ついに旅立ちました(^^)v


by kimcafe

プロフィールを見る

カテゴリ

第1の旅(準備・整理)
バンコク・カオサン
コルカタ
ベナレス
クシナガル
ルンビニ・タンセン
ポカラ
ムクティナート
カトマンズ
デヴガート・ジャナクプル
パトナ
ブッダガヤ・ラージギル
ジャールカンド州
スルタンガンジ・カハルガオン
第1の旅 その他
第2の旅(準備・整理)
パタヤ&東海岸
シアヌークビル
トンレサップ湖一周&ラタナキリ
プノンペン
メコンデルタ
ホーチミン
ベトナム中部
ラオス:シーパンドン・パクセ
ラオス:サワナケート・パクサン
タイ・イサーン
第3の旅(準備・整理)
タイ・中部南部
マレーシア
シンガポール
インドネシア・ジャワ
東ティモール
インドネシア・東ヌサテンガラ
インドネシア・西ヌサテンガラ
西アフリカの旅 準備と整理
ベナン BENIN
トーゴ TOGO
ガーナ GHANA
コートジボワール Côte d’Ivoi
エチオピア ETHIOPIA

タグ

(83)
(80)
(58)
(39)
(32)
(23)
(8)
(6)
(5)
(4)
(4)
(3)

旅行計画

旅先でkimcafeに会ってみたい方がいたら気軽に声をかけてくださいね(^^ゞ
★メールはこちらへ(@を小文字に直してね)⇒kimcafe@wonder.ocn.ne.jp

1.【無事終了しました(^^)v】第1の旅(2017.8.18-11.15)
【インド・ネパール】
バンコク⇒コルカタ⇒ベナレス⇒クシナガル⇒ルンビニ⇒タンセン⇒ポカラ⇒タトパニ⇒ムクティナート⇒ポカラ⇒カトマンドゥ⇒デヴガート⇒ジャナクプル⇒パトナ⇒ブッダガヤ⇒ラージギル⇒シカージ⇒スルタンガンジ⇒コルカタ⇒カンチャナブリ⇒バンコク

2.【無事終了しました(^^)v】第2の旅(2017.12.2-2018.3.1)
【インドシナ1周小回り】
バンコク⇒パタヤ⇒シアヌークビル⇒シェムリアップ⇒ラタナキリ⇒プノンペン⇒チャウドック⇒カントー⇒サイゴン⇒フエ⇒ホイアン⇒ドンデット⇒サワンナケート⇒ノンカイ⇒ロイエット⇒ムクダハン⇒ウボン⇒バンコク

3.【無事終了しました(^^)v】第3の旅(2018.5-8)
【海洋アジアその①】
南タイ⇒ペナン⇒マラッカ⇒シンガポール⇒バタム島⇒ジャカルタ・ジャワ島⇒バリ島⇒東チモール⇒フローレス島・ランバタ島⇒ロンボク島⇒バリ島

4.【無事終了しました(^^)v】特別版①(2018.9-10)
【西アフリカ&エチオピア】
ベナン⇒トーゴ⇒ガーナ⇒コートジボワール⇒エチオピア


5.第4の旅(2018.12-2019.2)
【南インド・スリランカ】
ムルガン神の聖地巡り、スリランカ仏跡巡り

6.特別版②(2019.6-8)
【アマゾン河下り】
ペルーのイキトスからアマゾン河口のベレンまでハンモックの船で:暇でしょうね(^^ゞ

7.第5の旅(2019.8-11)
【海洋アジア②】
フィリピン⇒東マレーシア⇒ボルネオ島⇒ブルネイ⇒KL⇒スマトラ島

8.第6の旅(2019.12-2020.2)
【西インド・パキスタン】

9.第7の旅(2020.6-9)
【インドシナ1周大回り】
香港⇒広西⇒ベトナム⇒雲南⇒ラオス⇒北タイ⇒バンコク

10.特別版③(2020.10-11)
【エジプト周遊】
エジプト・イスラエル・ヨルダン

11.第8の旅(2020.12-2021.2)
【東インド・バングラデシュ】
ブータンに安く行ければ行きたい(^^)v

12.特別版④(2021.6-7)
【マダガスカル周遊】
マダガスカル&ケニア・タンザニアORエチオピア南部:朗報です、エチオピア航空が飛ぶ(^^)v

13.第9の旅(2021.8-11)
【北インド・中部インド】
ウッタラカンド、ヴィシュノデビなど北部のヒンドゥ聖地、オームカレシュワルなど中部のヒンドゥ聖地巡り

14.第10の旅(2021.12-2022.2)
【マレー半島・ミャンマー・北タイ】

15.特別版⑤(2022.6-7)
【陸路で中央アジアまで】
船で上海⇒鉄道でウイグル⇒中央アジア周遊

16.おまけで(2022.12-2023.2)
バンコクステイ、そろそろ落ち着きますか(^^ゞ

最新の記事

呪物市場の本命 ロメのアコデ..
at 2018-11-10 22:15
アボメイの王宮を訪ね歴代王の..
at 2018-11-05 20:49
ケープコーストの宿はバオバブ..
at 2018-11-04 14:53
アジスアベバのLRTでスマホ..
at 2018-11-03 16:40
クタマク観光 その2 バタマ..
at 2018-11-02 18:46
クタマク観光 その1 土器作..
at 2018-11-01 21:56
エチオピアのSIMカードはエ..
at 2018-10-30 16:00
奴隷貿易の拠点 ケープコース..
at 2018-10-29 18:03
ガンヴィエ Ganvié の..
at 2018-10-28 19:42
水上都市ガンヴィエのHote..
at 2018-10-27 19:52

最新のコメント

ヒョウちゃん 確かにフ..
by kimcafe at 23:04
フランス語の発音だと「H..
by ヒョウちゃん at 22:32
くま猫くまちさん ここ..
by kimcafetr at 21:07
くま猫くまちさん 実際..
by kimcafetr at 21:04
kimcafeさま 廃墟..
by くま猫くまち at 16:44
kimcafeさま エチ..
by くま猫くまち at 16:32
Kimcafeさま う~..
by くま猫くまち at 16:29
スクムビットさん おか..
by kimcafetr at 16:16
よかったですね。 私も..
by sukhumvit-asok at 17:55
スクムビットさん 今は..
by kimcafetr at 17:03

最新のトラックバック

マラッカのシーク寺院でラ..
from kimcafeのB級グルメ旅
カピタン・クリン・モスク..
from kimcafeのB級グルメ旅
ERIKOカラオケでパタ..
from kimcafeのB級グルメ旅
スーパーのカツ丼を食べて..
from kimcafeのB級グルメ旅
念願!代田の宮川でうな重
from kimcafeのB級グルメ旅
歌舞伎&回転寿司でJAP..
from kimcafeのB級グルメ旅

検索

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月

ブログジャンル

旅行・お出かけ
旅行家・冒険家

このブログ「kimcafe トラベリング」について&見かた

d0360509_22103908.jpg
kimcafe トラベリングにおこしいただきありがとうございます


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
お知らせ!2018年9月14日より10月16日まで、特別版①西アフリカとエチオピアの旅をおこない無事に終了できました、応援ありがとうございました(^o^)丿
西アフリカの旅のコースとハイライト
アフリカの旅 エチオピアのハイライト
「特別版 西アフリカとエチオピアの旅」予算と準備
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
おしらせ!次の旅は2018年11月6日ー10日沖縄の旅、11月22日-24日大阪タイカラオケ遠征です
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
そして海外は、2018年11月30日より2019年2月27日まで、第4の旅 南インドとスリランカ ムルガン神の足跡を追う 89泊90日・・・でございます
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2017年6月に長年勤めた職場を退職し、仕事を止めたらと計画していた旅を開始しました
このブログは、私、kimcafeのそんな旅を紹介するためのものです
といっても、旅行のノウハウを書いたり、毎日の行動を記録するような記事ではありません
私が興味を持った訪問先やテーマごとの記事を時系列にまとめたものです

第1の旅「インド・ネパール」目次(日程表&記事へのリンク)

第2の旅「インドシナ小回り」目次(日程表&記事へのリンク)

第3の旅「海洋アジア①」目次(日程表&記事へのリンク)

日本&世界のB級グルメ体験ブログ「kimcafeのB級グルメ旅」もよろしく(^o^)丿


旅先でkimcafeに会ってみたい方がいたら気軽に声をかけてくださいね(^^ゞ
★メールはこちらへ(@を小文字に直してね)⇒kimcafe@wonder.ocn.ne.jp
d0360509_22103175.jpg


ブログの見方、今後の旅行計画はこちら
[PR]
# by kimcafetr | 2018-11-30 22:20 | Trackback | Comments(2)

呪物市場の本命 ロメのアコデセワ Akodessewa Fetish Market

2018年9月22日
d0360509_21174462.jpg
d0360509_21175449.jpg
d0360509_2118631.jpg
d0360509_21212173.jpg
トーゴ、ロメにある有名なアコデセワ呪物市場 Akodessewa Fetish Marketです
ここは独立した市場で四角い敷地が塀で囲まれています
しかも、ツーリストからは5000フラン=1000円(正確には入場料3000+カメラ2000)という入場料をとるんです(^^ゞ
敷地の中央は広場になっていて、三方を囲むように店が30軒ほど並んでいます

d0360509_2122940.jpg
更にここはガイドが付きます
けっこう観光化されてるんですね
そしてガイドの彼は英語も話します
ガイドが着いてくるということはいい場合と悪い場合がありますね
いいのは解説してくれる、質問できる・・・ただし私の語学力だと活かしきれませんが・・・・(^^ゞ
悪いのは何か売りつけられたりして面倒な場合があること
ここではまあプラスだったでしょうか
あと、これだけの入場料を払っているだけあって写真は自由に撮ることができます

d0360509_21234117.jpg
d0360509_21235351.jpg
d0360509_2124628.jpg
d0360509_21302575.jpg
d0360509_21303882.jpg
さすがに規模が大きく有名な呪物市場だけあって見ごたえがあります
入り口から向かって右の店舗をいくつか覗いただけでも、ヒトデや貝(?)などの海産物や迫力ある猿の首など興味を惹くものがいくつもありました

d0360509_2133186.jpg
d0360509_21333630.jpg
ガイド氏が呼ぶ店の後ろにまた何かあります
ここにプリースト(呪術師)がいるとか・・・(^_^;)



d0360509_2135686.jpg
これが旅行の安全を守るお守りのようなものです
魅力的ですが値段を聞くと、やっぱり高かった・・・

d0360509_21361339.jpg
こっちは呪いを掛けられたときにそれを防ぐためのものとかいろいろ・・・
役に立ちそうですね・・・いや、呪いを掛ける方がいいかな・・・けけけΨ(`▽´)Ψ

d0360509_21374067.jpg
私がちょっと興味を示したので、真剣に勧めるガイド氏ですが、やっぱり買いそうもないとわかるとそこからはしつこく勧めるようなこともありませんでした(^^ゞ

d0360509_21391111.jpg
d0360509_21392084.jpg
d0360509_21393462.jpg
d0360509_21394998.jpg
ここの特徴として、呪物の人形がいろいろあることがあげられるでしょう
木彫りの人形自体魅力的なものが多いです(^^ゞ

d0360509_21422098.jpg
うわー!
これなんか呪いに使われそうですね・・・(^_^;)
呪い返しの呪物を買っとけばよかったか・・・

d0360509_21433878.jpg
d0360509_21435392.jpg
d0360509_2145697.jpg
お金に余裕があればこういうものを集めて呪物博物館とか作りたいですね(^^ゞ

d0360509_21461968.jpg
d0360509_21463230.jpg
動物の死骸は、コトヌーのダントッパアボメイの呪物市場と似てますが、大きいだけあって初めてのもの、インパクトがあるものがあります

d0360509_21511293.jpg
亀も初めてのような気がします

d0360509_21513638.jpg
ネコ科動物のワゴンセール・・・ではないです(^^ゞ

d0360509_21521655.jpg
こっちはイヌ? タヌキ?

d0360509_21524792.jpg
生きた動物もいます
これはげっ歯類かな?

d0360509_21531989.jpg
本体が売りものなのか、ディスプレイ用なのか?
なんか哀れを誘いますね(^^ゞ

d0360509_21541215.jpg
d0360509_21542759.jpg
ひきつった猿とセンザンコウ? でしょうか

d0360509_21554457.jpg
d0360509_21555972.jpg
貝? カタツムリ? とオオトカゲ・・・

d0360509_21564640.jpg
d0360509_2157375.jpg
「手に持ってみたシリーズ」というのもやってみました(^^ゞ
上は手ですね、なんの動物だろう?
下は貝なのか? 角かも知れない
手で触るとなんか手がねとねとするような気がします

d0360509_21584928.jpg
なんの骨なのか不明・・・

d0360509_21591697.jpg
お猿さん、恨まないでね(^^ゞ

d0360509_2159557.jpg
凄い歯ですね~(^^ゞ

d0360509_2202150.jpg
犬だ!
家のサラミちゃんどうしてるかな?(^^ゞ

d0360509_221278.jpg
祭壇のような場所もありました
ここで動物を生贄にするとか・・・
黒いのは燃やしたわけではなく、動物の血が黒く染まるのだと・・・

d0360509_222239.jpg
d0360509_2223318.jpg


以上、トーゴ、ロメのブードゥー教のアコデセワ呪物市場です
ブードゥー教の発祥地で本場はベナンなので、プリースト(呪術師)はみなベナンからくるのだとか・・・
こういう呪物の使い方ですが、ベナンで聞いたところによれば、病気を治したい、願い事がある、あるいは恨み言も・・・そんな時に人々は呪術師のところを訪ねます
すると、「ヒヒの顔とコウモリを買ってきなさい」などと言われこういう市場に買いに行くとか
そしてそれらの呪物を持って再度、呪術師を訪ねると、そこで祈祷が行われる・・・

ベナンではコトヌー、アボメイ、カラビ(写真なし)、ウィダー(写真なし)では大小はありますがいずれも呪物市場がありました
ということは、現代でもこのような呪物に対して多くの需要があるということですね

さて、このアコデセワ呪物市場ですが、もしトーゴに行く機会があれば必見の場所です
入場料はかかりますがその分、ガイドも付くし、写真も自由に撮れるので安心です
ああ、いつか呪術師に何かの祈願で祈祷をしてもらいたいもんですね(^^ゞ
[PR]
# by kimcafetr | 2018-11-10 22:15 | トーゴ TOGO | Trackback | Comments(0)

アボメイの王宮を訪ね歴代王の紋章を探る

2018年9月17日
d0360509_1924066.jpg
d0360509_1935096.jpg
アボメイに着いて真っ先にアボメイ王宮を訪ねました
ダホメ王国の歴代王の王宮があり、世界遺産になっているとか・・・
ところが現存する王宮は2つだけでしかも撮影禁止なんです(^_^;)

d0360509_196247.jpg
d0360509_1961589.jpg
d0360509_1962639.jpg
撮影できるのは王宮前の広場に面した建物のみ・・・せいぜいこんな感じの脱力系なんです(^^ゞ
中もはっきり言ってたいしたことないです
土造りの王宮もさることながら、王宮に飾られたものをふむふむと見ていたら、後になってそれらはレプリカで、本物とはデザインのテイストが全然違うものだったりしてギャフンもありました・・・(^_^;)
しかし非常に興味を惹くものも残されていました
代々、ブードゥー教であったダホメ王ですが、王の魂の復活を願って多くの奴隷を生贄にして血を捧げたという建物・・・これは写真に撮りたかったですね
2,500フラン=500円を払って入場すると必ず付いてくるガイドと一緒に回ったんですが、写真撮っちゃだめなの?とカマをかけてみると・・・「そのことについてディスカッションしなければならない」とか言うんです(^_^;)
なんだよ、「いくら払えば写真撮っていいぞ」とか言ってくれれば考えたんですが、面倒になって止めてしまいました

d0360509_1916337.jpg
脱力系と言えば、旧ダホメ王国の国旗ですね(^^ゞ
子供のいたずら書きなのか? 星の王子様からもらったのか? 楽しいものでございます
ダホメ王国WIKI

d0360509_19214353.jpg
d0360509_19215328.jpg
いささか生煮え状態でアボメイの町を歩いていると、ブードゥー教の施設らしい建物がありました

d0360509_19241769.jpg
その壁のレリーフが歴代の王様の紋章なんです
これが初代のGangnihessou王の紋章、鳥と太鼓ですね
在位1600+-1620とあります(^^ゞ

d0360509_19262792.jpg
d0360509_19264018.jpg
魚の簗(やな)ですかね、次はいのしし・・・なかなか面白いですね
あれれ、年代が飛んでいますね、2代目の王の紋章を写し忘れたかな?(^_^;)

d0360509_1928318.jpg
d0360509_19281487.jpg
d0360509_19302520.jpg
d0360509_19304882.jpg
船に水牛に鳥と銃、パイナップルまで(^^ゞ

d0360509_20313784.jpg
d0360509_2031503.jpg
d0360509_20325264.jpg
d0360509_2032489.jpg
また水牛、ライオン、魚、そして足とほうき?
紋章の意味と欠番の紋章が知りたいですね(^^ゞ

d0360509_20343538.jpg
後にウィダーで見つけた絵は12代の王様がまとめてあったので欠番2番が分かりました(^^ゞ

d0360509_20385118.jpg
第2代 Dakodonou王、在位1620-1645か・・・
しかし、これってなんの絵なんだろうか?(^_^;)

今度は、Dakodonouで検索してみると・・・出ました
d0360509_204126.jpg
うーん、わかんない(^^ゞ

d0360509_20415933.jpg
d0360509_20421267.jpg
d0360509_2042247.jpg
その先の建物にも王様の紋章があったんです
しかし、紋章なのに絵が違ってもいいのか?(^^ゞ

d0360509_20432750.jpg
d0360509_20434045.jpg
d0360509_20435340.jpg
d0360509_2044513.jpg
王様以外の絵も混じっているのかな?
でも、面白いですね(^^ゞ

d0360509_2045014.jpg
d0360509_2045139.jpg
d0360509_2045257.jpg
d0360509_20454311.jpg
d0360509_20455686.jpg
こちらは公園の壁にあったレリーフです
これも王様なのかどうか?(^^ゞ
他にも王様の紋章のレリーフはいっぱいあって、アボメイではダホメの王様がスーパースターなのがよくわかりました

そして遂に歴代王様の紋章を解説したページがありました
おお、なるほど~そうだったのか(^^ゞ
ダホメー王国歴代国王の紋章
[PR]
# by kimcafetr | 2018-11-05 20:49 | ベナン BENIN | Trackback | Comments(2)

ケープコーストの宿はバオバブハウスで決まり

2018年9月29日-10月2日
d0360509_14362271.jpg
d0360509_14363529.jpg
ガーナのケープコーストで3泊したゲストハウスです
1階はレストランとお土産屋(?)兼レセプションになっていますが、客室には下の画像の真ん中のドアから入るようになっています

d0360509_14384210.jpg
d0360509_14385373.jpg
d0360509_1439317.jpg
3階の客室は清潔で広々しています
蚊帳、ソファー、棚、天上ファンなどがありくつろげる感じです(^^ゞ
ドアもしっかりしているので安心感あります

d0360509_14401317.jpg
d0360509_14402368.jpg
d0360509_14403492.jpg
ここはNPOの経営だそうで2階には作業場、会議室、そして活動を紹介する掲示があります

d0360509_14415463.jpg
d0360509_14425100.jpg
2回の共用のベランダはすごく便利です
買ってきたランチや夕食も食べれますし、パソコンをいじっている人もいました
私もここで何回か食事をしましたね(^^ゞ
ケープコーストで日曜にフフを搗いてもらった

d0360509_14452388.jpg
d0360509_14453361.jpg
d0360509_14454612.jpg
問題は共用のトイレとシャワーです
1階にしかないのでトイレに行きたくなったら、3階から1階まで降りなきゃなりません(^^ゞ

d0360509_14473276.jpg
d0360509_14474230.jpg
1階のレストランはこんな感じです
日替りのローカル食のランチが魅力的なんですが、残念ながら食べるチャンスなし・・・

ケープコースト城やビーチ、食堂・屋台がある漁師町通りにも近いです
これでお値段は65セディ=1,625円はお得感ありまっせ(^^)v
[PR]
# by kimcafetr | 2018-11-04 14:53 | ガーナ GHANA | Trackback | Comments(0)

アジスアベバのLRTでスマホをすられた~!・・・顛末記

2018年10月15日
d0360509_14501422.jpg
d0360509_14502459.jpg
明日の夜には日本行の飛行機に乗るという日のことでございます
午前中にアクスムから飛行機でアジスアベバのゲストハウスに戻り、昼食を食べてちょっくら出かけようかという感じです
泊まっていたゲルジというところからミニバスに乗って、LRTのMegenagna駅までやってきました
LRTは前回のエチオピア訪問の時には工事中だったんですが、開通して便利になったようです(^^ゞ
*中国が建設しました

d0360509_14553890.jpg
d0360509_14554934.jpg
行き先は以前泊ったピアッサという旧繁華街です
LRTだとStadium駅でブルーラインに乗り換えてMenelik Ⅱ Square駅で降りればすぐですね
キップは2枚ですが、料金は合わせて6ブル=25円と激安です(^^ゞ

d0360509_1512433.jpg
画像はイメージですが、このLRTがけっこう混むんです
ま、ミニバスも混みますからアジスアベバの交通機関は混むのがデフォルトみたいなところがあるんでしょう

さて、3時頃でしょうか、スタジアム駅のホームでいったん降りて、メネリク2世広場行を待ちます
StadiumとSt.Lideta駅の間はグリーンとブルーの2線が同じ線路を走るんです
やって来た電車は激混み!ホームに乗る人もいっぱい!!
これは混みます、ヤヴァイです(^_^;)
ガーッと押されて身動きもできない状態で電車に乗りました
日本の通勤電車も顔負けの混雑です
しかも、「ドア付近のお客様は、いったんにホームに降りて降りるお客様をお通しください」とか「降りるお客様が済んでからご乗車ください」なんてマナーはまだこれからですからね
押し合い圧し合い大変なんでございます

d0360509_159470.jpg
次の次の駅でしょうか、乗客がだいぶ降りて一息つける状態になったところで、ふとポケットのスマホを探ると・・・
あれ!?ない、スマホがないです(^_^;)
あせって探します
いつも右のポケットにカメラ、左のポケットにスマホ、後ろの右に財布(チェーン付き)が定位置なんですが、もしやと思ってカバンの中なども探しましたが・・・あるはずもなく・・・
や・ら・れ・た・~・(>_<)
PUNCHちゃんの画像を壁紙にして心から大事にしているXPERIA、名付けてPUNCH2号がなくなった
すられた~!えーん(:_;)

しばらく呆然と電車に乗っておりました
ま、考えてみれば旅の最後に盗られたのはせめてもの幸い・・・最初でなくて助かった、私はラッキー(^^)v
などと思えるはずもなく・・・(:_;)
なにせ前回の旅でPUNCH号のバッテリーが膨らんできて買い換えたばっかりなんですよ、経済的な打撃もいたいんです

しかし、待てよ!
保険があるじゃないか、この日のために旅行保険付きのクレジットカードを3つも持っているのを思い出しました
2つは自動付帯(ジャックスの横浜インビテーションカードとEPOSカード)、ひとつは利用付帯(楽天カード)で成田までのバスで利用済でございます
そうか!旅行保険の携行品補償が受けられればほとんど被害なしでいけるでしょう

d0360509_15232765.jpg
そこで終点のメネリク2世広場で降りるとすぐに駅前の交番みたいなところにいきました
「LRTの中でスマホをすられたんだけど」
「そりゃでてこないよ、あきらめな」
英語はほとんど通じてないんですが、そんな会話です
「そうじゃなくて保険会社に証明書を書いて欲しい」

d0360509_15262370.jpg
とりあえず近くの警察署に連れて行ってくれることになりました
*画像は警官二人と他のもめ事をかかえた若者と一緒に警察署に歩いていくところ、エチオピアの警察では男女のペアの警官が多いですが、不倫問題とか起こらないのかな?(^^ゞ
やれやれです
ところが警察署でもほとんど英語が通じず・・・(^_^;)
「どこで盗られた?」
「スタジアム駅だと思うけど・・・」
「じゃ、スタジアム駅の警察に行け、ここではできないよ」
仕方ありません、また駅に戻りスタジアム駅に行ってみることにしました

メネリク2世駅で電車を待っているんですが、30分以上待っているのに来ません
なにか事故でもあったのでしょうか?
ここではホームの手前で2列に並んで待つのがルールのようなんですが、その列がはるか後ろまでつながってしまっています
*このルールは浸透しているようでたまにズルして先に行こうとする人間は文句を言われて戻されていました
前に並んでいた若者にスタジアム駅まで行くというと、「あそこは混むから気を付けろ、降りる時にメガネをひったくられないようにね」と注意されました
そうかスリも多いんですね・・・最初に言ってよ~(>_<)

スタジアム駅では駅にいた警官に駅前の交番に連れていってもらったんですが、閉まっていました
もうすっかり暗くなりました
今日は諦めて明日また頑張りましょう
飛行機は明日の23時発ですのでまだ時間は十分あります

2018年10月16日
d0360509_15374756.jpg
この黄色いコンテナがスタジアム駅前の交番です
すられた件と証明書を書いて欲しい件を話すと、近くのスタジアム警察署に行けとのこと・・・
これで警察は4か所目ですが、ま、いいか、頑張りましょう(^^ゞ

d0360509_15401225.jpg
この奥が警察署です
LAGHAR AREA COMMUNITY POLICING STATIONという名前なんですね
周りに大きなビルがあるのにここだけはボロい平屋の建物です
昨日の警察といい、交番といい、エチオピアの警察はみんなボロですね
清貧というか予算がないなかで頑張っている感じで好感が持てます

ここでも同じ話をすると、まあ待てと事務所でしばらく放置されました
しかし、オフィサーが「もう少し待ってね」などと声をかけてくれるので、安心感あります(^^ゞ
しばらくして、「警官と一緒に現場をチェックしに行ってくれ」というんです
よしよし!証明書も近い感じです(^^)v

d0360509_15454314.jpg
盗られたスタジアム駅です
この上がホームなんですが、なぜか上には上がらず戻って終了のようです
次にオフィサーが言うのは、「調書を作るのに必要なのでアムハラ語と英語の通訳を連れて来てくれ」というんです・・・!?
英語で証明書を書くのが大変なので代書屋が必要ということでしょうか?
「全部英語でなくていいから、重要なところだけ英語で書いてくれないか?」と言ってみましたが、どうしても通訳がいるとのこと・・・(^_^;)
「どこに通訳がいるのか?」
「大使館に連絡したらどうだ」
スマホをなくした状態でそんなことできるでしょうか? それに大使館にスマホをなくしたって連絡しても警察に行けと言われて相手にしてくれないんじゃないの?
しかし、話が進まないので仕方なく通訳を探しにでました・・・とほほです
道々、コピー屋が目に付いたので、事情を話して通訳を探していると言うと、「スタジアム(ホントの競技場)の周りを探してみろとのこと
どうやらスタジアムの周りに代書屋街かなんかあるみたいなんです
ところがスタジアムの周りにはレストランはあれど、それらしい店は見つからず・・・
そこで、初老でスーツを着て書類を持って歩いている、これはビジネスマンで間違いないという人に声をかけ、通訳を探している旨を説明しました
「スタジアムよりこっちの方がみつかるんじゃないか?」というところに着いていきます
「まあ、コーヒーでも飲もうよ」とおごってくれました
「なんで日本は発展したのか?何が重要なのか?」なんて話題を振ってきます
*この方は弁護士でした

d0360509_160137.jpg
ちょうどDLしてきた「NHKスペシャル明治」なんていうのをPCで見たばかりだったので、「それは国民全体への教育ですね」なんて答えちゃいました(^^ゞ
コーヒーを飲んでいるうちになぜか現れた若いガイドの男性、トーマスが通訳してくれることになりました
*彼は日本人の彼女がいたと言ってました
うーん、世の中なんとかなるもんですね(^^ゞ

警察署に戻って、通訳を連れてきたと話すと、係りの警官と一緒に調書を作れとのこと・・・
なるほど、係りの警官は英語が旨くないので通訳が必要だったみたいですね
どこでどのように盗られた、値段はいくらなどを話して調書ができました
やれやれ、それをもらえば終わりと思ったんですが、「まだ、オーソライズされていないので渡せない」というんです
「証明書が必要なんでコピーをもらえないか」と言ってみたがダメです(^_^;)
仕方ないので完成したら通訳をしてくれたトーマスを通じてEメールで送ってもらうことにして署を出ました
トーマスに通訳の謝礼として100ブル=420円渡すと、「警官とランチして早く処理してもらうように頼むから」ということで、もう100ブル・・・ま、仕方ないでしょう(^^ゞ

どうしても欲しかった証明書は手に入りませんでしたが、やるだけのことはやったので満足感があります
あとは運を天にまかせましょう(^o^)丿

d0360509_1617593.jpg
d0360509_16191189.jpg
日本に帰り、とりあえず保険会社に連絡してみると、保険申請の必要書類は「申請書とできれば警察の証明書、なくしたものの領収書、パスポートのコピー(顔写真のページと出国印)」だそうです
「証明書がもらえていないんだけど・・」というと、「その理由を申請書に詳しく書いてください」とのことでした
案外簡単ですね、これならアジスアベバの警察の証明書がなくてもいけるじゃん(^^ゞ
送られて来た申請書に記入し、領収書はクレジットカード請求書のコピーを添えて返送しました
投かんした後で、パスポートのコピーを忘れたなと思い出したんですが、ま、いいか・・・

2-3日して電話があり、「領収書のない関税(スマホは個人輸入のため)分は補償できないがいいか?」という問い合わせです
ということは他はOKなんですかね、嬉しいです(^^)v

2018年10月30日
d0360509_1626488.jpg
d0360509_16265867.jpg
そして、30日のこと通帳をチェックすると、嬉しや!保険金が振り込まれていました(^^)v
実は盗られたスマホとSDカードはそっくり同じものを買い直していたんですが、買った時より値段が安くなっていたので、新たな出費は45,775円+関税1,900円、補償が45,800円(自己負担3,000円、関税分保証なし)で実質の損害は2,000円弱で済んだんです
バンザーイ!(^^)v

ご心配いただいたみなさんありがとうございました
協力してくれた方、警察や保険会社の方もありがとうございましたm(__)m

あと、スマホの写真画像ですが毎日PCにバックアップしているので実質被害なし
スマホ内のメモが消えたのはやや痛いかな
悪用される心配もありますので、GoogleとFacebookのパスワードはすぐに変更し、Googleから遠隔でスマホの初期化というのも行っています

しかし、今回は本当に旅の最後の事故で助かりました
今はスマホ内の情報が頼りですからね、防犯というか遺失対策はもっと強化しないとですね~
[PR]
# by kimcafetr | 2018-11-03 16:40 | エチオピア ETHIOPIA | Trackback | Comments(5)