タイ・イサーン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kimcafetr.exblog.jp/tb/26759250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]