人気ブログランキング |


ついに旅立ちました(^^)v


by kimcafe

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

☆☆第1の旅(準備・整理)
バンコク・カオサン
コルカタ
ベナレス
クシナガル
ルンビニ・タンセン
ポカラ
ムクティナート
カトマンズ
デヴガート・ジャナクプル
パトナ
ブッダガヤ・ラージギル
ジャールカンド州
スルタンガンジ・カハルガオン
☆☆第1の旅 その他
☆☆第2の旅(準備・整理)
パタヤ&東海岸
シアヌークビル
トンレサップ湖一周&ラタナキリ
プノンペン
メコンデルタ
ホーチミン
ベトナム中部
ラオス:シーパンドン・パクセ
ラオス:サワナケート・パクサン
タイ・イサーン
☆☆第3の旅(準備・整理)
タイ・中部南部
マレーシア
シンガポール
インドネシア・ジャワ
東ティモール
インドネシア・東ヌサテンガラ
インドネシア・西ヌサテンガラ
☆☆西アフリカの旅 準備と整理
ベナン BENIN
トーゴ TOGO
ガーナ GHANA
コートジボワール Cote d’Ivoi
エチオピア ETHIOPIA

タグ

(83)
(80)
(57)
(39)
(32)
(23)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(3)

旅行計画

旅先でkimcafeに会ってみたい方がいたら気軽に声をかけてくださいね(^^ゞ
★メールはこちらへ(@を小文字に直してね)⇒kimcafe@wonder.ocn.ne.jp

1.【無事終了しました(^^)v】第1の旅(2017.8.18-11.15)
【インド・ネパール】
バンコク⇒コルカタ⇒ベナレス⇒クシナガル⇒ルンビニ⇒タンセン⇒ポカラ⇒タトパニ⇒ムクティナート⇒ポカラ⇒カトマンドゥ⇒デヴガート⇒ジャナクプル⇒パトナ⇒ブッダガヤ⇒ラージギル⇒シカージ⇒スルタンガンジ⇒コルカタ⇒カンチャナブリ⇒バンコク

2.【無事終了しました(^^)v】第2の旅(2017.12.2-2018.3.1)
【インドシナ1周小回り】
バンコク⇒パタヤ⇒シアヌークビル⇒シェムリアップ⇒ラタナキリ⇒プノンペン⇒チャウドック⇒カントー⇒サイゴン⇒フエ⇒ホイアン⇒ドンデット⇒サワンナケート⇒ノンカイ⇒ロイエット⇒ムクダハン⇒ウボン⇒バンコク

3.【無事終了しました(^^)v】第3の旅(2018.5-8)
【海洋アジアその①】
南タイ⇒ペナン⇒マラッカ⇒シンガポール⇒バタム島⇒ジャカルタ・ジャワ島⇒バリ島⇒東チモール⇒フローレス島・ランバタ島⇒ロンボク島⇒バリ島

4.【無事終了しました(^^)v】特別版①(2018.9-10)
【西アフリカ&エチオピア】
ベナン⇒トーゴ⇒ガーナ⇒コートジボワール⇒エチオピア

5.【無事終了しました(^^)v】第4の旅(2018.12-2019.2)
【南インド・スリランカ】
ムルガン神の聖地巡り、スリランカ仏跡巡り(記事はkimcafeトラベリング2に移動しました)

------以下の旅はkimcafeトラベリング2です------

6.特別版②(2019.9-11)
【アマゾン河下り】
エクアドル⇒ペルー⇒ボリビア⇒ペルーのあと、ペルーのアマゾン、ユリマグアスからイキトス、ブラジルまでハンモックの船で:暇でしょうね(^^ゞ

7.特別版③(2019.12-20.2)
【バンコクステイ】
あこがれのバンコクアパート暮らしです(^^ゞ
ビザの更新に2回は出国必要です、1回はクアラルンプールのタイプーサムだな

8.第5の旅(時期未定)
【海洋アジア②】
フィリピン⇒東マレーシア⇒ボルネオ島⇒ブルネイ⇒KL⇒スマトラ島

9.第6の旅(時期未定)
【西インド・パキスタン】

10.第7の旅(時期未定)
【インドシナ1周大回り】
香港⇒広西⇒ベトナム⇒雲南⇒ラオス⇒北タイ⇒バンコク

11.特別版④(時期未定)
【エジプト周遊】
エジプト・イスラエル・ヨルダン

12.第8の旅(時期未定)
【東インド・バングラデシュ】
ブータンに安く行ければ行きたい(^^)v

13.特別版④(時期未定)
【マダガスカル周遊】
マダガスカル&ケニア・タンザニアORエチオピア南部:朗報です、エチオピア航空が飛ぶ(^^)v

14.第9の旅(時期未定)
【北インド・中部インド】
ウッタラカンド、ヴィシュノデビなど北部のヒンドゥ聖地、オームカレシュワルなど中部のヒンドゥ聖地巡り

15.第10の旅(時期未定)
【マレー半島・ミャンマー・北タイ】

16.特別版⑥(時期未定)
【陸路で中央アジアまで】
船で上海⇒鉄道でウイグル⇒中央アジア周遊

最新の記事

西アフリカの旅のコースとハイ..
at 2018-10-20 16:38
アフリカの旅 エチオピアのハ..
at 2018-10-19 21:15
「特別版 西アフリカとエチオ..
at 2018-10-18 13:33
ベナンでMTN社のSIMカー..
at 2018-10-16 23:10
ベナンのコトヌーにある「たけ..
at 2018-10-16 12:51
コトヌーのダントッパ市場の呪..
at 2018-10-16 12:42
呪物市場第二弾!殺したてのコ..
at 2018-10-15 21:24
アボメイの王宮を訪ね歴代王の..
at 2018-10-15 06:49
アボメイのユニークホテル、シ..
at 2018-10-15 04:43
水上都市ガンヴィエのHote..
at 2018-10-14 19:52

最新のコメント

とんびさん ブログの予..
by kimcafetr at 23:40
え、え、えっ、、今年年末..
by とんび at 21:05
とんびさん いけね、変..
by kimcafetr at 09:40
予定変更ですね。左側の欄..
by とんび at 00:48
とんびさん まだですよ..
by kimcafe at 17:31
新しいブログを開設し、以..
by とんび at 21:52
yossyさん タンマ..
by kimcafetr2 at 19:15
本院に行かれるなら、可愛..
by yossy at 16:42
yossyさん コメン..
by kimcafe at 19:36
お返事ありがとうございま..
by yossy at 10:43

最新のトラックバック

マラッカのシーク寺院でラ..
from kimcafeのB級グルメ旅
カピタン・クリン・モスク..
from kimcafeのB級グルメ旅
ERIKOカラオケでパタ..
from kimcafeのB級グルメ旅
スーパーのカツ丼を食べて..
from kimcafeのB級グルメ旅
念願!代田の宮川でうな重
from kimcafeのB級グルメ旅
歌舞伎&回転寿司でJAP..
from kimcafeのB級グルメ旅

検索

以前の記事

2020年 06月
2019年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
旅行家・冒険家

ネパール第1のシヴァ寺院 パシュパティナート

2017年10月5日
d0360509_21541295.jpg
カトマンズのイミグレーションオフィスでVISA延長の手続きをした後、パシュパティナートを訪問することにしていました
パシュパティナートは以前、もう7年前になりますが1度来たことがあります
今回の目的は、パシュパティナート寺院地域にあるグヘシュワリ寺院 Guhyeshwari Templeを訪問することです
ネパールに3か所あるシャクティー・ピータ(シヴァ神の最初の妻、サティーの遺骸がヴィシュヌの円盤に寄って切り裂かれ、その一部が落ちたところとされる聖地)の内のひとつ(落下したのはサティの両ひざ)なんです
他の2か所、ムクティナート(こめかみ)とジャナキ寺院(左の肩)はすでに訪問していますので、グヘシュワリ寺院を訪問すればネパールのシャクティ・ピータをコンプリートすることができるんです(^^)v
歩いて30分くらいでしょうか、Google Map もあるし、どうってことはありません
すると道角に現れたのがこの人です
真っ赤な舌を垂らした姿はカーリー女神を現わしているんでしょう
カーリー女神は、シヴァ神の妻で憤怒の相を現わし、シャクティ・ピータを信仰するシャクティ派の最も重要な神ですから、幸先がいいですぞ(^^ゞ
彼もサドゥーなんでしょうか?
ネパールにもいろんな人がいて面白いですね(^^ゞ

d0360509_21584954.jpg
続いてパシュパティナート寺院の入り口で会ったのは・・・樹木人間?
彼もまたサドゥーなんでしょうが、樹木の扮装にどのような意味があるのか、不思議ですね

d0360509_22194647.jpg
d0360509_2220285.jpg
同じく、パシュパティナートの門前で火の供養が行われていました
写真を撮ってもいいかと聞くと、お前もやってみろとのこと・・・喜んでやらせていただきました(^^ゞ

d0360509_22213825.jpg
d0360509_2222318.jpg
d0360509_22222814.jpg
お布施はいろいろとっかります(^^ゞ

d0360509_22232770.jpg
こちらがパシュパティナート寺院です
パシュパティとは獣畜の主という意味で、シヴァ神の別名です
この寺院からバグマティ川を挟んだ裏山に様々な寺院が点在していて、グヘシュワリ寺院もそのひとつです

d0360509_2229812.jpg
こちらがパシュパティ寺院の入り口です
しかし、ヒンドゥー教徒以外は立入り禁止です
ヒンドゥー教シヴァ派を自任するkimcafeは当然OKのはずですが・・・あちゃー!?ダメでした(^^ゞ
こんなことならオレンジ色のサドゥー服を着てくればよかった・・・

d0360509_22304912.jpg
門から奥を覗いて想像するしかありません
見えるのはシヴァ神の乗り物、牛のナンディンの像です

d0360509_22352978.jpg
バグマティ川を渡ると10のリンガを収めるそれぞれの祠があります
そこに屯していたのがこちらの方々、こちらは典型的な姿のサドゥーです
では、記念撮影といきましょうか(^^ゞ

d0360509_22373711.jpg
d0360509_2237492.jpg
d0360509_2238190.jpg
d0360509_22381787.jpg
いろんな方がいて、ホント楽しいです(^^)v

d0360509_2239391.jpg
d0360509_22395365.jpg
葬儀の準備も始まったようです
少し見ていきますか

d0360509_22404945.jpg
d0360509_2241375.jpg
幸いなことに、ベナレスのマニカルニカ・ガートと違って、ここでは焼き場の写真を撮っても咎める人はいません

d0360509_22433847.jpg
d0360509_22435013.jpg
d0360509_2244252.jpg
今回は、ある葬礼を間近で見せてもらったんです
薪木の台の上の遺体との別れの儀式が行われていました
親戚や友人一同が遺体の周りを右回りで回ります
その際に香典を遺体の上に置き、ミルクを死に水として口に注ぎます
最後は息子がギーを塗った燃やした薪を持って最後の別れを行います
そしてその薪の火で遺体の下の薪木の点火します
しかし、そう簡単には燃え上がらず、葬儀人が代わって火を付けていました

d0360509_22522330.jpg
d0360509_22523970.jpg
こうしているといつまでたっても、グヘシュワリ寺院に着かないので急ぎましょう

d0360509_22542462.jpg
d0360509_2254366.jpg
d0360509_22544967.jpg
丘を登ってところは猿の天国です
ただ、果物や菓子を手に持っていると猿にひったくられることがありますから注意ですね(^^ゞ

d0360509_22572140.jpg
丘の上から再度、バグマティ川に下る道にでました
この右側の建物が目指すグヘシュワリ寺院です

d0360509_232530.jpg
飾り気のない建物です

d0360509_233774.jpg
d0360509_233223.jpg
ヒンドゥー教徒以外立入り禁止とあったんですが、すっとぼけて入ってみると・・・やっぱろ、断固として止められてしまいました・・・(^_^;)
残念ですが中に入るのは諦めて、そとからお祈りするしかないようです

d0360509_2361746.jpg
d0360509_2363339.jpg
もう一度丘に登って寺院を見てみます
中央に骨組みだけの屋根のようなものが見えます
祭祀用の建物でしょうか、変わった建物ですね(^_^;)

d0360509_2384877.jpg
この画像はこちらのサイトからです⇒GUHYESHWARI TEMPLE
そして説明書きには次のようにあります
The pagoda-style temple has a distinct interior. Instead of a standing figure of the Goddess, it has a flat figure parallel to the ground that is worshipped by bowing down. Next to the divine figure is a pond, the Bhairav Kunda. Devotees put their hand inside the pond and whatever they get is considered holy and is accepted as a blessing from the divine.
ますます、気になりますね(^^ゞ
いつか異教徒にも開放されたら、もう一度行ってみたいものです

d0360509_23152462.jpg
パシュパティナート寺院への帰り道、目隠しして変なことをしている少年がいました

d0360509_23163443.jpg
d0360509_23165089.jpg
d0360509_2317768.jpg
目隠しして穴を目指し、ぴったりはまったらラッキーということのようです(^^ゞ

パシュパティナート寺院には入れなくとも、シャクティー・ピータには興味がなくとも・・・
見どころいっぱいのパシュパティナートです(^^ゞ
実はこの地区に入場するのは1,000ルピー=1,100円という当地の物価からしたら法外に高いお金を取られるのですが、私には決して高くは感じられませんでした

また、夕方には川岸でアルティ(ヒンドゥー教の儀式)も行われています
by kimcafetr | 2017-09-28 23:24 | カトマンズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kimcafetr.exblog.jp/tb/26571669
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。