人気ブログランキング |


ついに旅立ちました(^^)v


by kimcafe

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

☆☆第1の旅(準備・整理)
バンコク・カオサン
コルカタ
ベナレス
クシナガル
ルンビニ・タンセン
ポカラ
ムクティナート
カトマンズ
デヴガート・ジャナクプル
パトナ
ブッダガヤ・ラージギル
ジャールカンド州
スルタンガンジ・カハルガオン
☆☆第1の旅 その他
☆☆第2の旅(準備・整理)
パタヤ&東海岸
シアヌークビル
トンレサップ湖一周&ラタナキリ
プノンペン
メコンデルタ
ホーチミン
ベトナム中部
ラオス:シーパンドン・パクセ
ラオス:サワナケート・パクサン
タイ・イサーン
☆☆第3の旅(準備・整理)
タイ・中部南部
マレーシア
シンガポール
インドネシア・ジャワ
東ティモール
インドネシア・東ヌサテンガラ
インドネシア・西ヌサテンガラ
☆☆西アフリカの旅 準備と整理
ベナン BENIN
トーゴ TOGO
ガーナ GHANA
コートジボワール Cote d’Ivoi
エチオピア ETHIOPIA

タグ

(89)
(86)
(57)
(42)
(33)
(24)
(8)
(8)
(6)
(5)
(5)
(3)

旅行計画

旅先でkimcafeに会ってみたい方がいたら気軽に声をかけてくださいね(^^ゞ
★メールはこちらへ(@を小文字に直してね)⇒kimcafe@wonder.ocn.ne.jp

1.【無事終了しました(^^)v】第1の旅(2017.8.18-11.15)
【インド・ネパール】
バンコク⇒コルカタ⇒ベナレス⇒クシナガル⇒ルンビニ⇒タンセン⇒ポカラ⇒タトパニ⇒ムクティナート⇒ポカラ⇒カトマンドゥ⇒デヴガート⇒ジャナクプル⇒パトナ⇒ブッダガヤ⇒ラージギル⇒シカージ⇒スルタンガンジ⇒コルカタ⇒カンチャナブリ⇒バンコク

2.【無事終了しました(^^)v】第2の旅(2017.12.2-2018.3.1)
【インドシナ1周小回り】
バンコク⇒パタヤ⇒シアヌークビル⇒シェムリアップ⇒ラタナキリ⇒プノンペン⇒チャウドック⇒カントー⇒サイゴン⇒フエ⇒ホイアン⇒ドンデット⇒サワンナケート⇒ノンカイ⇒ロイエット⇒ムクダハン⇒ウボン⇒バンコク

3.【無事終了しました(^^)v】第3の旅(2018.5-8)
【海洋アジアその①】
南タイ⇒ペナン⇒マラッカ⇒シンガポール⇒バタム島⇒ジャカルタ・ジャワ島⇒バリ島⇒東チモール⇒フローレス島・ランバタ島⇒ロンボク島⇒バリ島

4.【無事終了しました(^^)v】特別版①(2018.9-10)
【西アフリカ&エチオピア】
ベナン⇒トーゴ⇒ガーナ⇒コートジボワール⇒エチオピア

5.【無事終了しました(^^)v】第4の旅(2018.12-2019.2)
【南インド・スリランカ】
ムルガン神の聖地巡り、スリランカ仏跡巡り(記事はkimcafeトラベリング2に移動しました)

------以下の旅はkimcafeトラベリング2です------

6.特別版②(2019.9-11)
【アマゾン河下り】
エクアドル⇒ペルー⇒ボリビア⇒ペルーのあと、ペルーのアマゾン、ユリマグアスからイキトス、ブラジルまでハンモックの船で:暇でしょうね(^^ゞ

7.特別版③(2019.12-20.2)
【バンコクステイ】
あこがれのバンコクアパート暮らしです(^^ゞ
ビザの更新に2回は出国必要です、1回はクアラルンプールのタイプーサムだな

8.第5の旅(時期未定)
【海洋アジア②】
フィリピン⇒東マレーシア⇒ボルネオ島⇒ブルネイ⇒KL⇒スマトラ島

9.第6の旅(時期未定)
【西インド・パキスタン】

10.第7の旅(時期未定)
【インドシナ1周大回り】
香港⇒広西⇒ベトナム⇒雲南⇒ラオス⇒北タイ⇒バンコク

11.特別版④(時期未定)
【エジプト周遊】
エジプト・イスラエル・ヨルダン

12.第8の旅(時期未定)
【東インド・バングラデシュ】
ブータンに安く行ければ行きたい(^^)v

13.特別版④(時期未定)
【マダガスカル周遊】
マダガスカル&ケニア・タンザニアORエチオピア南部:朗報です、エチオピア航空が飛ぶ(^^)v

14.第9の旅(時期未定)
【北インド・中部インド】
ウッタラカンド、ヴィシュノデビなど北部のヒンドゥ聖地、オームカレシュワルなど中部のヒンドゥ聖地巡り

15.第10の旅(時期未定)
【マレー半島・ミャンマー・北タイ】

16.特別版⑥(時期未定)
【陸路で中央アジアまで】
船で上海⇒鉄道でウイグル⇒中央アジア周遊

最新の記事

エチオピア旅行、移動とホテル..
at 2019-08-16 11:02
ゴンダールの見どころはこちら..
at 2019-08-14 20:21
ファジル・ゲビ、ゴンダール城..
at 2019-08-12 16:18
ジョージタウンの華人会館、華人廟
at 2019-08-09 15:38
フローレス島観光 その2 温..
at 2019-08-08 23:38
フローレス島観光 その1 ク..
at 2019-08-07 11:39
驚きました、バンドンのフード..
at 2019-08-05 23:50
マラッカの3つのモスク
at 2019-08-03 00:14
充実のパッタニー華人街、徳教..
at 2019-08-01 00:12
バンドン、ジョグジャカルタ、..
at 2019-07-30 11:55

最新のコメント

ヒョウちゃん 私の部屋..
by kimcafetr at 11:08
今の時期、部屋はちょっぴ..
by ヒョウちゃん at 01:25
とんびさん ブログの予..
by kimcafetr at 23:40
え、え、えっ、、今年年末..
by とんび at 21:05
とんびさん いけね、変..
by kimcafetr at 09:40
予定変更ですね。左側の欄..
by とんび at 00:48
とんびさん まだですよ..
by kimcafe at 17:31
新しいブログを開設し、以..
by とんび at 21:52
yossyさん タンマ..
by kimcafetr2 at 19:15
本院に行かれるなら、可愛..
by yossy at 16:42

最新のトラックバック

マラッカのシーク寺院でラ..
from kimcafeのB級グルメ旅
カピタン・クリン・モスク..
from kimcafeのB級グルメ旅
ERIKOカラオケでパタ..
from kimcafeのB級グルメ旅
スーパーのカツ丼を食べて..
from kimcafeのB級グルメ旅
念願!代田の宮川でうな重
from kimcafeのB級グルメ旅
歌舞伎&回転寿司でJAP..
from kimcafeのB級グルメ旅

検索

以前の記事

2020年 06月
2019年 08月
2019年 07月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
旅行家・冒険家

kimcafeのブログとYoutubeチャンネルについて

私、kimcafeの運営している3つのブログとYoutubeチャンネルについてご紹介します

ブログ1.「kimcafeのB級グルメ旅」
食を中心にしたブログです、2005年から世界各国でのB級グルメ体験を記事にしています
エントリー数は3000以上あります

ブログ2.「kimcafeトラベリング」このブログです
2017年から開始した第1の旅から第10の旅(各3か月)の内、第1から第3までと特別編5つの内、第①西アフリカ&エチオピアの記事を載せています
第1の旅「インド・ネパール」
第2の旅「インドシナ小回り:タイ⇒カンボジア⇒ベトナム南部⇒ラオス南部⇒タイ東北」
第3の旅「海洋アジア1:バンコク⇒マレーシア⇒シンガポール⇒インドネシア⇒東チモール」
特別版1.「西アフリカ・エチオピア」:ベナン⇒トーゴ⇒ガーナ⇒コートジボアール⇒エチオピア
*第4の旅「南インド・スリランカ」はブログ3.「kimcafeトラベリング2」に移動しました

ブログ3.「kimcafeトラベリング2」
前期の旅の続きで、第4の旅からの記事を掲載します

Youtube「kimcafeチャンネル」
以前は、ブログに動画を載せるためにUPしていましたが2018年11月より、本格的にYoutuberを目指して第4の旅の動画からUPしています(^^ゞ

応援コメントなどよろしくお願いしますm(__)m

最新記事はこの次から始まります

# by kimcafetr | 2020-06-28 21:32 | Trackback | Comments(6)

エチオピア旅行、移動とホテルのまとめ

2018年10月5日-16日

1.アジスアベバでの宿泊

前回のエチオピア旅行では繁華街のピアッサのWUTMAホテルという安宿に泊まりましたが、今回は別の地区にしようとブッキングドットコムで予約したAthina Guest Houseに泊まりました
ここは、空港に近いGerji地区にあります、周りに食堂、市場、カフェもあり困りませんが、他地区に行くには乗り合いバンかタクシーになります
あと、ここはホテルというより一般の住宅のような感じなのでオーナーの女性に電話番号を聞いていてタクシードライバーと電話で話してもらわないと発見できないかも(^^ゞ

d0360509_09250467.jpg
d0360509_09250740.jpg
d0360509_09250919.jpg
アジスアベバに到着して2泊(1泊440ブル=1848円)したのがこの部屋です
広いテラスがあり、WIFIもあり、温水シャワーもあるので申し分ないんですが、なぜか洗面用の水の蛇口がまったくない・・・(^_^;)
シャワーかトイレの洗浄ホースで歯を磨かないといけないんで外の共用洗面台で磨いてました(^^ゞ

d0360509_09251323.jpg
バハルダール⇒ゴンダール⇒アクスムと回って、またこのホテルの別の部屋に宿泊しました
1泊して翌日の21時ごろチェックアウトでしたが、1.5日分:1日400ブル=1680円と安くなりました(^^ゞ

d0360509_09252093.jpg
オーナーの女性はここにはおらず、この男性と女性の従業員がいます
この男性は英語はあまり話せませんが、とても親切な人でした、なぜか、普段は近所で靴磨きのアルバイトをやっているようでただで磨いてもらっちゃいました(^^ゞ

d0360509_09251735.jpg
最後の晩、夜行の飛行機を待つ間、大雨&停電となりました
スマホもすられた後で、WIFIもつながらず、暗い部屋でこんな感じ・・・(^_^;)⇒アジスアベバのLRTでスマホをすられた~!・・・顛末記
仕方ないので1階で従業員の通じない英語で二人と話をしていました(^^ゞ

2.アジスアベバからバハルダールへの空路

アジスアベバからバハルダールまではエチオピア航空です
d0360509_08424974.jpg
d0360509_08425245.jpg
私はANAのマイレージでエチオピア航空の成田⇒アジスアベバ⇒コトヌー(ベナン)とアビジャン(コートジボアール)⇒アジスアベバ、そしてアジスアベバ⇒成田を7万マイルで取っていました
エチオピア航空の国際線は、エチオピア航空で入国した場合は割引料金になり、ANAマイレージで発券しても有効なんです(^^)v
おかげで国内線が半額以下(通常は高い)で移動することができました、割引料金で1450ブル=6090円
前回も同様にANAのマイレージでエチオピア航空で入国したんですが、割引のことを知らずえらく高い料金を取られたんでした・・・
ちなみにマイレージで航空券を取る場合はゾーン制が適用されるので、行き:成田⇒アジスアベバ⇒コトヌー(ベナン)とアビジャン、帰り1:アビジャン(コートジボアール)⇒アジスアベバ、エチオピアステイ、帰り2:アジスアベバ⇒成田でもアジスアベバ往復でも同じ7万マイルになるんですね
ただし、上記の路線に国内線も付けてできないのかとトライしてみたんですが、さすがに無理みたいでした(^^ゞ

3.バハルダールの宿
d0360509_08425513.jpg
空港からトゥクトゥク(高い)で街に向かい、バスターミナルのすぐそばのMenen Hotelに2泊しました
ここはブログで知って飛び込みではいったんですが、1泊250ブル=1050円でした

d0360509_08425846.jpg
d0360509_08430246.jpg
部屋はいいです、十分です(^^ゞ
温水シャワーも付いてこの値段ならインドよりお得感ありますね
エチオピアなら思っていたより安く屋日ができるような気がします

d0360509_08430570.jpg
d0360509_08430724.jpg
2階にはレストランもありますが利用はしませんでした
画像は1階のカフェでの朝食、ボンボリーノ(ドーナツ)とコーヒーで18ブル=76円です

3.バハルダールからゴンダールへのバス移動

d0360509_08431101.jpg
d0360509_08431467.jpg
バスターミナルの後ろに見えるのがホテルです
さらに、ゴンダール行きのバスは頻発しているということで楽勝でした(^^ゞ

d0360509_08431650.jpg
d0360509_08432067.jpg
バスは80ブル=336円、たしか4時間ほどなので楽勝です
エチオピアで陸路移動は初めてなんですが、なんだ大丈夫じゃん、できるじゃんという感じです(^^ゞ

4.ゴンダールの宿

d0360509_08432414.jpg
d0360509_08432798.jpg
d0360509_08433112.jpg
d0360509_08433489.jpg
最初、ピアッサという中心街に面したQuara Hotelというちょっと高めのホテルで聞いてみたんですが、お値段がグッと高めだったので断念しました(^^ゞ
そこでブログで知ったMICHEAL HOTELに3泊しました
お値段は250ブル=1050ブルで温水シャワー付き、WIFIあり、屋上に洗濯物も干せるし、ピアッサまでも5分ぐらいなので申し分ないホテルでした
一度、長時間停電してWIFIも止まってしまったんです、確か自家発電があったよなと思ってフロントのお兄さんに言うと発電機を回してくれました(^^ゞ
後で発見したんですが、ピアッサにエチオピアホテルというクラシックなホテルがあり値段も安いので、次にゴンダールに行くことがあればトライしたいです

5.ゴンダールからアクスムへのバス移動

d0360509_08433939.jpg
d0360509_08434273.jpg
ここは長距離なんで早朝暗いうちに出発です
前もってバスステーションでチェックしチケットも購入し、ホテルの玄関が早朝でも開いているかも確認しておきました(^^ゞ
ホテルからバスステーションまで歩いて20分以上かかるので、暗い早朝に歩くのはちと不安でしたが、すぐにトゥクトゥクが現れ乗っていくことにしました
バス料金は115ブル=483円です

d0360509_08434594.jpg
d0360509_08434982.jpg
アクスム近くのShireというところまでかなりかかります、10~11時間かな
途中の景色や沿道の村の風景を見ていると楽しめます

d0360509_08435223.jpg
Shireでバンに乗り換えればアクスムまで1時間ほどです
料金は30ブル=126円、街中で降ろしてくれます
これでエチオピアの早朝バス移動もなんとかなることが判明しました(^^)v

6.アクスムの宿

d0360509_08435695.jpg
d0360509_08435995.jpg
d0360509_09093955.jpg
アクスムではブッキングドットコムで予約したSerina Hotelに3泊しました
1泊350ブル=1470円で温水シャワー付き、まずまずですね(^^ゞ
エチオピアは標高高いところが多いので温水シャワーは必須ですね

7.アクスムからアジスアベバ空路

d0360509_09094391.jpg
ここも割引料金で2008ブル=8434円でした、以前の旅でアジスアベバ-ラリベラ往復で4万円近くかかったのがホント悔やまれますわ(^^ゞ
エチオピア航空も電子化されて自動チェックインもできるし便利になりました
しかし、アクスムの空港は飛行機まで遠かったです・・・

8.おまけ、アジスアベバ空港から、までの移動

d0360509_10520082.jpg
アジスアベバでタクシーに乗ると高いので困ります(^_^;)
特に空港への往復は高くつきますね
10月5日の到着時は空港で交渉して200ブル=840円でした、ホテルのあるGerjiまで30分もかからないのにですよ・・・
画像はホテルオーナーの電話番号を見せて電話してもらっているところ

その後はアジスアベバのホテルの従業員のお兄さんに白タクの手配を頼んで150ブル=630円になりました

【まとめ】
今回の旅行で時間さえあればエチオピア国内の旅行は、飛行機なし+1000円程度の安宿でも旅行できることがわかりました
今後は滞在費予算は3500円か4000円で十分かな(今回は6000円)(^^ゞ

# by kimcafetr | 2019-08-16 11:02 | エチオピア ETHIOPIA | Trackback | Comments(0)

ゴンダールの見どころはこちら(天使の天井画の教会など)

2018年10月9日-11日
ゴンダール第1の見どころはやはり、ファジル・ゲビ(ゴンダール城)でしょうが、それ以外にも見どころが多かったでございます(^^ゞ


1.Debre Berhan Selassie 教会
d0360509_19184583.jpg
ゴンダール城から東に20分ほどこんな道を歩きます

d0360509_19184896.jpg
すると見えてきたのがこんな建物、Debre Berhan Selassie 教会の入り口です
入場料100ブル=420円を払って中に入ります

d0360509_19185101.jpg
d0360509_19185448.jpg
すると小さいが趣のある教会があります

d0360509_19190023.jpg
d0360509_19190395.jpg
中の装飾や絵、回廊の雰囲気も素晴らしいです(^^ゞ

d0360509_19190770.jpg
d0360509_19191076.jpg
でも、なんといっても有名なのが天上一面の天使の絵です
うーん、これですか(^^ゞ


2.裏の丘
d0360509_19191694.jpg
ホテルの窓から見えた丘です
ちょっと登りたくなった(^^ゞ

d0360509_19191928.jpg
d0360509_19192357.jpg
丘の方に道を上って行くとロータリーになっていて市場が開かれ、また、トゥクトゥクのたまり場になっていました
上の山羊は売り物のようですが、下の驢馬はただ材木を運んでいるだけかな(^^ゞ

d0360509_19192669.jpg
丘を登ります、道なき道です(^^ゞ

d0360509_19193191.jpg
すると丘の上には建物の跡がありました
そこに青年がいて聞いたところによると、下のホテルの展望台かなんかだったようです

d0360509_19193477.jpg
見晴らしはいいです、向こうに見えるのはファジル・ゲビ(ゴンダール城)です
で、それだけのものです(^^ゞ


3.Fasiladas Bath Timket
d0360509_19193873.jpg
今度は街から西に歩きます、30分ほどあるいたでしょうか? 途中に学校とかあるので飽きません

d0360509_19194158.jpg
Fasiladas Bath Timket というのは王様の別荘? プールなのかな? わからず見てきました(^^ゞ
他にお客もおらず、係員もいないなと中に入って行ったら、横の家からおじさんが出てきてチケットは?と言うんです
それは想定外ですね(^_^;)
どうも、昨日のファジル・ゲビ(ゴンダール城)の入場券と共通のようなんですが、それも置いてきてしまいました
おじさんに昨日、城で撮った画像を見せてほらちゃんとチケット買って入ったんだよと言うと、見逃してくれました(^^)v

d0360509_19194506.jpg
d0360509_19194895.jpg
池の中に建物があります
周りは森に囲まれ、静かでいいところです
来た甲斐はありました(^^ゞ
帰りは乗り合いバンで5分で中心街のピアッサまで帰ることができました


4.岩頸(がんけい)、名称不明
d0360509_19195229.jpg
d0360509_19195793.jpg
ここは観光しに行ったのではなく、バハルダールからの車窓で見えただけなんですが・・・
すごい光景です(^^ゞ
こういうのを(がんけい)あるいは岩栓(がんせん)、突岩(とつがん)というらしいです
「岩頸(がんけい)あるいは岩栓(がんせん)、突岩(とつがん)とは、火道内のマグマが硬化してできた形成物である。火山が侵食によって削られて、火道内の岩栓が地表に現れた地形を岩頸または突岩と呼ぶ。」⇒WIKI 岩頸
スリランカのシギリヤロックも同じ岩頸だそうですが、これはその垂直度、高さが違いますね、正に奇観と呼ぶにふさわしいです(^^ゞ
画像では距離感、高さがわからないですが2百メートルはあるんではないでしょうか?
将来、クライミングのメッカになりそうな予感です(^^ゞ

# by kimcafetr | 2019-08-14 20:21 | エチオピア ETHIOPIA | Trackback | Comments(0)

ファジル・ゲビ、ゴンダール城を訪問してみました

2018年10月10日
d0360509_15433582.jpg
古い歴史を持つエチオピアの中でも有名なのがゴンダール城ですね
正確にはファジル・ゲビといって王宮群のことらしいですね(^^ゞ
ゴンダールの街の中心、ピアッサからも城壁が見えます

d0360509_15433923.jpg
d0360509_15570618.jpg
d0360509_15570977.jpg
d0360509_15571529.jpg
入場料200ブル=840円を払って中に入ります
雰囲気的には岡山城、姫路城、松本城といった日本の平城の中を歩いているようです
ここは歴代の王がそれぞれの様式で建てた王宮がいろいろあるそうで、日本の城郭のように本丸、二の丸、三の丸、外堀、内堀と、防御のための機能で作られたものとは違いますね

d0360509_15571843.jpg
d0360509_15572359.jpg
d0360509_15572876.jpg
d0360509_15573323.jpg
d0360509_15573839.jpg
d0360509_15574088.jpg
城壁で囲まれた広い敷地の中にヨーロッパの石城みたいな建物が点在しています
それらの建物を解説する能力はないので説明は他のサイトを参考にしてください(^^ゞ
しかし、さすがに見ごたえある遺跡であったことは間違いありません

d0360509_15574809.jpg
d0360509_15575192.jpg
ファジル・ゲビの城壁に沿って・・というより敷地に食い込むようにしていくつもの教会があります
また、城とゴンダールの街が一体化して溶け込んでいるのがいいですね(^^ゞ

d0360509_15575828.jpg
これはお役所の建物のようですがゴンダール城を模した造りになっていて面白いです

d0360509_15580396.jpg
この看板(?)や道路の囲などもゴンダール城の建物を模したものがあり、ゴンダールの人々がいかに城を愛し誇りに思っているかよくわかりました(^^ゞ

# by kimcafetr | 2019-08-12 16:18 | エチオピア ETHIOPIA | Trackback | Comments(0)

ジョージタウンの華人会館、華人廟

2018年6月5日-7日

ペナン、ジョージタウンは華人の街ですので、歩いていると華人廟や華人会館に出会います
やはり大きな会館は広州、潮州、海南でした

1.広州府会館
d0360509_13593046.jpg
まずは、チュリア通りにある広州府会館です

d0360509_13593327.jpg
d0360509_13593676.jpg
d0360509_13594030.jpg
門をくぐって入ると、中には寺院風の建物があります

d0360509_13594366.jpg
d0360509_13594775.jpg
神棚には、「列聖重陽帝君至徳尊神」とありますがググってもわかりませんでした
その他には位牌のようなものを飾った段があるくらいで宗教的なものはあまり見つかりません

d0360509_13595005.jpg
このようなポスターがあります
広州の華人の会館が地域別にいろいろあるようです

d0360509_13595479.jpg
中山とは孫文の故郷で有名な場所ですね

d0360509_14130742.jpg
奥には五福堂というものがありました、道教関係の施設でしょうか?


1-2.南海会館
d0360509_14131211.jpg
d0360509_14131560.jpg
チュリア通りを北に行くと、南海会館がありました
海南ではなく南海のようです
これは広州府会館の中のポスターにあった会館ですね、南海とは広州のようです

d0360509_14131973.jpg
d0360509_14133049.jpg
こじんまりして家庭的な感じがします
粤劇のポスターもいいですね、同郷会みたいな雰囲気がありました
d0360509_14132542.jpg
祭壇に祀られているのも特定の神仏ではなく位牌のようです

d0360509_14133471.jpg
ちなみに南海会館の敷地は京の町屋みたいにすごく細長いです(^^ゞ

1-3.番禺会館
d0360509_14134263.jpg
これも広州府会館のポスターにありました
番禺という地名も知りませんでしたが、広州市に番禺区があるそうです

1-4.順徳会館
d0360509_14133896.jpg
順徳は広東省仏山市にある区のようです
ここは私の泊まった環海旅社(わんはい)のすぐ近くなんですが、同郷会館のようには見えませんでした
ある夜、覗いたらダンスの練習をしていました(^^ゞ

1-5.會甯會館 Wooi Ning Wooi Koon
d0360509_14134470.jpg
ここは広州、または広東の同郷会館なのかいまいちわかりません
Wooi Ning Wooi Koonでググるとそれらしきものにあたりますが、會甯でググってもそれらしきものには当たりません

それにしてもちょっと歩いただけでこれだけ広州系の華人会館に当たるとは驚きですね(^^ゞ
ペナンにおける広州華人の割合は相当高いのではないでしょうか?

2.潮州会館
d0360509_14134833.jpg
d0360509_14135161.jpg
リトルインディアの対面にある道教寺院、韓江家廟という道教寺院です
英語では、Han Jiang Ancestral Templeとあるので先祖を祀る施設でしょうね

d0360509_14135685.jpg
d0360509_14140007.jpg
中に入ると正面に寺院のような建物があり
左には、潮商公所とありますので潮州華人の商業組合のようなものでしょう
ここは宗教施設であり、潮州人の会館でもあるようです

d0360509_14140445.jpg
d0360509_14140726.jpg
奥には玄天上帝という道教の神や位牌がありますが、あまり宗教の匂いはしません

d0360509_14141186.jpg
d0360509_14141418.jpg
建物内の掲示です、ここがペナン潮州会館であることを示しています

d0360509_14141997.jpg
隣にあるのは、韓江学校です
ここも潮州人のための学校と思われます

3.海南会館
d0360509_14142207.jpg
チュリア通りと並行するMuntri通りを北東に行くと、天后宮(海南寺院)があります
ここはいかにも道教寺院という造りなんですが・・・

d0360509_14142618.jpg
よく見ると、瓊州会館とあります
瓊州(けいしゅう)は海南島にかつてあった州で、つまりここは海南人の会館です

d0360509_14142894.jpg
d0360509_14143283.jpg
d0360509_14143597.jpg
中を見ると、いましたね(^^ゞ
2番目の画像が、「天后聖母」つまり「媽祖」です
そして下が、海南人が熱く信仰する女神「水尾聖娘」でした

d0360509_14143973.jpg
別に海南会館もあり中はロビーのようになっていました

d0360509_14145244.jpg
さらに隣の大きな建物は、瓊州会館と益華学校です
瓊州会館と海南会館の使い分け、どのようになっているのでしょうか?
瓊州という地域は海南島の中でもそんなに広いところではないんですが、東南アジアでは大きな影響力をもっているのでしょうか?

まとめにならないまとめ
以上、ペナンのジョージタウンで華人会館、中でも広州、潮州、海南の華人会館を巡ってみました
大変面白く、勉強になりますね(^^ゞ
他にも、〇氏宗祠とか、中華総会とか興味は尽きません
次にジョージタウンに来たら、また続きをやりますかね

# by kimcafetr | 2019-08-09 15:38 | マレーシア | Trackback | Comments(0)