ついに旅立ちました(^^)v


by kimcafe

プロフィールを見る

カテゴリ

第1の旅(準備・整理)
バンコク・カオサン
コルカタ
ベナレス
クシナガル
ルンビニ・タンセン
ポカラ
ムクティナート
カトマンズ
デヴガート・ジャナクプル
パトナ
ブッダガヤ・ラージギル
ジャールカンド州
スルタンガンジ・カハルガオン
第1の旅 その他
第2の旅(準備・整理)
パタヤ&東海岸
シアヌークビル
トンレサップ湖一周&ラタナキリ
プノンペン
メコンデルタ
ホーチミン
ベトナム中部
ラオス:シーパンドン・パクセ
ラオス:サワナケート・パクサン
タイ・イサーン
第3の旅(準備・整理)
タイ・中部南部
マレーシア
シンガポール
インドネシア・ジャワ
東ティモール
インドネシア・東ヌサテンガラ
インドネシア・西ヌサテンガラ
西アフリカの旅 準備と整理
ベナン BENIN
トーゴ TOGO
ガーナ GHANA
コートジボワール Côte d’Ivoi
エチオピア

タグ

(81)
(74)
(57)
(35)
(31)
(22)
(8)
(6)
(4)
(4)
(3)
(2)

旅行計画

旅先でkimcafeに会ってみたい方がいたら気軽に声をかけてくださいね(^^ゞ
★メールはこちらへ(@を小文字に直してね)⇒kimcafe@wonder.ocn.ne.jp

1.【無事終了しました(^^)v】第1の旅(2017.8.18-11.15)
【インド・ネパール】
バンコク⇒コルカタ⇒ベナレス⇒クシナガル⇒ルンビニ⇒タンセン⇒ポカラ⇒タトパニ⇒ムクティナート⇒ポカラ⇒カトマンドゥ⇒デヴガート⇒ジャナクプル⇒パトナ⇒ブッダガヤ⇒ラージギル⇒シカージ⇒スルタンガンジ⇒コルカタ⇒カンチャナブリ⇒バンコク

2.【無事終了しました(^^)v】第2の旅(2017.12.2-2018.3.1)
【インドシナ1周小回り】
バンコク⇒パタヤ⇒シアヌークビル⇒ポーサット⇒パッタンバン⇒シェムリアップ⇒ラタナキリ⇒プノンペン⇒チャウドック⇒カントー⇒カイベー⇒ミトー⇒サイゴン⇒フエ⇒ホイアン⇒ドンデット⇒チャームパサック⇒パクセ⇒サワンナケート⇒パクサン⇒ノンカイ⇒コンケン⇒ロイエット⇒ムクダハン⇒ウボン⇒バンコク

3.【無事終了しました(^^)v】第3の旅(2018.5-8)
【海洋アジアその①】
南タイ⇒ペナン⇒マラッカ⇒シンガポール⇒バタム島⇒ジャカルタ・ジャワ島⇒バリ島⇒東チモール⇒フローレス島・ランバタ島⇒ロンボク島⇒バリ島


4.特別版①(2018.9-10)
【西アフリカ&エチオピア】
ベナン⇒トーゴ⇒ガーナ⇒コートジボワール⇒エチオピア
西アフリカ、正直怖いです(^^ゞ

5.第4の旅(2018.12-2019.2)
【南インド・スリランカ】
ムルガン神の聖地巡り

6.特別版②(2019.6-8)
【アマゾン河下り】
ペルーのイキトスからアマゾン河口のベレンまでハンモックの船で:暇でしょうね(^^ゞ

7.第5の旅(2019.8-11)
【海洋アジア②】
フィリピン⇒東マレーシア⇒ボルネオ島⇒ブルネイ⇒KL⇒スマトラ島

8.第6の旅(2019.12-2020.2)
【西インド・パキスタン】

9.第7の旅(2020.6-9)
【インドシナ1周大回り】
香港⇒広西⇒ベトナム⇒雲南⇒ラオス⇒北タイ⇒バンコク

10.特別版③(2020.10-11)
【エジプト周遊】
エジプト・イスラエル・ヨルダン

11.第8の旅(2020.12-2021.2)
【東インド・バングラデシュ】
ブータンに安く行ければ行きたい(^^)v

12.特別版④(2021.6-7)
【マダガスカル周遊】
マダガスカル&ケニア・タンザニアORエチオピア南部:朗報です、エチオピア航空が飛ぶ(^^)v

13.第9の旅(2021.8-11)
【北インド・中部インド】
ウッタラカンド、ヴィシュノデビなど北部のヒンドゥ聖地、オームカレシュワルなど中部のヒンドゥ聖地巡り

14.第10の旅(2021.12-2022.2)
【マレー半島・ミャンマー・北タイ】

15.特別版⑤(2022.6-7)
【陸路で中央アジアまで】
船で上海⇒鉄道でウイグル⇒中央アジア周遊

16.おまけで(2022.12-2023.2)
バンコクステイ、そろそろ落ち着きますか(^^ゞ

最新の記事

特別版①西アフリカ・エチオピ..
at 2018-10-20 18:31
ベナンでMTN社のSIMカー..
at 2018-10-19 15:10
【予告編】スマホを盗られた・..
at 2018-10-16 04:03
タナ湖観光 【後半】 島の修..
at 2018-10-14 00:29
タナ湖観光 【前半】 セゲ半..
at 2018-10-13 05:09
呪物市場第二弾!殺したてのコ..
at 2018-10-11 03:24
トレッシュビルとプラトー半日散歩
at 2018-10-07 06:19
特別版①西アフリカ・エチオピ..
at 2018-10-06 06:14
特別版①西アフリカ・エチオピ..
at 2018-10-04 17:08
アクラのMakolaマーケッ..
at 2018-10-04 00:34

最新のコメント

ヒョウちゃん スーダン..
by kimcafetr at 22:41
ヒョウちゃん ホント、..
by kimcafetr at 22:27
スクムビットさん ツー..
by kimcafetr at 22:23
旅の最後の最後でとんだこ..
by ヒョウちゃん at 20:57
私は以前タイでコンデジを..
by sukhumvit-asok at 19:38
とんびさん ありがとう..
by kimcafetr at 13:21
trinさん コウモリ..
by kimcafetr at 13:17
大変なことになりましたね..
by とんび at 09:11
あらー サクサク進んで..
by trintrin at 09:01
カバは結構危ないときいた..
by ヒョウちゃん at 00:01

最新のトラックバック

マラッカのシーク寺院でラ..
from kimcafeのB級グルメ旅
カピタン・クリン・モスク..
from kimcafeのB級グルメ旅
ERIKOカラオケでパタ..
from kimcafeのB級グルメ旅
スーパーのカツ丼を食べて..
from kimcafeのB級グルメ旅
念願!代田の宮川でうな重
from kimcafeのB級グルメ旅
歌舞伎&回転寿司でJAP..
from kimcafeのB級グルメ旅

検索

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
旅行家・冒険家

カーシー・ヴィシュワナート寺院 Kashi Vishwanath Temple 訪問

2017年9月1日
d0360509_10341654.jpg
カーシー・ヴィシュワナート寺院はベナレスにあるシヴァ寺院でヒンドゥー教徒にとって最も重要な聖地のひとつです
20年以上も前のことになりますが、当時のヴィシュワナート寺院は異教徒(外国人?)立ち入り禁止でした
路地を通って寺院に近付くと、「この家の上から寺院が見えるよ」と誘われました
階段を上がると画像のような黄金に飾られた寺院が確かに見え、いくらかの謝礼を払いました
現在ではありがたいことに、異教徒の外国人であろうとカーシー・ヴィシュワナート寺院を参拝することができます(^^ゞ
Kashi Vishwanath Temple

d0360509_10421060.jpg
ベナレス(古名 カーシー)はシヴァ神の都です

d0360509_10435514.jpg
d0360509_11285372.jpg
中でも、カーシー・ヴィシュワナート寺院が最も重要なシヴァ寺院であり、また、インドに12あるジョーティー・リンガ(光のリンガ)のひとつがあるところでもあります

ですのでヒンドゥー教シヴァ派を自称するkimcafeにとって、ベナレスで真っ先に訪れなければならない場所なんですが、到着の翌日はガンガーで沐浴したので(⇒kimcafeのガンガーで沐浴してみた記)、その翌日に訪問することにしました

d0360509_10594326.jpg
カーシー・ヴィシュワナート寺院はメインのダシャシュバメーダ・ガートに続く通りから、北側に路地を進んだところにあります
車もリキシャも通れない狭い道を進んで行くと、なぜか自然に寺院に着くんです(^^ゞ
寺院への入り口はいくつかあって、テロを恐れて警察が厳重に警戒しています
まずは、寺院に隣接してあるというギャーンヴァーピー(知識の泉:画像)という井戸を見ようと、モスク側の入り口に向かったのですが、警備の警官から「外国人はここからは入れない、〇番の入り口に行け」とのこと・・・
ギャーンヴァーピーの井戸を見たいだけと説明しても、取り付く島もない感じでした・・・(^_^;)

仕方なく、〇番の入り口に移動します
入り口と言っても寺院の入り口でなく、寺院に続く小道の入り口にセキュリティ・チェックポイントができているというところです
中には荷物の持ち込みは禁止なので周りにいくつもある商店のロッカーに荷物を預けます
これが20ルピーでした
残念ながら内部の撮影も禁止なので、素直にカメラも預け、チェックに必要なパスポートを持って入り口を入りました

寺院の入り口前にも警察の詰所があり、パスポートのチェックを受けフォームに記入します
非常に厳重な警備でしたが、私が日本人と知ってとてもフレンドリーに対応してくれました
寺院には履物を脱がないと入れませんので、どこかに預ける必要があるんですが、頼んでみると詰所の中に置かせてくれました(^^ゞ
隣の花屋で花輪を買って寺院に入りましょう

d0360509_11281275.jpg
d0360509_11282795.jpg
カーシー・ヴィシュワナート寺院は、これが最も重要なシヴァ寺院なのか!?・・・と驚くほど小さな寺院です
本堂と思われるシカーラに入ってみると、参拝者に囲まれてリンガがあります
おお、これがジョーティー・リンガでしょうか?
バラモンに、「ジョーティー・リンガ?」と聞いてみると、そうだとのこと・・・感激の一瞬ですm(__)m
持ってきた花輪をリンガに捧げしばし祈ります
やはり私が珍しいのか、バラモンは額に赤い印、ティカを付けてくれ、首には花輪をかけてくれました
このままジョーティー・リンガのそばにいたいところですが、次々と参拝者がきますのでそうもいきません
お布施を100ルピー差し上げて本殿を離れました

今度は本殿の周りのにある神殿でバラモンが手招きしているのが目に入りました
同じようにリンガに祈りを捧げると額にティッカを付けてくれます
そしてもうひとつの神殿でも祈り・・・

長年、望んでいたカーシー・ヴィシュワナート寺院でのジョーティー・リンガへの参拝、やってみればあっけないものでしたが、満足感と心地よさがこみ上げてきます(^^ゞ

d0360509_15295693.jpg
ゲストハウスに帰って鏡を見ると・・・おお、こんなになってました(^^ゞ
いつの日か、12あるすべてのジョーティー・リンガを訪れるのが私の夢です
[PR]
by kimcafetr | 2017-11-01 15:31 | ベナレス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kimcafetr.exblog.jp/tb/26563389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]