ついに旅立ちました(^^)v


by kimcafe

プロフィールを見る

カテゴリ

第1の旅(準備・整理)
バンコク・カオサン
コルカタ
ベナレス
クシナガル
ルンビニ・タンセン
ポカラ
ムクティナート
カトマンズ
デヴガート・ジャナクプル
パトナ
ブッダガヤ・ラージギル
ジャールカンド州
スルタンガンジ・カハルガオン
第1の旅 その他
第2の旅(準備・整理)
パタヤ&東海岸
シアヌークビル
トンレサップ湖一周&ラタナキリ
プノンペン
メコンデルタ
ホーチミン
ベトナム中部
ラオス:シーパンドン・パクセ
ラオス:サワナケート・パクサン
タイ・イサーン
第3の旅(準備・整理)
タイ・中部南部
マレーシア
シンガポール
インドネシア・ジャワ
東ティモール
インドネシア・東ヌサテンガラ
インドネシア・西ヌサテンガラ
西アフリカの旅 準備と整理
ベナン BENIN

タグ

(74)
(66)
(51)
(33)
(29)
(22)
(8)
(6)
(4)
(4)
(3)

旅行計画

旅先でkimcafeに会ってみたい方がいたら気軽に声をかけてくださいね(^^ゞ
★メールはこちらへ(@を小文字に直してね)⇒kimcafe@wonder.ocn.ne.jp

1.【無事終了しました(^^)v】第1の旅(2017.8.18-11.15)
【インド・ネパール】
バンコク⇒コルカタ⇒ベナレス⇒クシナガル⇒ルンビニ⇒タンセン⇒ポカラ⇒タトパニ⇒ムクティナート⇒ポカラ⇒カトマンドゥ⇒デヴガート⇒ジャナクプル⇒パトナ⇒ブッダガヤ⇒ラージギル⇒シカージ⇒スルタンガンジ⇒コルカタ⇒カンチャナブリ⇒バンコク

2.【無事終了しました(^^)v】第2の旅(2017.12.2-2018.3.1)
【インドシナ1周小回り】
バンコク⇒パタヤ⇒シアヌークビル⇒ポーサット⇒パッタンバン⇒シェムリアップ⇒ラタナキリ⇒プノンペン⇒チャウドック⇒カントー⇒カイベー⇒ミトー⇒サイゴン⇒フエ⇒ホイアン⇒ドンデット⇒チャームパサック⇒パクセ⇒サワンナケート⇒パクサン⇒ノンカイ⇒コンケン⇒ロイエット⇒ムクダハン⇒ウボン⇒バンコク

3.【無事終了しました(^^)v】第3の旅(2018.5-8)
【海洋アジアその①】
南タイ⇒ペナン⇒マラッカ⇒シンガポール⇒バタム島⇒ジャカルタ・ジャワ島⇒バリ島⇒東チモール⇒フローレス島・ランバタ島⇒ロンボク島⇒バリ島


4.特別版①(2018.9-10)
【西アフリカ&エチオピア】
ベナン⇒トーゴ⇒ガーナ⇒コートジボワール⇒エチオピア
西アフリカ、正直怖いです(^^ゞ

5.第4の旅(2018.12-2019.2)
【南インド・スリランカ】
ムルガン神の聖地巡り

6.特別版②(2019.6-8)
【アマゾン河下り】
ペルーのイキトスからアマゾン河口のベレンまでハンモックの船で:暇でしょうね(^^ゞ

7.第5の旅(2019.8-11)
【海洋アジア②】
フィリピン⇒東マレーシア⇒ボルネオ島⇒ブルネイ⇒KL⇒スマトラ島

8.第6の旅(2019.12-2020.2)
【西インド・パキスタン】

9.第7の旅(2020.6-9)
【インドシナ1周大回り】
香港⇒広西⇒ベトナム⇒雲南⇒ラオス⇒北タイ⇒バンコク

10.特別版③(2020.10-11)
【エジプト周遊】
エジプト・イスラエル・ヨルダン

11.第8の旅(2020.12-2021.2)
【東インド・バングラデシュ】
ブータンに安く行ければ行きたい(^^)v

12.特別版④(2021.6-7)
【マダガスカル周遊】
マダガスカル&ケニア・タンザニアORエチオピア南部:朗報です、エチオピア航空が飛ぶ(^^)v

13.第9の旅(2021.8-11)
【北インド・中部インド】
ウッタラカンド、ヴィシュノデビなど北部のヒンドゥ聖地、オームカレシュワルなど中部のヒンドゥ聖地巡り

14.第10の旅(2021.12-2022.2)
【マレー半島・ミャンマー・北タイ】

15.特別版⑤(2022.6-7)
【陸路で中央アジアまで】
船で上海⇒鉄道でウイグル⇒中央アジア周遊

16.おまけで(2022.12-2023.2)
バンコクステイ、そろそろ落ち着きますか(^^ゞ

最新の記事

コトヌーのダントッパ市場の呪..
at 2018-09-20 04:42
アボメイのユニークホテル、シ..
at 2018-09-19 04:43
フローレス島の宿6軒紹介
at 2018-09-14 11:44
ウブドの星!Nyuh Gad..
at 2018-09-13 19:15
長かった~!バリ島に向かう2..
at 2018-09-12 15:21
UberもGrabも使ったこ..
at 2018-09-09 19:22
PERAMA社のSANTOS..
at 2018-09-08 11:06
PERAMA社のSANTOS..
at 2018-09-07 19:55
第3の旅「海洋アジア①」目次..
at 2018-09-06 21:42
「特別版 西アフリカとエチオ..
at 2018-09-06 13:33

最新のコメント

これはすごい! 哺乳類..
by sukhumvit-asok at 22:00
おはようございます ア..
by trintrin at 08:08
ヒョウちゃん 雨季みた..
by kimcafetr at 04:52
なんか間違ってワニ飼って..
by ヒョウちゃん at 22:19
ヒョウちゃん 猿の餌付..
by kimcafetr at 10:18
ワルンというからには、レ..
by ヒョウちゃん at 21:44
スクムビットさん そう..
by kimcafetr at 12:16
ヒョウちゃん バンドン..
by kimcafetr at 12:14
長い旅ですとこういうこと..
by sukhumvit-asok at 21:53
バニュワンギまで鉄道があ..
by ヒョウちゃん at 21:13

最新のトラックバック

https://find..
from Findlocalencou..
https://30da..
from 30daysofcreati..
https://heal..
from Https://health..
マラッカのシーク寺院でラ..
from kimcafeのB級グルメ旅
カピタン・クリン・モスク..
from kimcafeのB級グルメ旅
ERIKOカラオケでパタ..
from kimcafeのB級グルメ旅
スーパーのカツ丼を食べて..
from kimcafeのB級グルメ旅
念願!代田の宮川でうな重
from kimcafeのB級グルメ旅
歌舞伎&回転寿司でJAP..
from kimcafeのB級グルメ旅

検索

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
旅行家・冒険家

このブログ「kimcafe トラベリング」について&見かた

d0360509_22103908.jpg
kimcafe トラベリングにおこしいただきありがとうございます


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
お知らせ!2018年9月14日より10月16日まで、特別版①西アフリカとエチオピアの旅にでかけます
西アフリカの旅のコースとハイライト
アフリカの旅 エチオピアのハイライト
「特別版 西アフリカとエチオピアの旅」予算と準備
お楽しみに~(^o^)丿
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2017年6月に長年勤めた職場を退職し、仕事を止めたらと計画していた旅を開始しました
このブログは、私、kimcafeのそんな旅を紹介するためのものです
といっても、旅行のノウハウを書いたり、毎日の行動を記録するような記事ではありません
私が興味を持った訪問先やテーマごとの記事を時系列にまとめたものです

第1の旅「インド・ネパール」目次(日程表&記事へのリンク)

第2の旅「インドシナ小回り」目次(日程表&記事へのリンク)

第3の旅「海洋アジア①」目次(日程表&記事へのリンク)(まだ、記事は時系列になっていません)

日本&世界のB級グルメ体験ブログ「kimcafeのB級グルメ旅」もよろしく(^o^)丿


旅先でkimcafeに会ってみたい方がいたら気軽に声をかけてくださいね(^^ゞ
★メールはこちらへ(@を小文字に直してね)⇒kimcafe@wonder.ocn.ne.jp
d0360509_22103175.jpg


ブログの見方、今後の旅行計画はこちら
[PR]
# by kimcafetr | 2018-10-16 22:20 | Trackback | Comments(2)

コトヌーのダントッパ市場の呪物マーケット

2018年9月15日
私の旅の2大目的は、それぞれの土地の食べ物と宗教の探求なんです(^^ゞ
そして、西アフリカの宗教と言えばブードゥー教:Voodooですよね
そのブードゥーの発祥地はベナンらしいです
ならばトーゴのロメにある有名な呪物マーケットのようなものがベナンにもあるに違いないと思って探したらありました(^^)v
それが今日ご紹介するダントッパ市場 Marché Dantokpaの中の呪物マーケット Marché des féticheursなんです

d0360509_3464338.jpg
d0360509_347752.jpg
これがコトヌーのダントッパ市場です
川沿いにある大きなマーケットで建物内だけでなく、周りの広い敷地でありとあらゆるものを売っていてすごく活気があります
しかし、東南アジアのマーケットと違って写真が撮りにくいんです
パシャパシャとそこらの写真を撮っていたら、叱られること必定なんです
かといって隠し撮りもなかなか難しいです
なんせ、日本人はメッチャ目だってますからね~(^_^;)
やっと撮ったのが上の写真でございます

d0360509_3515751.jpg
d0360509_3522223.jpg
市場を川沿いに北に歩いていくと、ありました
これこそ正に呪物マーケットでしょう
噂のように動物の顔とか足とか全身死体とかいろいろ並んでいます
この写真はまだ大人しいもんですので、苦手な方は次は見ないようにしましょうね(^^ゞ
でも、なんで写真が撮れるか?ですって、お金を払っているからOKなんです
こんな呪物を売る店が何軒も並んでいるんですが、私を見ると、「写真を撮るならいくらよこせ」と声が掛かります
最初の店ではなんと2,000フラン=400円よこせと言ってきたんですが、断って他の店に、200フランでどう?と聞くと、あっさりOKしてくれました(^^)v

1.爬虫類
では、まず爬虫類から行ってみますか(^^ゞ
d0360509_3585834.jpg
d0360509_3594920.jpg
d0360509_402172.jpg
d0360509_405416.jpg
イグアナ、蛇、ワニ、蛇ときましたね(^^ゞ

d0360509_432985.jpg
d0360509_425987.jpg
大型の蛇にオオトカゲですか
私は驚きませんよ、バリ島でオオトカゲのサテーも食べましたもんね(^^ゞ
クタのマジャパイト通りでSATE BIAWAK トカゲのサテー

2.鳥類
次は鳥です、これはどうってことないですよね(^^ゞ
d0360509_4808.jpg
d0360509_483042.jpg
d0360509_49272.jpg
d0360509_493798.jpg
カモの頭に混じって哺乳類もいたようですが、さらっと流しましょう

3.植物
植物系の呪物もあります
d0360509_4122180.jpg
d0360509_4125369.jpg
d0360509_4132492.jpg
d0360509_4135799.jpg
木の人形があると、呪い系かなと思ってしまうのは私だけでしょうか(^^ゞ
木の実はや葉っぱは薬品になるんでしょうかね?

4.哺乳類
これはきついかも(^^ゞ
d0360509_416866.jpg
d0360509_4163689.jpg
d0360509_4172866.jpg
イヌ、ネコ、サル、げっ歯類? かなりくるでしょ(^^ゞ

d0360509_4193458.jpg
d0360509_4201067.jpg
d0360509_4204510.jpg
下のは柄からみるとヒョウですかね、恨みがこもった顔ですが・・・(^^ゞ

d0360509_42359.jpg
d0360509_4222931.jpg
売り物を手に持ってみましたが、叱られはしませんでした(^^ゞ

5.その他系・わからない系
d0360509_424284.jpgこれがわからないんですよね
爪? 骨? それともあそこ??(^^ゞ

d0360509_426142.jpg
動物の手ですが、4本の指が長いのはサルの特徴みたいです
ヒョウっぽい笊のなかにもいっぱいありましたね(^^ゞ

d0360509_4274573.jpg
d0360509_4281564.jpg
上は木なのかな?(^_^;)
下は角ですね

d0360509_4291358.jpg
皮も売っています

d0360509_430899.jpg
店の奥にあった壁画です
昼はキリスト教、夜はブードゥー教とか言われるそうで、キリスト教のものかと思ったらブードゥーだそうです

さて、こんな店が20店舗ほど並んでいます
他には生贄用と思われる鶏を売る店などがありましたが、一般の鶏屋と変わらないのでお金払って写す気がしませんでした(^^ゞ
これらの呪物を買っていったいどうするのか?ですが大体は次のようだそうです

1.病気になったり、悩み事があったり、望みをかなえたい人がブードゥー教の司祭のところにいって相談します
2.すると司祭から儀式用に、「ネコとコウモリを買ってきなさい」のような指示が出ます
3.それを買ってくると、司祭が儀式を行い、めでたく病気は全快、悩みも解消、望みもかなう

ブードゥー教はキリスト教、イスラム教と並んでベナンの3大宗教のひとつで、多くの人が信じているようです
なもんでこんな大きな呪物マーケットが成り立つということなんですね
ちなみにローマ法王がベナンを訪れた際には、ブードゥー教の最高の司祭と会談したとか・・・
[PR]
# by kimcafetr | 2018-09-20 04:42 | ベナン BENIN | Trackback | Comments(2)

アボメイのユニークホテル、シェ・モニーク

2018年9月17日-18日
昨夜のアボメイの宿です
ロンプラやブログにもあったホテルなので、コトヌーからのシェアタクシーを降ろされたボヒコンというところからバイタクにシェ・モニークと言って向かいました
けっこう遠くて600フランも取られた(^^ゞ

d0360509_074927.jpg
d0360509_082195.jpg
門を入ると巨大な像の彫刻があってびっくりです
続いてマダムのボンジュールという声が聞こえました(^^ゞ

d0360509_017232.jpg
d0360509_0184812.jpg
建物の入り口にも大きなライオンの像があります
広い庭にはもっといろいろな彫刻がありますが、なんなんでしょうこのホテル(^^ゞ

d0360509_350516.jpg
d0360509_493091.jpg
敷地もずいぶん広いんですが、奥のほうにある長屋式の部屋に案内されました
蚊帳付きのダブルベッドとシングルベッドがあります
WIFIはありませんが、MTNという通信会社のSIMでHという表示でネットできて、ブログの更新も可能でした
タオルと天上ファンもあります
値段は9,000フラン=1,800円だそうですが、8,000フランに値切ってしまいました(^^ゞ

d0360509_4134552.jpg
d0360509_4142646.jpg
水シャワーとトイレも付いているんですが、水がでません(^_^;)

d0360509_416819.jpg
水出ないよと言いに行くと、なんと裏に大きなタンクがあってモーターのスイッチを入れると水が出るんでした(^^ゞ

d0360509_4175958.jpg
d0360509_4184873.jpg
さっき、ライオン像の写真を撮ったからでしょうか、マダムが庭を案内してくれました

d0360509_4204875.jpg
なんと庭でワニを飼ってるんですね(^^ゞ

d0360509_4213876.jpg
d0360509_4221087.jpg
鹿みたいなのもいます
猿も飼われてました(^^ゞ

d0360509_4232213.jpg
d0360509_424283.jpg
d0360509_4244736.jpg
d0360509_4254492.jpg
d0360509_42642100.jpg
そして庭の奇怪な彫刻群・・・
ブードゥー教の匂いがしますが、想像するに「現代彫刻だが基層にブードゥーがある」というところじゃないでしょうか?

d0360509_4291168.jpg
d0360509_432155.jpg
庭に彫刻の工房みたいのがあり、続々と新作もできているようです(^^ゞ

d0360509_4331662.jpg
私が最も感銘を受けた作品はこちらでございます(^^ゞ

d0360509_4343761.jpg
d0360509_436214.jpg
d0360509_4364316.jpg
私が行ったときには他の客は誰もおらず・・・
従って入り口のバーも、ガーデンレストランらしきところもやってないようです
バーなんか趣きあってステキなんですが(^^ゞ

d0360509_4392992.jpg
これがシェ・モニークの前の道です
近くに市役所みたいなのがあるんですが、田舎ですね
回りも森みたいで、ここに泊るとアフリカに来たぞと実感できます
しかし、ちょっといけばバイクタクシーを捕まえるのも容易ですし、レストランも1軒あるので不自由はしないでしょう(^^ゞ
ユニークな彫刻の森付きのシェ・モニーク、アボメイに行くことがあれば泊ってみてください
[PR]
# by kimcafetr | 2018-09-19 04:43 | ベナン BENIN | Trackback | Comments(2)

フローレス島の宿6軒紹介

d0360509_10402173.jpg
地図はZenTechさんよりお借りしました

ずいぶん田舎というか辺境だろうと思っていたフローレス島ですが、意外や開けた土地で、西洋人のツーリストもいっぱいいました
本来なら、ゆっくりのんびり滞在すべき土地なんですが、PERAMAのツアーボートの予約に合わせてラブアンバジョに着くために駆け足の横断となりました
おかげで6つの宿にそれぞれ1泊づつというあわただしさでした(^^ゞ

2018年7月20日
d0360509_10245789.jpg
①HOTEL RULIES
西ティモールからのPELNIフェリーで1泊し、ランバタ島のラマレラに向かう途中で1泊したララントゥカの宿です
直接訪問して探しました
冷水シャワー、朝食付きで、13万ルピア=1,040円でした
宿の人は親切でいい宿でした(^^ゞ

d0360509_10292926.jpg
d0360509_10294930.jpg
d0360509_1031121.jpg
d0360509_10302636.jpg
部屋にはベッドが3つ、デスクがあるのでパソコン作業にはぐぅでした
朝は早くから「健康の会」の集会の音で起こされる(^^ゞ
フローレス島のララントゥカで健康の会の集会に参加

7月25日
d0360509_10423480.jpg
②ブルーオーシャン・コテージ
ラマレラを朝4時のトラックバスで立ち、ララントゥカを経由して着いたのがマウメレという町です
ただひとつ名前を知っていたゲストハウスでバスを降ろしてもらったら満員!?(^_^;)
この1キロ先にホテルがあるよと言われて来たのがブルーオーシャン・コテージでした
お客はほとんど西洋人のツーリストです
オーシャンフロントのコテージで、ステキな庭があり、部屋にはエアコンとオープンなシャワー付き、WIFIはレストランでないとつながらない・・・
お値段は最初50万ルピア=4,000円だったんですが、値切り倒して35万=2,800円でした(^^ゞ

d0360509_10504542.jpg
d0360509_10505668.jpg
エアコン付きの部屋
第3の旅ではクパンのAVALON依頼かな・・・

d0360509_10515936.jpg
リゾート気分いっぱいのオープンなシャワールーム(^^ゞ

d0360509_1052291.jpg
ホテル前のビーチの夕日
ああ、こいうとこは恋人と来るもんですね(^^ゞ

d0360509_10531189.jpg
d0360509_10532353.jpg
夕食のナシゴレン:3万ルピア=240円と朝食の目玉焼き付きパンケーキ(込み)
辺りにはレストランがないのでここで食べるほかないですね(^^ゞ

7月26日
d0360509_1055532.jpg
③Hotel Elisabeth
マウメレからは車をチャーターして、クリムトゥ山を観光しながら高原の町バジャワに移動しました
ところが、宿がどこも満室で焦りました(^_^;)
ドライバー氏と車で数軒回ってやっとみつけたのがこの宿、ホテル・エリザベス:15万ルピア1,200円でした
バジャワは宿が固まっていないので、車がなかったら往生していたものと思われます

d0360509_1102186.jpg
d0360509_1103446.jpg
水シャワー、朝食(パンとコーヒー)、WIFIはルーターのスイッチが入ってなかったようで朝までつながらなかった・・・

d0360509_1125739.jpg
d0360509_113884.jpg
朝食はロビーの奥のテーブルで・・・

7月27日
d0360509_114326.jpg
④HOTEL SILVARIN
ドライバー氏の紹介で同じバジャワでホットシャワーのあるHOTEL SILVARINに移動しました
本来は20万ルピア=1,600円のところ15万=1,200円にしてくれました

d0360509_1185780.jpg
d0360509_1191073.jpg
d0360509_1192146.jpg
d0360509_1193186.jpg
ホットシャワー、WIFI(フロント側の部屋)、朝食付きと快適ですが、町から離れているので夕食は魚代を出して宿の賄い飯を食べさせてもらいました
バジャワのゲストハウスでイカン付きの賄い飯
清潔で若いスタッフもいい感じです(^^ゞ

d0360509_11123344.jpg
d0360509_1112431.jpg
朝ご飯は隣のヒンドゥー寺院を見ながら2階のベランダで食べました(^^ゞ


7月28日
d0360509_11133133.jpg
d0360509_11162829.jpg
⑤MJR チケッティングゲストハウス
ルーテンという高原の町のゲストハウスで、ブッキングドットコムで予約しました
こちらの奥さんは日本の方で、さすがに日本という清潔さと気配りにあふれていました

d0360509_11164960.jpg
d0360509_111726.jpg
2階の部屋、WIFIは弱い、温水シャワー共同で186,000ルピア=1,488円でした

d0360509_11193394.jpg
d0360509_11194319.jpg
温水たっぷり、共同シャワーですがトイレ部分はカーテンで仕切れるので便器が濡れない!(^^ゞ

d0360509_11205793.jpg
蚊取り線香使用禁止とあり、代わりにこの電子蚊取りを使用してくれと・・・涙がちょちょぎれるサービスですね(^^)v
できれば3泊してルーテンでゆっくりしたかったんですが・・・

7月29日
d0360509_112539.jpg
⑥Siola Hotel
PERAMAのボートが出発するラブアンボジョの町のホテルで、ブッキングドットコムで予約しました
町の西海岸沿いにはツーリスト向けのレストランやショップが立ち並びますが、ここは北側の漁港に面したローカルな地域で、私的にはその方がありがたかったです(^^ゞ

d0360509_11275767.jpg
d0360509_11281754.jpg
冷水シャワー、WIFI付きで17万ルピア=1,360円でした

d0360509_11285168.jpg
d0360509_1129638.jpg
部屋は3階ですが、4階に広いベランダ(従業員室も)があり、洗濯ものが干せること・・・(^^)v
1泊が続いていたので洗濯物がピンチだったんで助かりました

マウメレで満室とか50万ルピア言われてびっくりでしたが、その後はできるだけブッキングドットコム等で予約するようにしました
安宿があるのかはっきりしない土地ではホテル予約サイトで見当を付けておくに限りますね

フローレス島での6泊は、1,040円+2,800円+1,200円+1,200円+1,488円+1,360円=9,088円
1泊平均1,515円となりました
インドネシアでの予算は1日コミコミで3,200円、宿泊は1,000~1,200円見当ですのでだいぶオーバーでした
フローレス島は意外と開けているけど、バリやジャワほどではない⇒なんでお金かかる、てなところでしょうか(^^ゞ
[PR]
# by kimcafetr | 2018-09-14 11:44 | インドネシア・東ヌサテンガラ | Trackback | Comments(0)

ウブドの星!Nyuh Gading Accommodation & Warung Ubud

2018年8月4日-10日
d0360509_18421618.jpg
ウブドで6泊したゲストハウスでございます
ウブドはすっかり変わってしまいました
メイン通りのジャラン・ラヤ・ウブドからモンキーフォレスト通りを下って、ハヌマン通りを上がってと、一周しても全く田んぼが見えないという惨状なんです・・・ああ(^_^;)
しかし、そんな中でこのゲストハウス、Nyuh Gading Accommodation & Warung Ubudに泊れたことが、超が付く幸運でございました
*長いので以後、ニューガーデンと表記します

d0360509_18481465.jpg
ひとり寝のダブルベッド・・・(^^ゞ
私は寒がりなのでもう1枚毛布をもらいました

d0360509_1849335.jpg
なんとバス付です
しかし、お湯はないよねと思ったらちゃんとでました(^^)v
*ただし、風呂の栓がない・・・あと、タオルがないんだよね、請求すればよかったのかしら・・・

d0360509_18512625.jpg
d0360509_18515287.jpg
部屋の前の椅子に座って庭を眺めると、幸せを感じるんです
これだよ、これがウブドなんだってね(^^ゞ

d0360509_18523643.jpg
d0360509_18531582.jpg
レストランは私の部屋の隣です
バナナパンケーキとフルーツとコピの朝食も素晴らしいです

d0360509_1858698.jpg
d0360509_185551.jpg
頼めば部屋に朝食を持ってきてくれます
1回だけトーストを頼んでみたんですが、うーん、パンケーキに限ります
朝食付きでも、外で食べることが多い私ですが、ニューガーデンでは6食ともいただきました(^^ゞ
だって、ここで朝食を食べると幸せがダブルになるんですもん(^^)v

d0360509_1913094.jpg
入り口はモンキーフォレスト通りに面しています

d0360509_1935175.jpg
奥に向かう小路はぱっとしませんね(^^ゞ

d0360509_1942375.jpg
レストランの先、ガーデンの入り口にはこのガネーシャです

d0360509_1951693.jpg
d0360509_1952738.jpg
左を見ると私の部屋、4号室があります
ものすごく大きな南京錠が付いているのがいいですね~(^^ゞ

d0360509_1963418.jpg
庭のぐるりには客室があって、2階建ての建物もあるんですが、やっぱ、私の4号室が最高ですよ(^^ゞ

d0360509_1974148.jpg
d0360509_1975213.jpg
ロケーションはウブドのパサールからモンキーフォレストを下って5分と絶好です
近くに学校があって、子供たちの声で7時には起こされます(^^ゞ
向いは広場で独立記念日の式典の演習をよくやっていました
ウブドの学校前の屋台特集

d0360509_19111491.jpg
そして気になるお値段です
なんと6泊で693,200ルピア=5,545円、1泊924円という安さなんです(^^)v
ブッキングドットコムで安い方から1番目か2番目だったので、とりあえず3泊だけ予約し、1泊してすぐに3泊の延長をしたんです

スタッフもみんな優しくて親切です
もう、超絶おすすめでございますよ(^o^)丿
[PR]
# by kimcafetr | 2018-09-13 19:15 | インドネシア・西ヌサテンガラ | Trackback | Comments(2)