ついに旅立ちました(^^)v


by kimcafe

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

第1の旅(準備)
バンコク・カオサン
コルカタ
ベナレス
クシナガル
ルンビニ・タンセン
ポカラ
ムクティナート
デヴガート・ジャナクプル
パトナ
ブッダガヤ・ラージギル

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月

最新のコメント

やりましたね。 こうな..
by ヒョウちゃん at 13:28
pregoさん 田舎町..
by kimcafe at 01:34
うわーーーー素敵~~見て..
by prego at 20:50
ヒョウちゃん ミティラ..
by kimcafetr at 00:50
なんか、ビハールあたりと..
by ヒョウちゃん at 00:26
長くなると意欲が無くなっ..
by kimcafetr at 21:55
思いっきり昔のインドです..
by ヒョウちゃん at 00:36
くま猫くまちさん もう..
by kimcafe at 10:26
ヒョウちゃん 冬ですか..
by kimcafe at 10:23
Kimcafeさま やは..
by くま猫くまち at 20:01

旅行計画

1.第1の旅(2017.8.18-11.15)
【インド・ネパール】
バンコク⇒コルカタ⇒ベナレス⇒クシナガル⇒ルンビニ⇒タンセン⇒ポカラ⇒ムクティナート⇒タトパニ⇒ポカラ⇒ゴルカ⇒カトマンドゥ⇒デヴガート⇒ジャナクプル⇒パトナ⇒スルタンガンジ⇒シカージ⇒ラージギル⇒ブッダガヤ⇒コルカタ⇒カンチャナブリ⇒バンコク
計画バッチリ!あとは行くだけ(^^)v

2.第2の旅(2017.12.2-2018.3.1)
【インドシナ1周小回り】
バンコク⇒パタヤ⇒シアヌークビル⇒プルサト⇒パッタンバン⇒シェムリアップ⇒クラチェ⇒ラタナキリ⇒プノンペン⇒チャウドック⇒カントー⇒サイゴン⇒パンティエット⇒ダラット⇒フエ⇒アタプー⇒ドンデット⇒チャームパサック⇒パクセ⇒サワンナケート⇒タケク⇒ブンカン⇒ノンカイ⇒コンケン⇒ロイエット⇒タートパノム⇒ウボン⇒バンコク

3.第3の旅(2018.6-8)
【海洋アジアその①】
バンコク⇒南タイ⇒ペナン⇒マラッカ⇒シンガポール⇒バタム島⇒ジャカルタ・ジャワ島⇒バリ島⇒ロンボク島⇒小スンダ列島⇒東チモール⇒バリ島

4.特別版①(2018.9-10)
【西アフリカ&エチオピア】
ベナン⇒トーゴ⇒ガーナ⇒コートジボワール⇒エチオピア
西アフリカ、正直怖いです(^^ゞ

5.第4の旅(2018.12-2019.2)
【南インド・スリランカ】
ムルガン神の聖地巡り

6.特別版②(2019.6-8)
【アマゾン河下り】
ペルーのイキトスからアマゾン河口のベレンまでハンモックの船で:暇でしょうね(^^ゞ

7.第5の旅(2019.8-11)
【海洋アジア②】
フィリピン⇒東マレーシア⇒ボルネオ島⇒ブルネイ⇒KL⇒スマトラ島

8.第6の旅(2019.12-2020.2)
【西インド・パキスタン】

9.第7の旅(2020.6-9)
【インドシナ1周大回り】
香港⇒広西⇒ベトナム⇒雲南⇒ラオス⇒北タイ⇒バンコク

10.特別版③(2020.10-11)
【エジプト周遊】
エジプト・イスラエル・ヨルダン

11.第8の旅(2020.12-2021.2)
【東インド・バングラデシュ】
ブータンに安く行ければ行きたい(^^)v

12.特別版④(2021.6-7)
【マダガスカル周遊】
マダガスカル&ケニア・タンザニアORエチオピア南部:朗報です、エチオピア航空が飛ぶ(^^)v

13.第9の旅(2021.8-11)
【北インド・中部インド】
ウッタラカンド、ヴィシュノデビなど北部のヒンドゥ聖地、オームカレシュワルなど中部のヒンドゥ聖地巡り

14.第10の旅(2021.12-2022.2)
【マレー半島・ミャンマー・北タイ】

15.特別版⑤(2022.6-7)
【陸路で中央アジアまで】
船で上海⇒鉄道でウイグル⇒中央アジア周遊

16.おまけで(2022.12-2023.2)
バンコクステイ、そろそろ落ち着きますか(^^ゞ

最新のトラックバック

検索

タグ

(13)
(9)
(6)
(6)
(4)

ブログパーツ

最新の記事

ガヤのヴィシュヌパッド寺院で..
at 2017-10-22 01:17
ディワリ速報@ラージギル
at 2017-10-20 01:19
クシナガルの見どころ全部公開
at 2017-10-18 01:22
ポカラレイクサイドのホテル・..
at 2017-10-17 00:47
ミティラー画を探しにKUWA..
at 2017-10-15 01:36

ブログジャンル

旅行・お出かけ
旅行家・冒険家

画像一覧

ガヤのヴィシュヌパッド寺院でヴィシュヌ神の足跡に触れてきた

d0360509_0295879.jpg
ガヤのヴィシュヌパッド寺院を訪ねました
インド最古の石窟であるバラーバル洞窟に宿の車で行ってもらうついでに寄ったんです(^^ゞ
日本人にとってガヤはブッダガヤへの入り口の街にすぎませんが、実は長い歴史がありラーマーヤーナやマハーバーラタにも登場するんだそうです
で、こちらがヴィシュヌパッド寺院です

d0360509_03956100.jpg
d0360509_0402295.jpg
門前のお土産屋で目に付くのは、仏足のような足型です
実はヴィシュヌパッド寺院にはヴィシュヌ神の足跡があることで有名なんです

d0360509_0341076.jpg
d0360509_0351910.jpg
前日、宿の親父にヴィシュヌパッドに行きたいと言ったら、「ヒンドゥー以外は入れないかも知れないから、そのオレンジの服を着て行け、もしなにか聞かれたら英語でネパール人だと言え・・・」とご指導を受けてきたんです
この服は、ネパールのデヴガートで買ったもので、シヴァ神の象徴である三叉の戟(げき)とオームの文字がありますからどう見てもヒンドゥー教徒でしょう(^^ゞ
ネパール人にも間違われた実績があるのでバッチリですよ(^^)v

入場には問題なかったんですが、入り口で写真を撮ろうとしたら、中で写真はダメと注意されてしまいました
しかも、子供から・・・(^_^;)
でも、それはそうだよな、多くの寺院で写真禁止、いくつかの寺院ではヒンドゥー教徒以外入場禁止なんです

従って、以下の画像はネットに上がっているものをお借りしたものです
d0360509_0454723.jpg
この画像と以下2枚はこちらのサイトからです⇒The Story off Vishnupad Mandir …
これは寺院内部、以外にちいさな寺院で、本堂でヴィシュヌの足跡にお参りしたらそれで終了の感じでした(^^ゞ

d0360509_0515779.jpg
これが有名な、ヴィシュヌ神の足跡です
これは飾り立てた状態でいつもはこんな感じではありません

d0360509_0532948.jpg
ヴィシュヌ神の足跡にまつわる神話はこうです
Gayasuraというデーモン(ガヤの名の起こりとなった)は激しい苦行を行い、神から誰でも自分の姿を見たものは解脱できるようになるという望みをかなえてもらった・・・こういう話多いです(^^ゞ
これによって多くの人間が行いの善し悪しにかかわらず解脱するようになった、しかし、このことは因果応報という原則を乱すことになった
そこでヴィシュヌ神がGayasuraの前に現れ、頭を踏みつけて地下に送ってしまった
WIKI Vishnupad Mandir

d0360509_165449.jpg
d0360509_172844.jpg
ヴィシュヌ神の足跡はこんな感じでした
人々は額を足跡の石に付けて礼拝しています
私も真似をして、額を付けると、ブラーミンからそこじゃないもっとこちらで・・・と促されました
そこで足跡のある場所まで頭を近付け、再度、礼拝をしましたm(__)m

これからもヒンドゥーの寺院に参拝することが多いんですが、このオレンジのクルタで俄ヒンドゥー作戦を続けようと思っています(^^ゞ
[PR]
# by kimcafetr | 2017-10-22 01:17 | ブッダガヤ・ラージギル | Trackback | Comments(1)

ディワリ速報@ラージギル

本日、10月19日はディワリ・プージャーの日であり、ラクシュミー・プージャーの日でもあるようです
実は、ディワリの祝祭やラクシュミー・プージャーとの関係についてあまり理解してないんですが、ブッダガヤからラージギルへの移動の日に体験したことを書いてみます(^^ゞ
d0360509_030841.jpg
まず、WIKIによるディワリは「ディワーリは、インドのヒンドゥー教の新年のお祝い。別名「光のフェスティバル」とも呼ばれ、10月末から11月初めのインド暦の第七番目の月の初めの日になる。この日は新月と重なる。」
なるほど、光のフェスティバルなんですね
こんな灯明を並べた祝祭の画像をみたことありましたっけ(^^ゞ

d0360509_0324047.jpg
これはブッダガヤにあったお祭りの準備
聞けばラクシュミー・プージャだとのこと、開始前なのでラクシュミー女神のお姿は隠されているんですね
こんな臨時の祭壇が各所に作られていました
バナナの木(というか茎?)も飾り付けに使うようで、2本セットで運ぶ姿も見られます

d0360509_036377.jpg
d0360509_0375876.jpg
d0360509_037798.jpg
光のフェスティバルでありますから、灯明に使うランプが必要ですね
年末に門松を売るような感じでしょうか、マーケットにはこんな屋台がいっぱいでています(^^ゞ

d0360509_0405090.jpg
d0360509_0412332.jpg
それから花火も付き物だそうで屋台がいっぱいです
二三日前からドンドンとうるさかったんですが、今日はさらにバンバンとうるさくて困ってます(^^ゞ

d0360509_0433070.jpg
d0360509_0445580.jpg
d0360509_0452958.jpg
そして神様ショップ!(^^ゞ
神像は豊穣や繁栄をもたらすラクシュミー女神、そしてラクシュミーとやはり豊穣、繁栄の神であるガネーシャを組み合わせたものが多いですね

d0360509_0481576.jpg
d0360509_0484993.jpg
お菓子も付き物だそうで、どの菓子屋もうず高く菓子を積み上げてます(^^ゞ

d0360509_0502422.jpg
d0360509_0513977.jpg
このカラフルなヒンドゥー寺院(?)の形の菓子はこの時期だけと思われるので、思わず4個も買っちゃいました(^^ゞ
しかし、砂糖の塊のようなものですので・・・どうしたらよいか・・・(^_^;)

で、この時期休みの店が多いんです
夕食を求めてラージギルの町にさまよい出ると・・・

d0360509_0541240.jpg
d0360509_0565154.jpg
おお、これが噂の灯明ですね
家の周りを油のランプで飾り付けて・・・いいもんです(^^ゞ

d0360509_0573274.jpg
そんなのを見たり、写真を撮ったり歩いていくと、男性が来てディワリのお菓子だといってお団子のようなお菓子をくれました
なるほど、ハロウィンのキャンデーみたいなものなのか(^^ゞ
ティッシュに包んで持ち帰りさせてもらいます

d0360509_0594690.jpg
d0360509_101846.jpg
おっ、花火もやってる(^^ゞ
こういう花火はうるさくなくていいですね

d0360509_122314.jpg
すると食事処も、こんな灯明があるレストランに自然に吸い込まれてしまいます(^^ゞ

d0360509_14257.jpg
d0360509_143262.jpg
食後に寄った露天の茶店
木の元のひとつの灯明がとても効果的です(^^ゞ

d0360509_16864.jpg
d0360509_164113.jpg
d0360509_172491.jpg
普通の店より、修理店や工場みたいな造りの家のほうが、見栄えがよくなる感じしますね
写真を撮らせてというと、みんな喜んで撮らせてくれます(^^ゞ

d0360509_192034.jpg
・・・だけじゃなく、お菓子攻撃!(^^ゞ
これは柔らかいタイプなんで食べちゃうか・・・

d0360509_1111610.jpg
うわー!?またですか・・・
しかも、3個れんちゃんですね(^^ゞ

d0360509_1122743.jpg
ついでにセルフィーもいっちゃおうか(^^ゞ

d0360509_113263.jpg
ホテルでもまたくれて・・・こんなになっちゃいました(^^ゞ
カラフルな砂糖菓子4個もあるんだけど・・・いったいどうしたら・・・

d0360509_1145019.jpg
こちらはホテルのテラスから見える隣の住宅のディワリの飾りつけの様子です
うーん、インドの祝祭っていいもんですね~(^^ゞ
でも、花火はうるさいけど・・・
[PR]
# by kimcafetr | 2017-10-20 01:19 | ブッダガヤ・ラージギル | Trackback | Comments(2)

クシナガルの見どころ全部公開

クシナガルでの見どころです
3泊してほぼ行き尽くしたと思われます(^^ゞ
d0360509_0154564.jpg


d0360509_016164.jpg
d0360509_0163762.jpg
d0360509_0182661.jpg
d0360509_0184648.jpg
地図番号①クシナガルに行ったら誰でも訪ねる涅槃堂です
仏陀が涅槃に入られた地に建つ涅槃堂は大きな公園の中にあります
堂内の涅槃仏の傍で沈思したり、公園で瞑想すると、おお、仏跡に来たなと実感できます(^^ゞ

d0360509_0234329.jpg
d0360509_024654.jpg
d0360509_024321.jpg
もうひとつ、仏跡巡りの人なら外さないのがラマバールの仏塔②でしょう
仏陀が荼毘に付されたところといいます

d0360509_0272154.jpg
各国の寺院の中で恐らく一番参拝者が多いのがこのミャンマー寺院③でしょう
その理由は、存在感のある黄金のパゴダと涅槃堂の隣で、直接行けるという地の利ですね(^^ゞ
クシナガルのミャンマー寺の宿坊

d0360509_0304042.jpg
d0360509_031699.jpg
ベトナムの中国寺院④です

d0360509_0322699.jpg
d0360509_0324865.jpg
ビルラ寺院⑤とありますが、有名なビルラ財閥でしょうか?
中には仏像がひとつ・・・

d0360509_0344664.jpg
d0360509_0353247.jpg
ビルラ寺院の隣のシヴァ寺院⑥
夜、神への賛歌が歌われていました

d0360509_0394275.jpg
d0360509_0401943.jpg
MATHA KUAR SHRINEというお堂⑦
中には1体の仏像が・・・
由来はわかりませんが、なんかありそう(^^ゞ

d0360509_0433536.jpg
d0360509_044081.jpg
不思議な建物です⑧
ヒンドゥーの礼拝所?でしょうか(^_^;)

d0360509_047162.jpg
d0360509_0473740.jpg
日本とスリランカの共同の寺院のようなんですが・・・
日本らしさもスリランカらしさもない、不思議です(^^ゞ

d0360509_04537.jpg
d0360509_0453142.jpg
d0360509_0455466.jpg
さすが立派なタイ寺院です⑩(^^)v

d0360509_04935100.jpg
仏跡でも寺院でもありませんが、けっこうオススメなのがここです
国道(?)からクシナガルへの入り口には門があり、その先はバザール⑪のようになっています
田舎町の生活を知るには絶好の場所なんです(^^ゞ

d0360509_052303.jpg
八百屋、品物豊富です(^^ゞ

d0360509_0573065.jpg
床屋、書かないでもわかりますね(^^ゞ

d0360509_059114.jpg
食品店

d0360509_121517.jpg
デイパックがありますが、文房具店のようです

d0360509_112410.jpg
今をときめくモバイル店(^^ゞ

d0360509_1125969.jpg
こんなに小さな町なのにクリケットのラケット(?)を売っている・・・(^_^;)

d0360509_114571.jpg
大きな文具店

d0360509_1144086.jpg
ファーストフード店
ハンバーガー、モモ、焼きそばとか・・・(^^ゞ

d0360509_1153610.jpg
ここは金融関係の店のようです

その他にも、果物&ジュース屋、ドリンク屋台、仕立て屋などなどいろいろ
カメラを向けるとたいてい、とれとれ!と言ってくれるのも嬉しいです(^^ゞ

③のミャンマー寺から、⑪の門まで10分位、③から②だと30分くらいでしょうか?
リキシャで③から②を往復して、タイ寺院、日本寺院に寄ってもらって70ルピーでした

*ベトナム寺院、チベット寺院は開いていませんでした
*各国の寺院内で入れるのは一部のみです

[PR]
# by kimcafetr | 2017-10-18 01:22 | クシナガル | Trackback | Comments(0)

ポカラレイクサイドのホテル・マウンテン・ドリーム+探し方ドキュメント

ポカラで計14泊したホテル・マウンテン・ドリーム
気持ちよく泊れました(^^ゞ

まずは、ホテルに出会うまでのドキュメントです
d0360509_23425995.jpg
丘の町、タンセンからのバスはポカラのレイクサイドには行かないので空港近くで降ろされ、タクシーで向かうように言われました
タクシーに乗ってとりあえずドライバーの知っているというホテルに向かいますが、安い部屋はないとのことでタクシーと別れます
ここは、レイクサイドの湖沿いのメイン通りから少し入ったところですね

d0360509_23454753.jpg
まずは、すぐそばにあったちと古めのホテルです
1階の暗めの部屋ですが700ルピーだそうです
もうちょっとなんとかならないの?と聞くと600にまでは下がりました
ネパールでの予算は1日2270ルピー(=2500円)、ホテル代が3分の1とすると、750くらいが限界ですが、とりあえず600の部屋が見つかったのはラッキーです(^^)v

d0360509_23502452.jpg
そのとなりの綺麗目のホテルに行くと、確かにいい部屋ですが1200ルピーとか・・・(^_^;)
無理なんで退散します

d0360509_23514924.jpg
ここも、400、500みたいな安い部屋はないと門前、いやフロント払いを食らわされます(^^ゞ

d0360509_2353282.jpg
いい感じのレストランがあったので、ここで先に食べようか?と一瞬思いましたが・・・
いやいや、やはりホテルが先でしょう(^^ゞ

d0360509_23544156.jpg
ここは安い予感したんだけどな・・・(^^ゞ
最低800とかでした

d0360509_23562583.jpg
ここは2階の3方向に窓のある明るい部屋で700だそうです
1階の暗めの部屋なら600にする・・・とこまで引き出しましたが、まだ頑張りますよ(^^ゞ

d0360509_23582727.jpg
前のホテルで安いと教えてくれたバックパッカーズなんとか・・・
部屋がやっちい上に、700以下にならず退散(^^ゞ

d0360509_23595233.jpg
ここは古くて安そうです
ところが7泊する、最大14泊とか殺し文句を言っても反応が悪く700ルピーの一点張り
だめだこりゃ(^^ゞ

d0360509_013827.jpg
d0360509_02385.jpg
ここはちょっと変わっていました
普通の屋敷をホテルにしたような感じ、ECOとかオーガニックとかを売り物にしているようです
聞いてみると、ドミで400だとか!?(^_^;)
プライベートルームはないの?と聞くと、フルだそうです
白人に人気みたいですね(^^ゞ

d0360509_051492.jpg
そして次がマウンテン・ドリームでした

d0360509_062316.jpg
案内してくれたのが彼、カビール
若く見えますが奥さんと2人でホテルを切り回している感じです

d0360509_08144.jpg
最初はこの2階の部屋が700ルピー

d0360509_085439.jpg
3階の部屋が800とかだったのですが・・・
3階の方が明るくて、部屋の前にソファとテーブルもあって自由に使えそうなのでずっといいんですよね(^^ゞ
7日間泊る、最大で14日泊る・・・の殺し文句で3階の部屋を600ルピーにしてもらいました
最近、悟ったんですが、「もしこの金額にしてくれるなら今決める、でなけりゃ他所を探す」という決め文句がいいみたいですよ(^^ゞ

d0360509_0124692.jpg
d0360509_0131386.jpg
さてこの部屋、2方に窓があってなかなか快適です

d0360509_0141798.jpg
設備は、TVあり(1回も見なかった)、温水シャワー、WIFI(3階は弱い)、タオル(言わないと交換してくれない)、天井ファン、トレペ(ちょっとだけ置いてあった)・・・てなとこです(^^ゞ
マウンテン・ドリームに泊った翌日、前日に歩いた道を行くと昨日交渉したお兄さんたちが、どうした?どこに泊ったの? いくらだった?と聞いてきて、面白かったですね

d0360509_0203544.jpg
さて、部屋の前のテーブルですが、他の客がいないのを幸いに、こんな風にパソコンをしたり、独占しちゃってました(^^ゞ
だって、外でないとWIFIが弱いんだもーん
それはよかったんですが、ある日、ネパール人のグループが3階で泊り、夜にこのテーブルで宴会を始めちゃったんです
*注 テーブルにはルームサービスのメニューが置いてあった
そのうるさいこと、なんせ部屋の前でネパール人のパーティですよ・・・(^_^;)
さすがに11時過ぎに、部屋でやってくれと文句を言いました
ま、あることが幸福の元にも不幸の元にもなるという教訓ですね

d0360509_020317.jpg
3日目だったか、ふと、そのテーブルから横を見ると、あの三角形の山 マチャプチュレ(だっけ?)が見えていたのは感激でした(^^ゞ

d0360509_032682.jpg
屋上の物干し場も勝手に使用させていただいてました(^^ゞ

d0360509_033489.jpg
ある日、外出から帰ると部屋の前に洗濯物みたいなのが置かれていたんです
なんだこりゃ?と思ったら、その朝干して出た私の洗濯物でした・・・(^^ゞ
その日、急に雨が降ったので取り込んでおいてくれたんですね
感激のサービスです(^^)v

d0360509_0355491.jpg
多分、それをやってくれたのはこの娘だと思うんだけどな・・・
ウルミラちゃん、ありがとうね(^^)v

d0360509_0382727.jpg
こちらのマウンテン・ドリームは家族経営なんでとても家庭的なんです
ダサインというお祭りには家族親戚が集まる風習なんですが、多くの人々が泊りに来ていて、カビールが紹介してくれました
この画は、ダサイン・ティッカというお祭りの日に、額にティッカという米で作った赤い印を付けてもらったところです
こんなサービスのあるホテルもないんじゃないかな(^^ゞ

最初の7日間は3階の部屋、それからムクティナートに行っている間はスーツケースの荷物を預かってもらい、帰ってから3階が工事中のため2階に7泊しました

気持ちよく泊れた、マウンテン・ドリーム、推薦しますよ(^^ゞ
[PR]
# by kimcafetr | 2017-10-17 00:47 | ポカラ | Trackback | Comments(0)

ミティラー画を探しにKUWA村に行ってみた

d0360509_0392812.jpg
d0360509_0394884.jpg
インドとネパールをまたがってミティラー画という絵があるんです⇒ミティラー画WIKI、⇒画像検索
調べると私の泊っているホテルから歩いて30分ぐらいのKUWA村というところに、ミティラー画で開発支援するNPOがあり壁画のミティラー画も見られるようなので、歩いて行ってみました
ホコリっぽい街を抜けると、すぐにすごい田舎になります(^^ゞ

d0360509_0465319.jpg
d0360509_0471228.jpg
ここらが村の中心ぽいです
交差点とその反対側から写した画像ですが、積みあがっているのは牛糞か水牛糞です(^^ゞ

d0360509_051395.jpg
d0360509_0512963.jpg
d0360509_0514759.jpg
d0360509_052635.jpg
寺院の隣にいい感じの公園があって子供たちが遊んでいました
中には野生児っぽい子もいました(^^ゞ
ここでぼうっとしていたら、NPOで働いているらしい女性が通りかかり、あちらで(彼女たちが描いた)ミティラー画が見られますよと教えてくれたんですが、見つからず行かずじまいでした

d0360509_0554285.jpg
d0360509_056291.jpg
おっとミティラー画を探さなきゃ(^^ゞ
あれなんかそうかな?
こっちもそれっぽいですね

d0360509_0571532.jpg
d0360509_0574050.jpg
d0360509_058459.jpg
d0360509_0583630.jpg
素朴なミティラー画が描かれた家を探して村の中を歩きます

d0360509_0594563.jpg
d0360509_10883.jpg
しかし、正直言って寺院の装飾の方がきれいで芸術的じゃないの?・・・あっ言っちゃった(^^ゞ

d0360509_113396.jpg
d0360509_115558.jpg
d0360509_122285.jpg
でも、ミティラー画があろうとなかろうと、この人間と牛と水牛と鶏と豚と山羊とか共生する素朴な村を歩くだけで楽しいんです(^^ゞ

d0360509_153446.jpg
あ、でもまたあったぞ!(^^ゞ

d0360509_16495.jpg
立体的なのもあるんですね

d0360509_174132.jpg
これが一番それっぽいかも・・・(^^ゞ
マリの岩絵みたいにも見えますね(^^ゞ

d0360509_1125582.jpg
帰りは空港の方に向かう道を通るとこんなゲートがありました
ただし、本当の観光地化するならもうちょっとなんとかした方がいいんじゃないでしょうか?
えっと、私は満足でしたけどね・・・(^^ゞ

d0360509_1153910.jpg
d0360509_11673.jpg
ジャナクプルを訪問した理由は3つあって、ひとつはシータとラーマが結婚したというジャナキ寺院(シャクティーピータのひとつと言われる)、2つ目はネパールで唯一の鉄道に乗る、3つ目がミティラー画だったんです
ところが、鉄道駅に行ってみると工事中で線路もない状態です
なんでも軌道を広軌にしてすべて作り直しているのだそうです、残念(^_^;)
いつか鉄道でインドからネパールに入れるようになるといいですね
・・・で、3泊はいらないんじゃない?ということで2泊に変更したのでした(^^ゞ
[PR]
# by kimcafetr | 2017-10-15 01:36 | デヴガート・ジャナクプル | Trackback | Comments(2)